ギリシャの2月前半はアポクリエス(謝肉祭)という、お祭り期間にあたります。

apo1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日2/8はチクノペンプティ(肉を焼く匂いの木曜日)と呼ばれる肉を食べる日で、ギリシャ人はほとんど肉を食べることになっています。プシスタリアと呼ばれる、肉のグリルをする専門店は超満員になり、皆、いい匂いのする焼きたての肉に舌鼓を打つのです。カーニバルとも呼ばれるこの期間は、今年は218日までです。キリスト教国ならばどこでもキリストの復活祭が盛大に行われますが、このアポクリエスも、その復活祭(英語ではイースター、ギリシャ語ではパスハと呼ばれます)に連動したお祭りです。

 

去年もちょっと書きましたが、復習を・・・!移動祝日であるギリシャの復活祭(パスハ)、今年は4月8日です。(その前後はお休みになります。)復活祭に至るまでの48日間、肉断ち期間(キリストの死を悼む期間、ニスティアと呼ばれる)があるので、その前の3週間は、逆に肉を十分食べ(謝肉)、人生を楽しむ期間になるわけです。特に最後の週末は、各地で仮面をつけたり仮装した人々のパレードなどが行われ、盛り上がりは最高潮に達します。ギリシャでは、パトラのカーニバルなどは特に有名です。

 

最後の日曜日(今年は2/18)は、中心部のプラカ(アクロポリスふもとの、昔の風情を残した家が連なる迷路のような場所で、土産物店や、レストランがたくさんある)では思い思いの扮装をした人でごったがえし、色とりどりの紙吹雪が舞い、ラッパや爆竹や花火などの音も賑やかで、深夜まで大変なさわぎになります。夜はお酒も入るので、楽しいのと共に、ちょっと危険なほどのお祭り騒ぎなので注意が必要です。一方、この日の昼間のザピオン庭園(国会議事堂のすぐ横の公園)はうってかわって、かわいらしい仮装をした子供たちで一杯になり、妖精、お姫様、動物、ピーターパン、怪傑ゾロ、などなど、見ていて飽きません。ギリシャの子供達は、皆天使のように美しく、親たちも子供を着飾らせるのを楽しんでいる様子が伺えます。

 

仮装の衣装は期間限定で、玩具屋さんや仮設店舗で売っており、大人用の小物(仮面、帽子、かつら、衣装、鳴り物など)もたくさんありますので、旅行者でも、お祭り気分を十分に楽しめます。でも、調子に乗った若者に、プラスチック製のバットで頭を叩かれたり、泡のスプレーなどをかけられたりする(経験済みのトラウマ!)場合もありますので十分注意して下さいね!

apo2

 

娘の保育園でも、仮装して登園する日が決まっています。まだ衣装を買っていないので、そろそろ買いに行かなくては・・・去年は動物系だったのですが、今年はどうしようかな? 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ