1月18日(水)

winter

私はあまりテレビを見ないのだが、たまに見ると、ろくなニュースがない。先日も、鳥インフルエンザで海外の子供が何人も亡くなったニュースや、ギリシャの食品会社のひどい衛生環境とか・・

 

 

きのう義母から電話がかかってきて、「子供にはチキンは食べさせないでね。テレビ見たでしょ?怖くて仕方ないわ・・・」とのお達しが。「え、今日、調度もも肉3本も買ってしまいました!」「じゃあ、それは、あ・な・た(強調)が食べなさい。子供には絶対与えないで!」お義母さんは、本当に正直な人である。それって、私はどうなってもいいってことね・・・とひがんだり。今日買い物に出た時、近くの肉屋さんに聞いてみた。「あのう、ギリシャ産のチキンも危ないんですか?」「はっはっは!何言ってんだい。あれはトルコのことだよ。あそこは、鳥と人間が一緒に寝てるんだからな。」と一笑にふされてしまった。ギリシャ人は、苦い歴史の経験上(400年にわたるトルコの占領と支配)反トルコの人が多いので、悪口を言っているだけかもしれないが。

 

別の日、今度は義父から、「輸入の大きな魚は、子供には与えないでくれ。テレビでやってたけど、養殖の大きい魚には色んな薬品飼料が使われていて、危険なんだそうだ。」などなど。一時は、狂牛病で牛肉も敬遠されていたし、安心して食べられる食品が少なくなっている。

 

また義姉からは、M(アメリカのファーストフード屋)では、子供を食べさせないで!あそこのポテトには、麻薬みたいに、習慣性になる薬品が振りかけられているらしいわ。」と。なるほど、それも本当かもしれない。時々、無性に欲してしまうことがあるし。

 

メディアが報道することは、100%信用できるとは限らないし、大げさに言っている場合もある。でも、それを差し引いても、母親になってから特に、家族の健康のために、食品には十分に気をつけないといけないと思う今日この頃である。

人気blogランキングへ