きのう、10月28日は、ギリシャでは重要な祝日「オヒ・デー」でした。

詳細は前に書いた記事をどうぞ。

この日はギリシャ各地でパレードが行われ、4歳のわが長女もこのパレードに参加する予定だったのですが・・・(実は、長女はまだギリシャにいます。)電話すると、数日前から体調を崩し、お腹の調子が悪いので不参加にしたとのこと・・・・・・・(涙)。

ああ、どうしてこういう時に限って!ということは、子育てをしているとよくありますが、今回も。

ギリシャを出発する前に、長女が朗読するギリシャ語の詩(国家を称える詩)を練習して覚えさせ、パレードで着る制服も買い、運動靴は不可だというので革靴も買い、旦那にビデオとカメラを託し、寒くても暑くても対応できるタイツや下着を2種類用意し、後で写真やビデオを見るのを楽しみにしていたのでした。心待ちにしていた長女も、かわいそうでした。

それにしても、2週間、私が家をあけて、長女はギリシャ語どっぷりの生活をしていたためか、私が電話で日本語を話しても、かえってくる答えはすべてギリシャ語で・・100%「ギリシャ人」のようでした。そして、なんだか私に対しても、よそよそしい感じ。やっぱり、次女だけ先に連れて日本に帰ってしまったことを怒っているのかな。。。4歳といっても、まだまだ母親に甘えたい年頃なんでしょうね。ごめんなさい。忘れたわけじゃないよ。

明日からは、もっと頻繁に電話かファックスでもしよう。

1日1クリックお願いします!→人気blogランキング