ギリシャ★アテネより愛をこめて★ From Athens With Love

ギリシャ旅行、アテネ観光情報、 ギリシャウェディング情報 ギリシャ生活秘話、旅行に役立つ裏話、 国際結婚悲喜こもごも、子育て、日々の雑感など

ギリシャの食べ物

危険な食べ物?

1月18日(水)

winter

私はあまりテレビを見ないのだが、たまに見ると、ろくなニュースがない。先日も、鳥インフルエンザで海外の子供が何人も亡くなったニュースや、ギリシャの食品会社のひどい衛生環境とか・・

 

 

きのう義母から電話がかかってきて、「子供にはチキンは食べさせないでね。テレビ見たでしょ?怖くて仕方ないわ・・・」とのお達しが。「え、今日、調度もも肉3本も買ってしまいました!」「じゃあ、それは、あ・な・た(強調)が食べなさい。子供には絶対与えないで!」お義母さんは、本当に正直な人である。それって、私はどうなってもいいってことね・・・とひがんだり。今日買い物に出た時、近くの肉屋さんに聞いてみた。「あのう、ギリシャ産のチキンも危ないんですか?」「はっはっは!何言ってんだい。あれはトルコのことだよ。あそこは、鳥と人間が一緒に寝てるんだからな。」と一笑にふされてしまった。ギリシャ人は、苦い歴史の経験上(400年にわたるトルコの占領と支配)反トルコの人が多いので、悪口を言っているだけかもしれないが。

 

別の日、今度は義父から、「輸入の大きな魚は、子供には与えないでくれ。テレビでやってたけど、養殖の大きい魚には色んな薬品飼料が使われていて、危険なんだそうだ。」などなど。一時は、狂牛病で牛肉も敬遠されていたし、安心して食べられる食品が少なくなっている。

 

また義姉からは、M(アメリカのファーストフード屋)では、子供を食べさせないで!あそこのポテトには、麻薬みたいに、習慣性になる薬品が振りかけられているらしいわ。」と。なるほど、それも本当かもしれない。時々、無性に欲してしまうことがあるし。

 

メディアが報道することは、100%信用できるとは限らないし、大げさに言っている場合もある。でも、それを差し引いても、母親になってから特に、家族の健康のために、食品には十分に気をつけないといけないと思う今日この頃である。

人気blogランキングへ 

ヒルトンホテルのビュッフェ5

ヒルトンメインヒルトンアペタイザー 1月3日(火)先日、ヒルトンホテルのビュッフェに行ってきました。ちょっと遅れて、私の誕生日プレゼントです。私は食いしん坊なので、前からずっと来てみたかったところです。ヒルトンホテルはシンタグマ広場から地下鉄で一駅、エバンゲリスモス下車すぐのところにあります。シンタグマから歩いても15分くらいでしょうか。(バシリス・ソフィアス通り46番地 tel:210−7250201)オリンピックを機にリニューアルして、とても綺麗になりました。その1階にあるレストラン「BYZANTINE」は、毎日ランチとディナービュッフェがあります。ランチビュッフェは34ユーロ(+サービス料4ユーロ)でアペタイザー20種類位、メイン10種類位、デザートも20種類位はあったと思います。飲み物は別料金ですが、アテネではなかなか見つからない帆立貝の入った海鮮サラダや、手長エビなどのシーフードはお値打ちです。醤油も頼めば持ってきてくれます。ロカのサラダやサーモンのサラダもGOOD。メインで気に入ったのは、ジューシーなローストビーフと、ポークとポテトの煮込み料理。あんなに柔らかいお肉は久しぶりでした。パスタ類もおいしかったです。デザートは、あまりに種類が多すぎて、お腹があと3つ位あったらいいのにと思ったほどです。ギリシャの甘――――いお菓子、カダイフィもありました。コンチネンタル料理が主ですが、ギリシャ料理も少しあり、両方楽しめます。ちなみにカプチーノは5.5ユーロでした。旦那も大満足、久々に子供抜きの寛いだ午後でした。ヒルトンの上にある「ギャラクシー・バー」も、その大人の雰囲気と夜景の美しさ(もちろん、アクロポリスも見えます。)で有名です。今度はちょっとおしゃれして、そちらも行ってみたいです。 ヒルトンデザート
人気blogランキングへ 

ブログデビュー、新年のギリシャ5

2006年1月1日前からやりたかったブログを始めた、今日はブログ記念日。題名や紹介文を考えていたら、もう明け方になってしまった。とりあえず、今年から始めるという初志は貫徹した。(なんという低い目標!)眠い。使い方もまだ全然わかっていないが・・・まあ、考えるより行動することが今年の課題なので、良しとしよう。 睡眠 zzzzzzzzzzzzzzzzz そして、初日の出ーーーー。明けましておめでとうございます。元旦の朝、晴れて風なし。 1月1日、ギリシャの一般的な今日の行事。それは、アクロポリスに初詣・・・ではありません。ポダリコとバシロピタ(新年のケーキ)の切り分けです。 ポダリコとは、1月1日に初めて家に足(ポディ)を踏み入れた人がラッキーな人ならば、その家の1年は安泰という言い伝えで、逆に不運な人の訪問を最初に受けてしまったら・・・追い返しましょう!?ということで、うちの娘は義父母と義姉のリクエストを受けてポダリコをやって参りました。ご苦労さん。また、ザクロもラッキーなフルーツと考えられていて、新年に入口のドアのところで床にたたきつけて、果肉のとび具合で運を占うとのことです。 そして、義父母の家でのケーキの切り分け。このバシロピタと呼ばれる新年のケーキは、スポンジケーキにオレンジピールが入っているのや、砕いたくるみの入っているものがあります。切り方にもルールがあります。(これは、うちのローカルルールかもしれないが)サンタ(アギオス・バシリス)さん、キリスト様、マリア様、家、家族全員の分を当分に切り分け、自分の取り分の中に隠されたコインが入っていれば、その人はその年のラッキーな人ということになります。(私、今まで当たったことないですー!)これは、会社などでも行われるみたいですよ。その場合は、コインが入っていた人はお金やプレゼントをもらえたり・・・ギリシャ人も結構、縁起をかつぐんですね。ちなみに今年はうちの上の娘にコインが当たりました。おめでとう! 今年もみんなにとって、素敵な良い年になりますように!

人気blogランキングへ 

バシロピタ(新年のケーキ)ラッキーコイン

ギリシャ挙式・フォト手配
憧れのサントリーニ島・ミコノス島で結婚式、フォトツアーはいかが?

前撮り、緊急手配、普段着、オフシーズン、家族記念写真でもOK。

お問い合わせは、こちらまで。
GREEK MEMORY


サントリーニ島

otani

gem8

gem7


DSC_2370

DSC_2119

ミコノス島

NAN_0871

NAN_0979

NAN_0722

お問い合わせは、こちらまで。
GREEK MEMORY


メールはこちら
ご質問、ご要望、ご感想などはこちらへ
メールフォーム
Profile
ギリシャ関連本・ガイド
ギリシャ語を学ぶ本
Blog Ranking
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

トリップアドバイザー 推薦
旅行口コミ情報サイト
トリップアドバイザーのお勧めブログとして認定されました。ギリシャ 

ギリシャホテル検索
Booking.com
最新記事
漫画で楽しむギリシャ神話
  • ライブドアブログ