日本は、紀子様の男児ご出産の話題で盛り上がっているのでしょうね。久々の明るい話題で、本当にうれしいです。雅子様のご出産の時は、自分のことのように嬉しくて、在ギリシャ大使公邸までお祝いの記帳に行きましたよ!それにしても、皇室にお世継ぎができたということで、雅子様はホッとしていらっしゃるのでしょうか。それとも、悔しいような、複雑な思いなのでしょうか・・・

 

今更、書くのもなんですが・・・我が家の長女はこの8月で3歳になりました。おめでとう!!日本で誕生会をやったのですが、書きそびれてしまいました。おだてたり、すかしたりして、やっとのことで、プレゼントに買った蝶柄水色の浴衣を着せて黄色い帯を結び、注文した大好きなチョコレートのバースデーケーキとともに写真に収めました。

はああ、思い出作りも一苦労です。

 

最近では思い通りにならない子育てが結構辛くて、キレルことが多い私ですが、いつも後で反省しています。初心に戻れ!と。

 

遅い結婚だったので、子供ができるかどうか心配で、病院にも行ったりして、やっと授かった大切な宝物。五体満足で、健康優良児(3年間、大病も怪我もせず)、それだけでも幸せなことなのに、幸せって、慣れてしまうと当たり前になって、忘れてしまうものなんですよね。すぐに次女も授かって、これも本当にラッキーなことでしたが、そんな感慨に浸る暇もないほど、日常の混乱は精神を疲弊させてしまいます。

 

もともと、私は子供が苦手で、仕事や社交が好きだったので、余計に子育てが辛いのかもしれません。自分がやりたいことがたくさんあり過ぎて、でも、今は、子育てに体力、気力、時間のほとんどをとられて、思ったことの10分の1もできないので、欲求不満になるんですね。それで、鏡を見れば、髪を振り乱し、ヨレヨレになった自分がいて、落ち込んだりして。

 

でも、考えてみれば、子供を望んだのは自分だし、子供はやっぱり可愛いし、今の時期は子供にとって本当に大切な時なのだし、子供はすぐに大きくなって離れていってしまうのだし・・・などと思い直し、やっぱり、他を諦める、あるいは後回しにしないと、あとで後悔するのかな・・と。

 

ほら、下の子の、丸々した肩やももの感じや形状、プニプニした、つきたてのお餅のような皮膚の感触・・・・!!赤ちゃんから幼児へと移り変わってしまった長女には、もうそういう愛らしさは失われている!また、別の愛らしさはあるのだけれど、もう取り返せない時間です。

 

この間も、急ぎの翻訳の仕事が来て受けてしまったがために、まとわりついてぐずる子供達が鬱陶しく感じてイライラしたことがあって、あとで反省、そして決心しました!

 

子供にしわ寄せが行くことは、しなくても良いことなら、なるべくしないことにしようと。自分がイライラする原因になることは避けるようにしようと。だって、私が不機嫌だと、子供が(旦那も)かわいそう。母は、いつも家庭の太陽でいたいじゃないですか。

 

ということで、ブログも、ちょっとペースを落としてみようかと思っています。ブログは楽しいし、大好きなので、毎日、書きたいことは山ほどあるのですが・・・やはり、時間は取られます。その時間を、もう少し、子供に向けていきたいなと思っています。もっと食事のメニューを増やしたり、本を読んであげたり・・・

 

ゆっくりペースになっても、また、遊びに来てくださいね!

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ