stadium

2月9日(木)

いよいよ、トリノオリンピックですね。ギリシャでは、参加選手も少ないせいか、あまりニュースでも取り上げられていませんが、私はフィギュアスケートが大好きなので楽しみです!早いもので、アテネオリンピックからもう1年半もたってしまったのですね・・

 

 誰もが知るオリンピックの発祥地は、ギリシャ。アテネ中心部にあるここパナティナイコ・スタジアムは、1896年、古代オリンピックの復活として、第一回近代オリンピックが開催されたスタジアムです。古代のものは、紀元前4世紀に、「パンアテナ大祭」の競技場として建設されましたが、その後破壊され、現在のものは、近代オリンピックのために再建されたものです。「パンアテナ祭」とは、アテナイの守護女神、アテナを讃える祭りで、当時の最も重要な宗教行事でした。4年に1度行われた「大祭」では、行列や様々な競技が行われ、聖衣の奉納などもありました。

 

現在のスタジアムは、アレキサンドリアの富豪、アベロフ(前の広場に彫像があります)の援助を受け、なるべく古代のスタジアムに忠実に復元されたもので、その収容人数は5万人以上といわれます。

 

アルディトスの丘の緑を背景に、アテネ北東部にあるペンデリ山で採れた白い大理石でできており、とても美しいスタジアムです。このスタジアムの別名である「カリ・マルマロ」という名は、「Good Marble(良い大理石)」という意味です。

 

 1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

このスタジアムは2004年のアテネオリンピックの前に化粧直しされ、アーチェリーやマラソンのゴールの会場としても使用されました。前の広場にはオリンピアから来た聖火が灯っていたんですよー、懐かしいです。

 

大理石の座席は硬くて冷たいので、長時間の観戦だとお尻が痛くなります。私は女子マラソンの観戦に、座布団と日の丸と、ギリシャの旗を持っていきました。野口みずき選手が1番でスタジアムに入場してきた時は、鳥肌ものでしたよー!そしてゴールとともに力つきて倒れたあの華奢な体。あの歓声と興奮が今でも蘇ってきます。

 

ふだんは入場無料で、ジョギングもできます。なぜか、あそこに行くと走りたい気分になるのが不思議です(笑)。ここは、アテネ海外挙式後のフォトツアーで訪れることもあります。

 

トリノオリンピック開会式のギリシャテレビでの生放送は、下記の予定です。楽しみですね!!

2月10(金)21:00から、チャンネルET1にて

 

場所:Vassileos Konstantin通りとVassilissis Olgas 通りの交差点、地下鉄 Syndagma かEvangelismos駅下車 徒歩15分、トローリー 2、4、11番