今日は、リチャード・ギア似のホテルの2代目若旦那(以下「リチャード(仮名)」)が教えてくれたタベルナ(食堂)をご紹介します。

 

「リチャード」はとってもフレンドリー!お客さんとの会話にもジョークを飛ばし、場をなごやかにするのが得意。チェックアウトの際、「リチャード」と雑談をしている時、「船に乗る前に夕日を眺めながら食事をとりたいので、(イタリアのヴェニスに趣が似ている地区の)「リトルヴェニス」に行きたい」と言うと、「リチャード」は「あそこは、食べ物はまずいから食べない方がいいよ。そこでは飲み物だけにして、食べるのは「NIKO’S」か「KOUNELAS」にしなさい。」というアドバイスをもらい、地図まで書いてもらった。優しいなああああ。

私ったら、目がハート型になってたかも・・・

 mikrovenice2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「リチャード」のアドバイス通り、最初はリトルヴェニスで夕日鑑賞。最近は日が長いので日没も8時半頃。このあたりは道が特に細く、海に落ちてしまいそうなほどのところにバーやタベルナが密集しているので、ベビーカーではちょっときつかったです。少し奥まったカフェバーに落ち着き、飲み物だけ注文し日没を待ったのですが、結構、これが寒くて・・・・

早く日よ沈んでおくれーと思ったほどでした!ミコノスは風車にも象徴されるように強風の島で、この店も風が吹きさらしで、波しぶきが飛んでくるほど。肩を寄せあう恋人たちで一杯で、夕日も素晴らしかったけれど・・・あまり長くはいられないところでした。でも、夕日はとてもドラマティック!日没の瞬間、皆拍手喝采、空の色もオレンジ色、桃色から薄紫色に変り、ミコノスの夕日を堪能しました。

 mikonossunset

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、次はお食事。「KOUNELAS」の方は、前に行ったことがあったので「NIKO’S」の方に行ってみました。

tavernanikos

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NIKO’S」は、港に近い白い迷路・・・のような道路に、外に並べられた赤いチェックのテーブルクロスが可愛い、雰囲気のいいタベルナ。なるほど、満員で商売繁盛。

lobusterpasta

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大好物のロブスターのパスタ、シーフードの盛り合わせ、ロブスターサラダを頼んでみましたが、どれもGOOD! ロブスターのパスタは普通50ユーロ位するので注文するのに覚悟がいるのだけれど、ここのは半身ではあったけれど18ユーロで、お財布に優しい価格でした。

 tavernakounelas

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KOUNELAS」の方は、最近リニューアルしたらしく、前に行った時の古ぼけた印象が改善されていました。ここは、シンプルにシーフードを炭火焼で出してくれるので、日本人の口にとても合うと思います。魚もキッチンまで見に行って選定できるので、鮮度が気になる方でも納得でしょう。もちろん、シーフード以外のギリシャ料理もあります。

 

ギリシャは海に囲まれているのだから、シーフードが安いのだろうと思われるかもしれませんが・・・その反対に、とっても高いのです。好きなだけ頼んでいると、請求書を見てギョッとするかもしれません。でも、この2件のタベルナはリーズナブルな感じがしました。

 

「Niko’s Taverna

PORTA (BY THE WATERFORNT)

TEL: 22890-24320

(タウンホールの裏あたり)

 

FISH TAVERN KOUNELASI.M. THEOHARI 

TEL: 22890-28220

(港前の大通りAKTI KAMBANI通りのタウンホール寄り、Makrigianis Goldという宝石屋さんの横の道を入ってすぐ左)

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ