最近、長女のイベントが多すぎて疲れ気味・・・

お友達のネームデーや誕生日のパーティーもそうだけれど、幼稚園が6月中旬から夏休みに入るので、学年末の色々な催しがあるのです。

 

先日あったのは、ミニテニスの発表会とイソップの演劇。

 

 

体育の時間に、長女はミニテニスをやっているらしいことは知っていたけれど、その発表会の場所は、なんと2004年アテネオリンピックのメインスタジアムだったOAKA。

oaka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでまた、そんな大袈裟な所で・・と思ったら、幼稚園が10校位集まって、合同の発表会でした。主催も、学校ではなくて、子供にテニスを教える団体(会社?)で、その会社が、長女の幼稚園にテニスを出張教授に来ていたというわけです。子供達が順番に、コーチが近距離から投げるボールをフォア、バック、ボレーなどで打ち返すだけのことなのですが、テニスって、やっぱり難しい。ラケットも大人用の物だったし、かなり幼稚園児には負担なのでは??案の定、わが娘はほとんど空振りばかり・・・まあ、ラケットのどこかにボールがまぐれで当たればご愛敬・・といった感じでした(苦笑)。でも、ボールを1バウンドしてからラケットに当てるということは、単純そうでいて、ボールとの距離感の取り方、ラケットを引くタイミング、当てるタイミングなど、色々なことがからみあっていて、結構、高度な作業なのですね・・

tennis

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、久しぶりにOAKAに来てみると、2004年のオリンピックの興奮が蘇るようでした。あの頃、私は次女を妊娠中、オリンピックの仕事もちょっとして、観戦にも足繁く通っていたのでした・・・

 

 

次は、演劇。ここがギリシャで、演劇が歴史的にも盛んだったせいか、幼稚園でも演劇に力を入れています。この間、クリスマスにもやったばかりなのに、また大掛かりなもの・・・せりふを覚えさせて、土曜日にリハーサルにまでかり出されたり、衣装代に4000円位も払って・・・結構、親の負担も大変です。これまた学校ではなく、「ブロードウェイ」という大袈裟な名前(!)の外の劇場で夜やるのです。イソップの物語で、みんな動物の役なのですが、うちの娘は「ふくろう」。でも、バレエのレッスンとかち合ってしまった!バレエの発表会ももうすぐあるので、レッスンも休ませたくないために、かけもちではしご・・・はあ、疲れる。でも、一応、せりふも間違えずに言えてホッと一息。

 theater

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駆け足で過ぎる毎日・・・次女の保育園や習い事もあるし、自分の仕事や家事に追われ、ゴールのないマラソンのようです。夜は200%の疲れでベッドに倒れ込み、泥のように眠る毎日。

 

でも、お役ご免になったら、それはそれで寂しいのだろうと思い、今は頑張るしかないですね・・・

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキング