またまた、ギリシャの食べ物の話題です。

ギリシャには○○を食べる日、というのが良くあるのですが、このタラの料理もその一つ。まあ、日常的にも食べるし、タベルナにもおいてあるメニューですが、3月25日のギリシャの独立記念日に良く食べる料理です。

スーパーに行くと、塩漬けになった大きいタラが売っています。
良く塩抜きしないと、とんでもなく塩辛くて食べられたものではありません!たまに、タベルナでも、塩抜きが良くできていなかったのか、塩が効きすぎのがありますのでご注意を・・・

225


1)タラは一口大にスライスして大きめのボールに入れた水につけ、時々、水を入れ替えながら、丸1日位おき、塩出しをする。

2)塩出し後、小骨があれば抜き、水気を拭き取る。(レシピによっては、牛乳をかけるバージョンもあり)

3)パン粉か小麦粉をつけてオリーブ油で揚げ、ニンニクソースを添える。

写真のにんにくソースは、スーパーのできあい品ですが・・
ニンニク含有量は11%もあるので、かなり、強烈に匂います。
私は大好きなのですが、つけすぎておなかを壊しました・・
このソースがなければちっともおいしくないと思うのですが、旦那も子供も、全くつけません。好みは色々ですね。

うちで作る場合は、生パン粉、マッシュポテト、ニンニクすりおろし、ワインビネガー、オリーブオイル、塩を適当に混ぜて味見しながら作ってくださいね。

人気ブログランキング