アテネの良いところ、それは、小規模ながら首都で都会なのに、近くに海や山があることです。特に夏は夜8時過ぎまで明るいですから、仕事が終わってから、海水浴に繰り出すことだってできます。都会にいても気軽にリゾート気分が味わえるのは、とても贅沢なことかもしれません。

 alimospark1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アテネ市内からトラム(またはバス)で30分位海に向かって走ると、海沿いを走るPOSSIDONOS通りにぶつかります。アポロ・コーストとも呼ばれるこの海岸通り沿いは、2004年のアテネオリンピックの時にできた競技施設、公共のビーチや、サロニコス湾に沈む夕日を楽しめるカフェなども多数あり、ゴミゴミしたアテネ市内を抜けて、開放的な気分を味わえます。オリンピックの時にできたトラム(路面電車)は、速度は遅いですが冷房も良くきいて、海を眺めながらのんびりできます。(といっても、夏の土日は混んでいますが・・)

 alimospark5

 

(アリモス海洋公園の入り口)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンタグマからトラムに乗って2−30分、海に出てすぐの「エデム」という駅前から、グリファダ(駅名は「プラティア・カトラキ」)というおしゃれな高級住宅地まで、海沿いにはいくつものビーチが見え隠れします。トラムに沿って、遊歩道も整備されています。途中の「カラマキ」という駅前のアリモス海洋公園は、素敵なカフェ(バー)、ビーチ、海沿いのプロムナード、広い児童公園があって、緑の芝生や花もとても良く手入れされた美しい公園です。

alimospark2

 

(児童公園)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右手の方にはアリモスのマリーナに停泊するヨットも見えて、晴れた日はとても気持ちいいです。私は昼間しか行ったことがないですが、夕日も綺麗そうですね。

alimospark3

 

(公園内にある眺めの良いオストリア・カフェ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、アポロ・コーストで有名なビーチは、ヴーラ、ヴリヤグメニ、ヴァルキザ、などです。どんどん開発が進み、ビーチやホテルも充実してきているようです。そこまで行けば、海も透明度が高くて本当に綺麗ですが、そんな遠くまで行かなくても、日本の水準から見れば十分綺麗です。

 astir

 

(ヴリヤグメニにあるAstir Hotelからの夕日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギリシャの長い夏・・・学校も、公立は6月で終わってしまいます。今年の夏は、海好きの長女を連れて、この辺を探検しようかなあと思っています。

 

ΟΣΤΡΙΑ CAFE(オストリア・カフェ)」

POSSIDONOS AV. 10  ALIMOS BEACH、 トラム「KALAMAKI」駅すぐ前)

TEL: 210-9852350, 210-9850118

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ