ギリシャ★アテネより愛をこめて★ From Athens With Love

ギリシャ旅行、アテネ観光情報、 ギリシャウェディング情報 ギリシャ生活秘話、旅行に役立つ裏話、 国際結婚悲喜こもごも、子育て、日々の雑感など

ホテル

サントリーニの素敵なホテル ダナ・ヴィラスホテル

サントリーニでは、10月中頃からオフシーズンに入るので、今はホテルやレストランなども店じまいしているところが多いのですが、先日ウェディングの仕事で訪れたダナ・ヴィラスホテルは、1年中オープンしていて、値段も手ごろです。サントリーニの断崖に建つ、伝統的な洞窟式のホテルです。
DSCF2693
迷路のような階段を下りていくと、入口になんと露天風呂のようなジャグジーが!!眺めもカルデラビューで最高です。

DSCF2691
入口にはブーゲンビリアが咲き乱れ、白壁に映えてきれい(^O^)。
DSCF2689

シーズンも終わりごろだったので、部屋をグレードアップしてくれたんですよね・・・入ってその広さにびっくり!ホントにラッキーでした!洞窟式の部屋は、天井が低くて圧迫感があるところも多いですが、こちらはスイートだったこともあり、広々としています。

DSCF2686

大きなベッドルームが二つ、サロンに小さいキッチンもついていて広いので、物をどこに置いたか、行方不明になることも多く・・・(苦笑)一人ではもったいない部屋でした。
DSCF2684

外だけでなく、室内の浴槽も広いジャグジーです。
こんなホテルで過ごす休日(・・・じゃなくて、仕事!)ほんとに、至福の時間でした。
DSCF2680


ホテルのあるフィロステファニは、フィラタウンから歩いても15分ほど。海沿いの道は絶景なので、お散歩にも最適ですよ!

Dana Villas Hotel
Filostefani
tel:22860-22566
http://danavillas.gr/


人気ブログランキング

ホテルグランデ・ブルターニュ

シンタグマ広場のすぐ横に、畏怖堂々と立つ高級老舗ホテル、グランデ・ブルターニュ。
随分前ですが、仕事のおこぼれで、泊らせてもらえました(*^_^*)
外国の首脳、セレブ、芸能人などが泊る、アテネでは一番、歴史と由緒のあるホテルです。なんと、上の階には、1泊100万円位の部屋もあるんですよー!
私が泊ったのは、一番安い部屋ですが・・・もう、アテネの喧騒とは別世界。


クラシックスタイルの部屋はシックで落ち着いた印象、ちょっと照明は暗めです。
DSCF0017


大理石の洗面台、アメニティーも充実、ふかふかのバスローブ・・・
DSCF0013


シャワー室とバスタブが分かれている広いバスルーム、女優気分でバスタブにつかるもよし
DSCF0001


朝食はルーフレストランで
DSCF0039


もちろんアクロポリスビュー
DSCF0033


朝食ビュッフェ、種類が多く目移り状態!どれもおいしくて、朝食が豊かだと、一日も充実
DSCF0036


屋上プールからリカベトスの丘をのぞむ、地下にもスパとプールがあります。
DSCF0020


あー、たまには、贅沢も良いですねえ。最近いつも、節約ばっかりですから・・・
今回は時間がなかったので、今度機会があれば、地下のスパとかプールも利用してみたいです。

新婚旅行、ちょっとぜいたくをしたいカップル、熟年ご夫婦、などお勧めです。

もっと写真を見る/空き室・料金チェック/最安値で予約する

人気ブログランキング

クレタ紀行(ホテル編)

7月にクレタ島に行ってきました。

去年と同じ、Sissiという所にあるカリメラ・クリティというホテルに滞在。

ギリシャ人は少なく、ヨーロッパ各地からの家族連れが多い、滞在型リゾートホテルです。去年と同じ家族も結構見かけました。リピーターが多いんですね。

hotel4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが今回泊まったお部屋。ビレッジのようになっています。二部屋&広いバルコニー付きで、窓からは海も眺められて最高&快適でした。

hotel3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝食は、いつも食べきれないほどの種類のビュッフェを屋外レストランで。

hotel1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブーゲンビリア、ハイビスカス、ジャスミン、プルメリア、ランタナ・・・信じられないほど元気で瑞々しく、美しい花が、至る所に咲き乱れています。広大な土地なのに、植物の手入れが行き届いていてびっくりさせられます。

hotel2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉料理の夕べで出た子豚の丸焼き・・・ちょっと涙を誘う哀れな姿でしたが・・・絶品でした。他にも、ギロやラム、チキン、ビーフ、ビフテキ(ギリシャ風ハンバーグ)ポークチョップ、煮込み料理、なんでもあり!

hotel5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーフードの夕べもありました。あまりにもビュッフェの種類が多いので、もう、毎日、食べ過ぎで大変です。この日の絶品は、手長エビのパスタ。もう、旦那も私も、そればっかり食べてました(笑)。(食べてばっかりで、写真を忘れました・・)

RIMG0314

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブズキとグリークダンスのパーフォーマンスも雰囲気を盛り上げます。ギリシャの地方の民族衣装って、個性的で味があって好きです。

hotel6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、子供たちは海や4つもあるプールで、パワー全開!

私はついていけません・・

hotel7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供用のプールには、三輪車や色んな遊具があり、おもちゃを貸し出してくれたり、ポップコーンを見ながらビデオが見れたり、至れり尽くせり。特に、次女はここに入り浸りです。長女は、やっと水に対する恐怖感も克服し、ちょっとだけ浮き輪やビート板なしでも泳げるようになりました。ブラボー!

hotel8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人家族の子供も一緒に遊べたので、一層楽しそうでした。

微笑ましい後ろ姿です!

hotel10

 

 

 

 

 

 

 

 

リュックの中は、バケツ・じょうろ・シャベルなどの砂遊び道具一式・・・

夢のようで、でも、暑い熱い、真っ黒焦げの真夏の日々でした。

1日1クリックお願いします!→人気blogランキング

長期滞在の場合の宿泊先は・・・

アテネは暑―――い真夏です。太陽ギラギラ、日差しは突き刺すようなパワーで、私はフラフラです。

 acropoli

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このサイトを見て色々観光情報を求めている方からメールを頂くことも多くなり、できるだけ多くの方に、ギリシャの夏を楽しんでもらえればいいなーと思っています。

 

長期滞在の場合、高いホテルに泊まるよりも、自炊もできる気楽で便利なアパートや貸し別荘のような形を好まれる方もいらっしゃるようです。私自身は利用したことはないのですが、知人から便利なサイトを教えてもらいましたのでご紹介します。

 

http://www.vrbo.com (バケーションレンタルズ・バイ・オーナー)

 

世界中のアパートのオーナーが、直接旅行者に部屋を短期貸し出しするシステムで、その知人は色んな国で利用されたようですが、特にトラブルもなかったとのことでした。まあ、当たりはずれはあるのでしょうけれど、特に、子供連れの場合、キッチンがついていた方が便利だし、ちょっとした料理もできれば毎日レストランに繰り出す必要もなくて経済的ですものね。

 

ただし、私自身が利用したわけではないので、お勧め、というわけでもありません。ご利用は自己責任で、何かトラブルがあっても、責任は負いかねますのでご了解ください。

 

インターネットは本当に便利ですよね。私も、そのうち利用してみようと思っています。

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

ギリシャ版お守り?目玉アイテム

ギリシャブログの先輩であるXaroulaさん が、ギリシャのハンドメイドジュエリーのネットショップを開いたので、のぞいてみたら、一目惚れをしてこのブレスレットを買ってしまいました!

 bracelet

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この目玉模様のアクセサリーやキーホルダー、ギリシャのお土産屋さんでも、よく見かけるアイテムです。これはバスカニアと呼ばれ、他人の嫉妬ややっかみ、悪意のある邪視から身を守るためのお守り的なものです。

 

以下が邪視の説明です。(ウィキペディア百科事典より抜粋)

----------------------------------------------------------------

邪視(じゃし)は、世界の広範囲に分布する民間伝承、迷信の一つ。 悪意を持って相手を睨みつけることによって、対象となった被害者に呪いを掛ける事が出来る。イビルアイ(evil eye)、邪眼(じゃがん)、魔眼(まがん)とも言われる。

様々な人種の間で邪視に対する信仰は形成されている。邪視は不吉なパワーを秘めていると信じられていて、邪視によって人が病気になり衰弱していき、ついには死に至る事さえあるという。

 

いくつかの文化では、邪視は人々が何気なく目を向けた物に不運を与えるジンクスとされる。 他方ではそれは、妬みの眼差しが不運をもたらすと信じられた。南ヨーロッパでは、 青い瞳を持つ人間には邪視によって故意に、あるいは故意ではなく呪いを人々にかける力があるとして恐れた。ヨーロッパ人の間では、地中海がもっとも邪視の信仰が強い。邪視を防ぐ伝統的な方法として地中海沿岸の船の舳先に大きな目が描かれているのをしばしば目にする。

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------

ギリシャも、結構こういう迷信を気にするところがあって、特に、かわいい赤ちゃんなどが病気になったりすると、「マティアーゾ=邪視を投げる」という動詞を使い「他人の邪視の仕業だ」と言われたりします。うちも子供が生まれた時、複数の人からこの目玉モチーフのブローチをもらったりしました。

 baskania

 

(真ん中のものは、義父母から受け継いだ年代もの)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は意味も知らずに、この目玉アクセサリーに出会った時から、なんとなく惹かれるものがあり、自分用には、この目玉のペンダントヘッドを2つ買い、ピアスの輪っかに通して、ユラユラ揺れるようにしてつけたりしていました。

 

私はパールも好きなのですが、目玉とパールの組み合わせは、めったに見ないレアものです。その組み合わせとカラフルな色合いにグッときてしまい、即注文。目玉がこんなに(8個も)ついていれば、どんな邪視がきても安心です!

 

この目玉アイテムは、ギリシャのお守りだということで、お土産にもいいと思います。

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

ミコノス島の休日(ホテル編2)

ミコノスの休日(ホテル編1)からの続きです。

 

hotelbuffet

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝食はビュッフェ方式で、海を眺めながらの開放感と明るさが魅力です。メニューも豊富で、朝からオードブルのようなメニュー(ハム、チーズ、サラミ、スモークサーモン、お米のブドウ葉巻きのドルマダキャ、オリーブ、カナッペなど)とワインもありましたよー!朝から飲んじゃいます??でも、溺れないでくださいね!

 hotelbar

(おしゃれなバー、隣にはテレビやインターネット、読書などが楽しめるラウンジがあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、施設は申し分ないのですが、このホテル、特筆すべきなのはサービスの良さ!!ギリシャで上質のサービスを受けるのは、本当に稀なことなんです(経験上)。今ではあまり期待しないようになったので、ここのスタッフの対応は感涙物です。

 

早朝に到着し、チェックインタイムまでどうしようかと思っていたら、すぐに部屋に通してくれ、その日は含まれていないはずの朝食ビュッフェも、無料でどうぞどうぞ・・・と!!また、帰りの送迎バスもチャージされなかったし、部屋においてあった素晴らしい本「世界のラグジュアリーホテル」も、買いたいと言ったらプレゼントしてくれました。売り物ではなかったようですが、世界中の素敵なホテルの写真と情報がのっていて、旅好きの私にはこたえられないお土産になりました。もちろん、この「ミコノス・グランドホテル」もその中に載っていましたから、良い宣伝ですけどね。

 hotelroom4

 

(部屋は外から眺めるとこんな感じ。自分の部屋専用に小さなプールがついているところもあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフの人たちは皆、笑顔で挨拶、親切な対応で、責任者自らチェックインとチェックアウトの際、お客さんに挨拶をするという丁寧さ。旅館の女将みたい(男性だけど)。

彼はオーナーの息子さんで、リチャード・ギア似&長身の美男。

帰る時にミコノスタウンのおいしいお店のアドバイスまでしてくれました!感動・・・

 hotelpool2

(プールサイドでは、自分のデッキチェアーまで食事を運んでくれます。)

 

 

 

今度はスパを試してみたいなあ!このホテル、こんなに良いのに案外お値段は良心的。

スタンダードツイン朝食付きで1泊1部屋200ユーロ位でした。

 

直接予約するより、旅行会社経由で頼んだ方が特別の契約レートがあるので安いようです。

 

それにしても、随分焦げました・・・足の甲にはくっきりサンダルの跡。背中もヒリヒリ・・

 

ギリシャの夏・海・日焼け・・・これが悩みの種です。

 

Mykonos Grand Hotel & Resort

Ayios Yiannis, Mykonos 84600, Greece

Tel: 30(国コード)-22890-25555

URL: www.mykonosgrand.gr

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

ミコノス島の休日(思い出編)

エーゲ海、キクラデス諸島の真珠、ミコノス島に行ってきました!!

 

mikonossea

 

(エメラルドグリーンに輝く海)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この島は、多分、ギリシャの島の中ではサントリーニと並んで一番有名で、よくカレンダーや絵葉書などにされる島です。

これぞ、Greek Islandというイメージ通りの白い家並と青い窓、照りつける太陽、紺碧の海、美しいビーチ、海辺のタベルナ(食堂)、迷路のような小道、眠らない街ときらびやかなナイトライフ・・・

mikonostown

 

(ブーゲンビリアの似合う迷路のような小道に、おしゃれなお店や御土産物屋さんが一杯)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観光化されすぎてギリシャ人にはあまり人気がないようですが、やはり、ツーリストにとっては魅力あふれる島です。また、ゲイの集まる島としても有名で、男性が二人、手をつないでいたりする姿もここでは自然。

あー、もったいない!女性にももてるでしょうに・・・というようなハンサムガイが多いのです。

 

私は作家の村上春樹のファンですが、この島、村上春樹の「遠い太鼓」を読んだ人なら、誰でも訪れたくなるのではないでしょうか?

ベストセラーの「ノルウェイの森」は、彼がミコノス島に長期滞在して書き上げた大作です。「遠い太鼓」はミコノス滞在時のエッセイで、誰でもミコノスファンになってしまうような面白さでお勧め。

また、「スプートニクの恋人」はミコノス島とは書いていませんが、舞台の島がどうしてもこの島のイメージと重なり、その切なさが大好きな一冊です。 mikonoschurch

 

(小さなギリシャ正教会)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、ミコノスには思い入れがあり、今回は4回目の訪問でした。

 

記念すべき1度目は、真冬の12月。結婚前に旅行で訪れた時、どうしてもこの島に行きたくて、旦那(その当時はフィアンセ)に無理やり予定を変更させて、喧嘩の原因ともなった島。やめろという旦那の意見を聞かずに訪れた憧れのミコノスは・・・・

 

ひとけのない、ゴーストタウンの様相(涙)。おまけに、船で到着した時はまっすぐに歩けないほどの暴風雨で、上から下までびしょ濡れになって両者とも無言・・・ホテルや店もほとんど閉まっており、シャッターが閉められた店の並ぶ季節はずれの暗い街に、ゴミくずが風に舞う風景は、この世の果てのようでした。

 

島流しってこんな感じ・・・!?でも、自分のわがままで来たので文句も言えず、トホホ状態でした。冬に行く方、覚悟してくださいね!!

 

2回目の訪問は、輝かしき夏!!!幸運にも、日本人会の新年会でミコノスデラックスホテルの宿泊券が抽選で当たり、旦那と一緒にリベンジに出かけました。これが同じ場所なんでしょうか!!!!天と地との差、同じ島とは思えないほどの華やかさ、美しさ、楽しさ!その上、そのホテルがあまりにも素敵だったので、セレブ気分でホクホクでした。

mikonosmikrovenice

 

(夕日の名所。

リトルヴェニス)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3回目は、日本から来た女友達と二人でサントリーニとセットで訪れました。子供がまだいなかったので、独身に返ったつもりで観光旅行。旦那を置いて繰り出しました!子供がいたらできないこと、やれるうちにやっておいて本当に良かったです!

mikonoshotel

 

(今回宿泊したミコノスグランドホテル)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今回4回目。子連れでのミコノス。

長くなったので、今回の旅の詳細は、また明日!

 

どれも思い出深いミコノス島の休日です。

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

ギリシャ挙式・フォト手配
憧れのサントリーニ島・ミコノス島で結婚式、フォトツアーはいかが?

前撮り、緊急手配、普段着、オフシーズン、家族記念写真でもOK。

お問い合わせは、こちらまで。
GREEK MEMORY


サントリーニ島

otani

gem8

gem7


DSC_2370

DSC_2119

ミコノス島

NAN_0871

NAN_0979

NAN_0722

お問い合わせは、こちらまで。
GREEK MEMORY


メールはこちら
ご質問、ご要望、ご感想などはこちらへ
メールフォーム
Profile
ギリシャ関連本・ガイド
ギリシャ語を学ぶ本
Blog Ranking
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

トリップアドバイザー 推薦
旅行口コミ情報サイト
トリップアドバイザーのお勧めブログとして認定されました。ギリシャ 

ギリシャホテル検索
Booking.com
ビットコイン購入はこちら
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
最新記事
漫画で楽しむギリシャ神話
  • ライブドアブログ