cake

1月31日(火)

先日、次女Mが1歳の誕生日を迎えたので、ケーキ屋さんにバースデーケーキを注文し、義父母と一緒に祝った。この前生まれたばっかりだったのに、あっという間にもう1年。感慨深いものがある。子供嫌いだった私が、あれよあれよいう間に2児の母になり、今では正真正銘の親バカである。こういう自分の変化も奇跡であるが、それは、妊娠・出産・子供の成長という奇跡を体験してきたからであろう。今でも、この子達が、私の中で大きくなり、違う個性を持った人間として、この世に出て来たことが信じられない。

 

M1

お腹にいた時に超音波断層写真で写っていた「米粒」のような胎児が、出産時には3.5キロ、今では体重が3倍以上の12キロになり、背は65センチが75センチになった。歯は8ヶ月から生え始め、今は上が4本、下が3本になった。(長女は1歳まで生えてこず心配した)10ヶ月頃からハイハイを始め、11ヶ月頃からつかまり立ちができるようになり、力持ちで泣く声も笑う声も大きく、ヘラクレス、スマーキ(小さい相撲取り)、ターザン、カリカンザロス(夜中に徘徊するいたずら小人)という異名を持つ。

 

離乳食もほとんど卒業し、普通の食事を細かくしたものはほとんど何でも食べ、今まで病気ひとつしない健康優良児だ。唯一、でべそで心配したが、それも絆創膏で押さえていたら無事治った。頬ずりするとマシュマロのように柔らかく、ももはムチムチと弾力があり、愛しい、生命力の固まりのような生き物だ。「あーうー」「だー」「でー」と発する声がユーモラスで、あやすとケラケラと良く笑い、「和む」キャラクターである。

 

指しゃぶりと物を投げる、紙を破るのが趣味で、まったくもって目が離せない。じっとしていないので、オムツを換えるだけでも一苦労である。顔は和風なので、私に似ていると良くいわれる。長女とはいつもおもちゃの取り合いをし、長女の髪の毛をつかんだりして負けてはいない。今日もテーブルクロスをひっぱり、テーブルにのっていたお気に入りのお皿を割られてしまった(涙)。そして、度重なる夜泣きには、私も旦那も閉口している・・・

 人気blogランキングへ 

長女が2歳半なので、この1年は2人の育児に追われて「その日暮らし」の毎日だった。長女の時は、初めてということもあり、私立のイアソというホテルのような病院で、至れり尽くせりの出産・入院生活だったが、そのかわり自己負担額も何十万円もかかった(保険ではまかないきれないため)。次女の時は、公立のアレクサンドラス病院で経済的(自己負担はほとんどなし)ではあったが、本当にひ・ど・い環境での出産だった。この比較については、またいつか書こうと思うが・・・

 

上の子には、胎教や、生まれてからは絵本を読んであげたり、色んな音楽を聞かせたり、言葉がけをしたり、神経質におもちゃも頻繁に消毒したり、離乳食に凝ったり、色々手をかけてきたが、下の子には、ほとんどそういう教育や気遣いは皆無で、ちょっと申し訳なく思っている。放任というか、適当というか、いい加減というか。でも、私が生きているだけで精一杯だったのである。洋服やおもちゃもお古ばかり。離乳食も大人のから取り分けて潰すだけ。予防接種も、上の子の時は毎回30ユーロも払って小児科医のところに行っていたが、下の子は無料の保健所のようなところで済ませている。この天と地ほどの待遇の違い・・・・ちょっと差がありすぎるかなあ。ごめんね、M。でも、同じように愛してるからね。

 

大変だ大変だと愚痴りながらも、子供の笑顔に癒され、やっぱり幸せな毎日である。ヨガの先生が言っていたが(それに他の本でも読んだが)、赤ちゃんは、自分に一番適した環境の家庭(父母)を選んで生まれてくるのだそうな。赤ちゃんの魂は天上から物色していて、ここと決めた母親の胎内にすっと降りてくるのだ。私は、少なくともそう信じているのである。

 

M、お誕生日おめでとう!生まれてくれてありがとう。ママのところを選んできてくれて、本当にありがとう!」