東京は、すべてにおいて時の流れるスピードが早すぎて、帰省するたびに、「置いてきぼり感」を味わいます。

 

アドレナリン出すぎの高揚感、興奮と共に、ついていけないという焦燥感、脱力感も同時に味わうわけです。私は生まれも育ちも東京ですが、ギリシャに住んで6年近くもたつと、もうすっかりおのぼりさんです。特に最近、昔良く通った店がなくなっていることが多く、さびしい思いをしています。

 

さて、きのうは恵比寿に用事があったので、思い立って、前に良く行った香港飲茶の店に行ってみました。まだあるかなあ・・とちょっと心配しながら行ったら、良かったー、まだありました!ちょうど昼時だったので、ランチを初体験。今までは、いつも夜でしたからねー。以前一緒に来た友達の顔なども思い出しながら、

 

一人でひっそり、ゆっくりランチ

 

一言で言うと、「至福の時」ですね。こういう静かな「かみしめる」時間が私には足りなかった。

 

このお店、本当においしいんです。教えたくない気もするけど、幸せは分かちあった方がいいから、やっぱり教えちゃいますね。

 

ル・パルク」という店で、香港人の料理人だけが料理する本格的な飲茶店なんです。といっても、敷居は高くなく、気軽な雰囲気。今日食べたランチは「点心3種」というものでしたが、ニラ餃子、えび餃子、イカしそ餃子(各2個)、レタスの炒め物、スープ、ご飯、杏仁豆腐で950円。他にも、麺類のセットや、一品料理のセットもありましたよ。

 

ここの点心、本当に素晴らしい!プリプリであまりのおいしさに、眉間に皺が寄ってしまうほどです。なんでもないレタス炒めだって、カキ油風のタレがなんともおいしくて残すのはもったいないので、人目をはばかりながら、ざっと白いご飯の上にタレごとぶっかけてしまい・・・(反則ですか??)最近、有料のところも多いお茶だってポットでつくし、デザートの杏仁豆腐がまた絶品。ありがちなフルーツカクテルなんて載ってないシンプルなものだけど、程よい甘さとトロリとした口当たり、香りがこたえられません。お腹も一杯になり、千円以下でこの満足感。お値打ちですねえ。だいたい、私は平日昼間のランチが大好き!だって、一人で気軽に入れるし、とってもお得じゃないですか!

 

このお店、何を頼んでもはずれはないですが、腸粉(クレープ風の点心)と大根もちなんか、私の大好物です。香港は大好きなので4回ほど行きましたが、本場に引けをとりません。アテネでは、あまりおいしい中華料理や点心にはありつけないので、とても嬉しかったです!

 

Le Parc (ル・パルク)」(香港点心飲茶店)

住所: 渋谷区 恵比寿西 1−19−6

 (JR山手線 恵比寿駅から3分、恵比寿南交差点そば、恵比寿公園の横)

Tel:03−3780−5050

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ