きのう、ギリシャの復活祭(パスハ)も終わり、今日も全国的に休みです。

皆さん、今日は、きのうのお祭り疲れを癒しているのではないでしょうか。
うちは、ベランダでバーベキューをやったのですが、やっぱり、羊肉(アルニ)の炭火焼は最高です!
焼くのと食べるのに忙しくて、写真はありませんが((+_+))

写真のある教会の様子をアップしておきますね。
これは、メガリ・パラスケヴィ(復活祭前の金曜日)のギリシャ正教会の様子です。
DSCF8831


DSCF8838


この、花できれいに飾られたやぐらのようなものは、キリスト様の御墓を象徴するもので、エピタフィオスと呼ばれます。中のテーブルのようなところに、十字架にかけられて天に召されたキリスト様の絵が描かれおり、その絵に信者たちがキスや花をささげる儀式が行われます。このエピタフィオスは、夜になると、街中に繰り出し、キリストの葬儀を模して、牧師様の後ろに、ろうそくを手にした人々の行列が続きます。
DSCF8839


蜜ろうで作った黄色いろうそくが溶ける匂いは独特で、ギリシャ正教の教会に行くと、どこでもこの匂いがします。
DSCF8846


聖書によれば、十字架にかけられてから3日後に、キリスト様が復活したとされています。この逸話は、色んな映画にも描かれていて、キリスト教でない私が見ても、感動的なんです。

23日土曜日(メガロ・サバト)の夜中の教会前には、キリストの復活を祝うために人々が集まりました。この日ばかりは、子供も夜更かしOKです。・・・といっても、ギリシャの子供たちは、だいたい夜更かしなんですが(-_-;)
DSCF8858

そして、日曜日に日付が変わる夜中の12時、ギリシャ正教の牧師様が「フリストス・アネスティ!(キリストが復活せり!)」と叫ぶと、鐘がけたたましく鳴り響き、爆竹の音があちこちでバンバンと聞かれます。(これ、結構、怖いんですけど・・・)
DSCF8862


この日、牧師様のお話の中に、日本に対するコメントもありました。地震で打撃を受けた日本、被災された人々へ、神の御加護があるように・・・というようなお話でした。感謝です・・・

人気ブログランキング