ギリシャ★アテネより愛をこめて★ From Athens With Love

ギリシャ旅行、アテネ観光情報、 ギリシャウェディング情報 ギリシャ生活秘話、旅行に役立つ裏話、 国際結婚悲喜こもごも、子育て、日々の雑感など

復活祭

ギリシャのパスハ(復活祭)の様子

きのう、ギリシャの復活祭(パスハ)も終わり、今日も全国的に休みです。

皆さん、今日は、きのうのお祭り疲れを癒しているのではないでしょうか。
うちは、ベランダでバーベキューをやったのですが、やっぱり、羊肉(アルニ)の炭火焼は最高です!
焼くのと食べるのに忙しくて、写真はありませんが((+_+))

写真のある教会の様子をアップしておきますね。
これは、メガリ・パラスケヴィ(復活祭前の金曜日)のギリシャ正教会の様子です。
DSCF8831


DSCF8838


この、花できれいに飾られたやぐらのようなものは、キリスト様の御墓を象徴するもので、エピタフィオスと呼ばれます。中のテーブルのようなところに、十字架にかけられて天に召されたキリスト様の絵が描かれおり、その絵に信者たちがキスや花をささげる儀式が行われます。このエピタフィオスは、夜になると、街中に繰り出し、キリストの葬儀を模して、牧師様の後ろに、ろうそくを手にした人々の行列が続きます。
DSCF8839


蜜ろうで作った黄色いろうそくが溶ける匂いは独特で、ギリシャ正教の教会に行くと、どこでもこの匂いがします。
DSCF8846


聖書によれば、十字架にかけられてから3日後に、キリスト様が復活したとされています。この逸話は、色んな映画にも描かれていて、キリスト教でない私が見ても、感動的なんです。

23日土曜日(メガロ・サバト)の夜中の教会前には、キリストの復活を祝うために人々が集まりました。この日ばかりは、子供も夜更かしOKです。・・・といっても、ギリシャの子供たちは、だいたい夜更かしなんですが(-_-;)
DSCF8858

そして、日曜日に日付が変わる夜中の12時、ギリシャ正教の牧師様が「フリストス・アネスティ!(キリストが復活せり!)」と叫ぶと、鐘がけたたましく鳴り響き、爆竹の音があちこちでバンバンと聞かれます。(これ、結構、怖いんですけど・・・)
DSCF8862


この日、牧師様のお話の中に、日本に対するコメントもありました。地震で打撃を受けた日本、被災された人々へ、神の御加護があるように・・・というようなお話でした。感謝です・・・

人気ブログランキング

ギリシャ、今週は復活祭前のメガリ・エブドマーダ!

ギリシャの復活祭(パスハ)、今年は4/24です。
今週の1週間は(復活祭からさかのぼって一週間)、メガリ・エブドマダ(big week)と呼ばれ、これまで続いてきた食事制限が更に厳しくなります。学校はこの週から2週間休みに入って、子供たちもウキウキです(*^_^*)。

旅行者の方は、この期間、ちょっと影響を受けるかもしれませんね。
パスハ当日(4/24)と、次の日の月曜日(4/25)は、通常のお店は休業です。観光地は、やってるかもしれませんが。

今日、メガリ・テタルティ(復活祭前の水曜日)には、教会では聖油の儀式が行われます。聖職者が聖書を詠み、浄められたオリーブ油で、信者の額、頬、手などに十字架を切りながら、祈ってくれます。その聖油は、心身の病を癒すと言われています。


明日、メガリ・ペンプティ(復活祭前の木曜日)は、ユダの裏切りにより、キリストが十字架に架けられた日と見なされています。教会では、朝からずっと厳粛な儀式が行われますが、一方、一家の主婦は大忙しです。この日に、復活祭用のパンやクッキーを焼いたり、卵を染色する習慣があるからです。復活祭のパンは、ツレーキと呼ばれ、ほんのり甘く、三つ編み型やドーナツ型の大きなパンの中に、赤いゆで卵が埋め込まれます。このパンは普段でも売られていますが(普段はもちろん赤卵なしです)、香辛料が独特の風味を醸し出し、お勧めです。クッキーはクルラキと呼ばれ、昔懐かしい味で、さくさくとしておいしいです。

egg2

また、卵の染色は、なかなか楽しいイベント。昔は、自然の植物素材で染色していたようですが、今では、スーパーで、専用の染色剤が売っています。


固ゆで卵を作った後、粉をお湯にといて酢を入れ、それにつけて数分待つだけ。染色後、つや出し液を塗って磨くと、素人でもかなり良いできばえの赤卵のできあがり!これに、シールを貼ったり、お湯に入れると収縮して張り付くデザイン付きのスリーブを巻いたり、絵心のある人は、絵や模様を描いたり・・・と、子供も大喜びです。

子供も、幼稚園で、ウサギと卵の工作をしたり、復活祭に使うキャンドルの装飾をしたり・・・と、家はパスハグッズであふれています。本来は、赤の染色が正式らしいですが、今では、青、黄、緑・・・など、色んな色の粉が売っています。もっとも、今はスーパーで染色済みの卵や、模様を施した卵が既製品として売っていますので、どれだけ、家で染色する人がいるのか分かりませんが。卵形やウサギ型のチョコレートも、この時期、ケーキ屋さんや、スーパーでは欠かせません。

ちなみに、ギリシャでは、イースターエッグを隠して探すという遊びは行われていないようです。この赤卵は、イコノスタシオ(聖画台)と呼ばれるイコン(聖像画)の置かれた棚に供え、一家の厄よけをし、子供を守るという習慣や、妊婦が流産しないようにするお守りとして使うこともあるそうです。イコノスタシオは、日本の神棚や仏壇に似た感じがしますね。

人気ブログランキング

ギリシャの復活祭(パスハ)は4月24日

ギリシャの復活祭は、パスハと呼ばれ、ギリシャではクリスマスよりも盛大なお祭りです。キリスト様が復活された日をお祝いするので、特別な日ですよね。暗いニュースが多い中、パスハの明るく華やかな雰囲気が待ち遠しいです。学校も2週間、お休みになります。

復活祭(パスハ)は移動祝日で、毎年日付が変わるのですが、今年は遅めの4月24日。4月18日から始まるメガリ・エブドマーダ(big week)は、毎日のように教会ではミサがあります。この期間、旅行をされる方は、教会にも立ち寄ってみてくださいね。それから、パスハ前後はお休みになるところも多いので要注意です。

パスハに至るまでの期間はメガリサラコスティ(四旬節)と呼ばれる摂食期間です。信仰深い人は、動物系の食べ物は食べないらしいですが、うちは、普通になんでも食べてます(*^_^*)

↓は次女が幼稚園で作ってきたキラ・サラコスティ。
7本脚があり、7週間前から毎週1本づつ切り取っていき、最後の1本を切り取るとパスハがくるというカレンダーみたいなもの。摂食期間を象徴する女性なので、口は書かれていません。

DSCF8420


人気ブログランキング

ギリシャのアポクリエス

きのうはエイプリールフールでしたね。ギリシャでも、この日は嘘を言っても良い日として知られているので、子供たちの発言が嘘だらけで困りました(-_-;)。

「あ、ママの背中にゴキブリがいるー!」「えーーーー!」と慌てると、「プロタプリリアー!(エイプリールフールだよー)」なんて喜んでました。

今日は、ちょっと過去にさかのぼってギリシャ文化のご紹介。

2月~3月初旬のアポクリエスというカーニバルの時期は、子供たちが仮装してパーティーがたくさんありました。アポクリエスは、復活祭(パスハ)まで40日続く摂食期間の前にある、お祭りの期間です。

学校でも、習い事の場でも、その時期の誕生会でも、みんな思い思いの好きな格好をして出かけていくので、本当にかわいらしいです。ちなみに、うちの子たちは、夜の妖精とベル(美女と野獣のヒロイン)に扮しました!
毎年、違う衣装を買うので、結構な出費です。

apo4


スパイダーマン、パイレーツ、スーパーマン、白雪姫、シンデレラ、などのディズニー系、太陽の精、雪の精などの妖精系、動物系、世界の民族衣装系、テレビのヒロイン系、など、おもちゃ屋さんや、仮設店舗で、20−30ユーロ位で売られます。
特に、小さい子が衣装を身につけてよちよち歩いていると、本当に可愛くて、天使のようです。

costume2
人気ブログランキング
ギリシャ挙式・フォト手配
憧れのサントリーニ島・ミコノス島で結婚式、フォトツアーはいかが?

前撮り、緊急手配、普段着、オフシーズン、家族記念写真でもOK。

お問い合わせは、こちらまで。
GREEK MEMORY


サントリーニ島

otani

gem8

gem7


DSC_2370

DSC_2119

ミコノス島

NAN_0871

NAN_0979

NAN_0722

お問い合わせは、こちらまで。
GREEK MEMORY


メールはこちら
ご質問、ご要望、ご感想などはこちらへ
メールフォーム
Profile
ギリシャ関連本・ガイド
ギリシャ語を学ぶ本
Blog Ranking
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

トリップアドバイザー 推薦
旅行口コミ情報サイト
トリップアドバイザーのお勧めブログとして認定されました。ギリシャ 

ギリシャホテル検索
Booking.com
ビットコイン購入はこちら
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
最新記事
漫画で楽しむギリシャ神話
  • ライブドアブログ