最近、暑さは和らいできたのでホッとしていますが、なんとなく、夜の涼しい風には秋を感じてしまったりもします。子供が夏休みでずっと家にいるので、前から連れていきたかった(というか自分が行きたかった)プラネタリウムに電話したら、なんと10月まで夏期休業で休館だって!まったくねー。。。やっぱり夏は海に行くしかないのでしょうか。

長女がかなりの海好きなので、せがまれて近くの海に行ってきました。
アテネの中心部からだったら車で20分位で、バスやトラムでも行けるところです。海沿いを走るポシドノス通り沿い、シンタグマから出るトラム(路面電車)やアカデミアから出るバス(E1,E2,E22,B2)の「EDEM」駅前にある、御手軽、無料のEDEM ビーチです。
edem1

ビーチには、施設も整っていてきれいな有料ビーチと、施設はイマイチだけれど、無料の公共ビーチがあります。ここは本当に近いのが取り柄で海の透明度は期待できないけれど、子供が波打ち際でチャプチャプしたり、砂遊びをする位なら十分でしょう。シャワーと掘っ建て小屋のような着替え場所、カフェはありますが、綺麗さや便利さは期待できません。ギリシャのバカンスのイメージとは程遠いので、観光客の方がわざわざ行くような場所でもありませんが、アテネっ子の日常が垣間見られます。ビーチバレーに興じる人もいます。私は、海辺でのんびりするのは好きですが、もともと海水浴はそれほど好きでもないので、海も子供のつきあいで入る程度です・・・ビーチの近くには、併設の子供用公園とカフェがだいたいあって、海のあとはそこで一服したり遊ばせられるので、子供は大喜びです。
edem2
海に行くとやっぱり疲れますが、ずっと家にいたら、大人も子供も退屈しますよね。何より嬉しいのは、最近の長女はとにかく新しいものをすぐ吸収するスポンジのようなもので、違う場所、違う体験をさせるとすぐに、それを絵に描いてくれたり、会話にも良く登場するし、「また行きたいなー!」といって喜んでくれることです。この年頃は、何でも見るもの、聞くもの、味わうもの、触るものすべてが新鮮で、脳に焼き付いていくのでしょうね。そんな、自分が忘れてしまった柔らかい感性をうらやましく思います。

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ