ギリシャの復活祭、パスハにちなんだ食べ物の一つ、ツレーキとかツレカキとか呼ばれる甘いパンがあります。

tureki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当は、きのうの木曜日、このパンを焼いたり、ゆで卵を赤く染めたり・・という習慣があるのですが、今では、スーパーやパン屋さんで買う方が多くなってきたようです。なんでも、便利な方、簡単な方に流されがちな昨今です。ちなみに、私は一度だけ卵を赤く染めたことがありますが、乾かす時に、下に敷いた新聞紙などについたところが、どうしてもムラになっちゃうんですよね。何かコツでもあるのでしょうか?

 egg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔は、この赤い卵やツレーキをイコンスタンドの前にお供えしたといいます。イコンは、ギリシャ正教特有のキリストやマリア像などを描いた聖像画で、教会の中はもちろん、家の中にも飾られたりしています。平面的な絵が特徴的で、金色や本物の銀で装飾されていることが多いです。パソコン用語の「アイコン」の語源もここから来ています。

 icon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このツレーキというパンは、ふだんでもパン屋さんで売っています。一人分サイズの小さいもの、三つ編みにしたり、円形にぐるぐる巻いたような形の大きいサイズのもの、色々です。上にはアーモンドスライスがのっていたり、ゴマがのっていたりすることもあります。パスハ用のツレーキには、赤い卵が上にのせられていたりします。

 

私はこのパンが大好きで日常的に食べていますが、焼きたてがなんともいえずおいしいので、今回のパスハには自分で作ってみようかと思いたち、前の日に材料を用意しておいたところ・・・

 

義父が巨大ツレーキと赤い卵を買ってきてくれてしまいました・・・

 

写真では大きさが分からないと思いますが、長さ50センチ、幅20センチくらいあるんですよ。なかなか食べ切れません。ありがたいのですが・・・急にやる気がシューーーっと音を立ててしぼんでしまい、結局、自分で焼くのは別の機会にしました。ま、いいか。

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ