1月30日から、日本でいよいよ、話題のミュージカル映画「マンマ・ミーア!」が公開されますね。

 

ギリシャでは、去年ミュージカルも来たし映画も公開されていましたが見そびれていたところ、幸運にも、旅行中の飛行機の中で偶然見ることができました!

 RIMG0238

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、話題の映画ですよね。世界170都市以上で上演された大ヒットミュージカルの映画化。日本では、劇団四季の上演もロングラン。演技派の主演メリル・ストリープと、脇を固める個性派男性陣(007のピアース・ブロスナン、「ブリジッド・ジョーンズの日記」のコリン・ファース)、若くて可愛らしい娘役のアマンダ・セイフライド、バックに流れるアバの名曲の数々、美しいギリシャの島の風景、と来れば、おもしろくないはずはないですよね。イギリスでは、あの大作「タイタニック」を超えるヒットだとか。

 

ストーリーは、こんなのあり?と思うような設定ですが、まあ、娯楽として楽しみましょう。

 

舞台は、エーゲ海に浮かぶギリシャの島。小さなホテルを経営するシングルマザーのドナと、その娘ソフィの物語。結婚式を控えた娘のソフィは、ある秘密の計画を立てていた!父親を知らないで育ったソフィは、偶然母の昔の日記を見つけ、自分の父親である可能性がある3人の男性の存在を知った。「バージンロードを父親と歩いてみたい!」と、母親に内緒で、いちかばちかで結婚式の招待状を出してみたら、なんと父親候補の3人が同時に現れて・・・その後の、母親のドナやその友人を含めたドタバタ劇・・・。さて、一体最後はどうなることやら!

 

この映画を見たら、きっと、「ギリシャに行きたい!」と思う方が続出するはずです。あくまでも青く蒼く輝く海とビーチ、美しくのんびりした風景、崖の上の小さな教会、白い家、隠れ家的なプチホテル・・・印象的なギリシャの島の風景に出会えます。一体、どこでロケしたの??と調べてみると、ギリシャ本土に近い東側の、北スポラデス諸島のスコペロス島とスキアソス島が主のようです。ミコノスやサントリーニ島といった有名どころではなく、スコペロス島というのは、私も実は初めて聞きました。結婚式が行われた場面の素敵な教会は、スコペロス島の教会のようです。ギリシャには、まだまだ知られざる良いところがあるのだなあ、と実感した次第です。

 

 

個人的に、ギリシャに住んでいる者としてクスッと笑えたのは、ギリシャ人の描き方。ギリシャ人は、ストーリーの主要人物としては登場しないのですが、ホテルの従業員、村人など、描かれるギリシャ人のイメージは、「ちょっと野暮ったい、あまり真面目に働かない、おしゃべり・詮索好き、お祭り好き。」そして、すぐ備品が壊れる古いホテル・・・というのが妙にリアルでした(笑)。

 

そして、気になるアバの名曲は20曲以上。「マニー・マニー・マニー」「チキチータ」「ダンシング・クイーン」など、懐かしい名曲がてんこ盛り!台詞の途中で唐突に、オーバーアクションで歌が始まるというのが、ちょっとなじめない方もいらっしゃるかもしれませんが・・・ミュージカル舞台の映画化なので、大袈裟なのは仕方ないですね。とにかく年代がマッチする方なら、つい、体でリズムを取って、口ずさんでしまうはず。こんなにヒット曲があったんだなあ。歌詞も、ああ、こういう意味だったのね・・などと二度おいしいです。

 

暗い話題の多い中、こういう明るく笑えるコメディーは、精神衛生上、とても良いですね!

 

メリル・ストリープのインタビュー記事も見つけました。来日したんですね!

 

http://www.cinema.janjan.jp/0901/0901220953/1.php

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキング