長女が3歳になったので、ギリシャの保育所を探し始めました。こちらでは新学期が9月なのですが、別に保育所だし、年度の途中でもかまわないだろう・・・という軽い気持ちでいたら、それが大間違い。家の近くの4軒回ったけれど、もう空きがないところもあって、「登録は5月からやっているんですよ。もっと早くいらっしゃればよかったのに。」と言われても後の祭り。

 

それにしても、どれも一長一短。庭が広くて設備と環境が良いところはちょっと遠かったり、近いところは外で遊ぶ庭がほとんどなかったり、プログラムの中に英語、バレエ、ピアノ、などが含まれていて良さそうなところは周囲の環境が悪かったり、月謝の差やベビーシッターサービスの有無、スクールバスや教材費の料金差、保育時間・内容の差、子供数に対する先生の数の差、甲乙つけがたく、決められない。

 

人に意見を聞いても、「とにかく、この時期は他の子供と遊ばせて社会性を育てるのが目的だから、どこだっていい」「近いところが絶対いい」「庭の広さなんて関係ない。あれは、ほとんどマーケティングのためで、どうせ、怪我を心配して外で遊ばせないんだから」「スクールバスは、色々な家庭を寄ってくるから時間がかかってよくない」「少人数制のところがいい」「のびのび遊べる広いところがいい」などと、まあ、色々あって、結局混乱するばかり。

 

何を優先したいのか、どういう子に育てたいのか、親がはっきりした方針を持っていないと、育児は五里霧中になってしまうのだなあと実感した次第です。

 

私としては、子供にはできるだけ色んな経験をさせて適応力・柔軟性・精神的強さを養って欲しいし、外国語、音楽などは脳の回路が柔らかいうちに始めさせたいという希望もあって・・でも、まだ小さいのだから、外で思いっきり遊べる庭がないと可愛そうだし、親(私)と関わる時間も大切だし・・・などと悶々としていました。

 

旦那との意見の食い違いもあり、結局、私も旦那も2番目に良いと思ったところになりそう。保育時間にしても、義母の、あまり長時間は良くないという意見もあり、3時くらいまでにしようかと思っているところ。こちらの私立保育所(私が見学した限りでは)で良いのは、スクールバス(オプション)で家の真前まで送迎してくれ、朝食、昼食も含まれているのでお弁当も持たせる必要がないこと。(日本の状況は良く知りませんが・・・)ギリシャでも、もっと小規模なところは違うのでしょうけれど。

 

まあ、とにかく、神経質で過保護に育った長女を、もっと子供の中で遊ばせることが最重要!そして、その空いた時間で、私が次女の面倒をちゃんと見たいのです。これまで、あまりにも次女の世話が手抜きで、いつも負い目を感じていました。長女の時は、胎教から始まって、色んな本を読み、いいと言われることは実行していたのに、次女の場合はもう、本当に雲泥の差で、長女の世話と家事、仕事、父の死などもあって、プッツン気力が切れて、最低限のことしかしてやれなかったのです。明らかなるこの差別・・・絵本読みもほとんどしていないので、日本語の入力も全然違うと思います。これから、取り戻せるかしら。次女Mよ、ごめんね、でも、これからママもがんばるよ。

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ