1月2日(月) サンタ
ギリシャにはお正月の「三が日」というのはもちろんなくて、今日からうちの旦那も出勤です。でも、1月6日くらいまではクリスマスモードが続いていて、街のデコレーションもそれまでは取り外されないで残っています。アテネの街も、クリスマスツリーやイルミネーションが綺麗で、シンタグマ広場、コジア広場、オモニア広場などでは凝ったツリーが見られ、車道の上や歩道脇にもライトが輝きます。一般の家庭でも、バルコニーをきれいに飾りつけしているところもあって、うちのアパートのお向かいさんも色とりどりのライトを飾っていて、目の保養になります。写真のような、ちょっとふざけた飾りつけもあって、暗闇で見たら、泥棒かと思っちゃいますよね。 ギリシャでは、クリスマスイブと、大晦日の日に、「カランダ」という習慣があります。これは、子供達がトライアングルを持って近所の家を訪問し、トライアングルを打ち鳴らしながら、クリスマスの歌を歌うのです。大人達は、この日は小銭を用意して待ち、歌ってくれた子供達にお駄賃をあげることになっています。年齢にもよりますが、50セントから5ユーロ位の間でしょうか。最近では、子供だけで見知らぬ家を訪問するのは危険だということで、以前よりは減っているようですが・・・「カラ・フリストゥヤナ!」(メリークリスマス!)、「ケ・トゥ・フロヌ!」(来年も!)、「カリ・フロニヤ!」(良い年を!)などと挨拶しあって別れます。来年もまた来てくれるかな?などと思いながら・・・ギリシャの子供達は皆かわいくて、特に小さい子は本当に天使のようです。年末は、子供達の稼ぎ時です。

人気blogランキングへ