先日記事を書いた「和食・日本文化フェア」に行ってきました。

 

とっても楽しみにしていたし、お値段も高いのに、あのビュッフェはちょっと・・・和食と呼べるのかなあ。温菜には、うなぎご飯みたいなものがあったけれど、あとはなんとなく中華風か、ヌーベルキュイジーヌ??

御寿司は、早い時間だと巻き寿司がほとんどで、人が集まる遅い時間になるとにぎりが出てきました!

 hilton1

 

(これは冷菜コーナー。この他に10種類ほどの温菜とデザートたくさん。

 

この中にひじき、すき焼き、やきそば(なぜ冷菜?)などもありました。

 

デザートには全然和菓子がなくて残念。)

 

 

夜9時過ぎからは満席で、外国人の方たちは、これを和食と思ってしまうのかしら。

 hilton3

 

(隣の席のお客様・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントとして、レストラン内で、着物を着た日本女性2名によるお琴の演奏と、剣道などの実演がありました。久々に聞く琴の音はたおやかで、リラックスできて良いものですね。また、ギリシャ人(?)剣士たちの立ち回りは雄々しく、胴衣もとっても似合ってました!また、日本の風景や人を写したスライドをずっと紹介していて、ちょっと一昔前の映像でしたが、懐かしく感じました。 hilton5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテル入って右側のカフェでは、壁に立派な書道の作品が多数かけられ、こういうモダンな空間に、書道って違和感なく溶け込むものだなあと感心。繊細な仮名の作品などもロビーの随所に飾られていて、和紙の美しさ、流麗な墨色の流れなど、インテリアとしても見直してしまいました。また、そのカフェ内にはカネボウ化粧品のお試しコーナーなども・・・。その他、豪華うちかけの展示、茶の湯の実演コーナーなど。

 hilton2

 

(レストラン内の装飾)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後は、「180日間世界一周フェア」の一環として、オーストラリア、ロシア、エジプト、イタリアのフェアが3月まで続くようです。

 

そうそう、レストランの入り口でこのようなパンフレットがもらえます。これは優れもので、日本の文化のギリシャ語による説明、日本の観光地の地図なども裏にのっていて、ちょっと日本のことを紹介するのに便利。(ギリシャ語の勉強にもなりますね!)また、2006年度版、日本の国際観光振興機構(JNTO)発行の、英日対訳の日本文化紹介の小冊子「Hello Japan」も便利です。

hilton4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ