1117日は、ギリシャの軍事政権崩壊のきっかけになった、19731117日のアテネ工科大学(ポリテクニオ)の学生蜂起を記念する「ポリテクニオン・デー」です。当時は、アテネ市内に戦車まで出動したようです。こんな最近まで7年間も軍事政権だったなんて、今の平和がなんだか信じられませんが・・・

 

この日は、アテネの中心部、とっても危ないんですよ。用事がない限り、あまり近づかない方が賢明です。毎年、デモ、集会、爆弾騒動、警察と民衆のバトル、各国大使館・外国資本の会社・店への攻撃、過激派破壊活動・・・などなど、いつもテレビで見るだけですが、ひどいことになっています。うちの比較的近くでこんなことが行われているなんて、信じられない光景なのです。翌日には、破壊された店のガラスの破片など、あちこちで無残な残骸を見かけます。

 

ちなみに、その大学(ポリテクニオ)は、パティシオン通り、観光客が良く訪れる国立考古学博物館のすぐ隣です。巻き込まれたら大変。その日には行かないでくださいね!

 

詳しくは、在ギリシャ日本大使館のページをご覧下さい。

http://www.gr.emb-japan.go.jp/portal/jp/security2/polytechnion2_06.htm

 

ちなみに、この事件にちなんで命名されたテロ組織「1117日革命組織」(デカエフタ・ノエンブリウ)が数年前まではテロ活動を頻繁に行っていましたが、オリンピック前に逮捕され(ギリシャってラッキーですよね)、それ以来、テロのニュースは少なくなっています。

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ