ギリシャ★アテネより愛をこめて★ From Athens With Love

ギリシャ旅行、アテネ観光情報、 ギリシャウェディング情報 ギリシャ生活秘話、旅行に役立つ裏話、 国際結婚悲喜こもごも、子育て、日々の雑感など

アテネ海外挙式はヘアメークも安心!5

marina

海外挙式って、ヘアメークが思い通りにならないのではないかと心配・・ですよね?

 

分かります、その気持ち。そこで、今日はアテネ海外挙式スタッフのご紹介。

ヘアメークのマリーナさんです。


マリーナさんは、以前はヒルトンホテル内の美容室で働いていたベテランで、とても信頼できるパートナーです。

2時間という限られた時間の中で、リハーサルなしで初めて会った日本人のお客様のヘアメーク、それも人生の一大イベントである結婚式のヘアメークをするのは、かなり気を使い、難しい仕事なのです。

 

ギリシャ人と日本人の顔立ちの立体感、あまりにも違いますよね。それに、お客様によって違う肌質や髪質や顔立ち、その日の肌の調子や日焼け具合、好みの色や雰囲気、似合うスタイル、ドレスやベール、ブーケとのバランス、そして最重要の花嫁さんのご希望・・・などなど、総合的に瞬時に判断し、時間内に最高の花嫁さんを演出するのはとても大変なことです。ヘアメークが花嫁さんのお気に召さなければ、その結婚式は失敗と言っていい位、重要です。

 

その点、マリーナさんは、そのマジックハンドで、お客様の個性を生かした、自然で素敵なヘアメークにしてくれるので、いつも私は安心。ギリシャの夏は40度にまで気温が上がる時もあり、汗だくになりますが、暑い夏場でも崩れにくいメークが得意です。

夏のギリシャで日焼けしてしまい、肌が真っ赤になっていた花嫁さん、食あたりでげっそりしていた花嫁さん、色々ありました・・・でも、後で写真で見ると、全然わからないようにカバーされていて脱帽!

 

hair

春から夏にかけてのギリシャの光は予想以上に強く、写真に撮った時に色がとんでしまいがちです。ギリシャの光と背景に似合うヘアメークがあるというのも事実ですから、ちょっと濃いかな、と思う位でも大丈夫ですよ。ドレスのボリュームに負けないように、バランスも大事です。

 

マリーナさんは、これまでに経験も積み、日本人の好みや、髪質・顔立ちにも慣れているので心配御無用、ありがちな勘違いメークにはなりません。日本のお嫁さんの肌はきれいだといつも褒めています。お客様によっては、リハーサルの写真を持参されますが、それよりもいつもずっと素敵に仕上がっています。その証拠に、これまでに、ヘアメークでクレームを受けたことは一度もありません。「綺麗にしてくれてありがとう」と感謝されたことは、何度もありますけれどね!特に、写真のヘッドドレス(白いミニバラとかすみそう)は、とても人気がありお勧めです。顔まわりがとっても華やかで高貴な感じになりますよ。

 

マリーナさんは、一度きりの出会いを大切にし、「お嫁さんの立場に立って、自分がしてもらいたいようにする」のがモットーだそうです。趣味は絵画。根っからのアーティストです。英語はあまり通じませんが、通訳は私がしますのでご安心を!

 

花嫁さんの笑顔というのは、本当に周囲も明るくしてくれるものです。花がぱーーっと咲いたように・・・そして、眩しそうな目で花嫁さんを見つめられる新郎様の姿も、私は大好きです。幸せのお裾分けを、いつもありがとうございます!

 

(注:ヘアメークはオプションであり、アテネ挙式の基本パッケージの中には含まれていません。詳しくはGREEK MEMORYをご覧下さい。)

 

1日1クリックお願いします!→ 人気blogランキングへ 

 

サマータイムとパレード見物5

parade1

今日の午前3時からサマータイムに変わった。

 

今までは日本との時差は7時間(日本より7時間遅れ)だったが、今日から6時間差になる。つまり、日本のお昼12時はギリシャの早朝6時である。

いよいよ、ギリシャらしい季節の到来!

 (写真:シンタグマの国会議事堂前)

 

parade4

きのうは、シンタグマ広場からオモニア広場までの独立記念日のパレードを見に行ってきた。

 

見物客もすごかったが、あらためて、こんなにたくさん兵士がいるのだとびっくり。遅く行ったので良い場所はすでに皆陣取られていたが、なんとか背伸びをして見る事が出来た。こんな時だけは、背が高くて良かったなあ、と思う。

 

 

parade2ギリシャは、今でも男性のみ徴兵制がある。陸、空、海、鼓笛隊などなど、それぞれの制服で隊列を組み、勇ましく行進していく。中でも観衆からの拍手や歓声が多かったのが、「チョリアデス」と呼ばれる、スカートのような伝統的な白い衣装に身を包んだ兵隊さん達だ。この衣装を身につけるのは、とても時間がかかるらしい。(彼らの衛兵交替は、シンタグマの国会議事堂前で日常的に見られる。)

 

 

parade3空には、戦闘機やヘリコプターなどが旋回し、パレードにはジープなども登場し、見物の男の子達は大喜びだった。ちなみに、うちの旦那はこういうの(軍隊もパレードも人混みも)が嫌いなので、留守番をしていた。。。。

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

ギリシャ独立記念日

flag2今日、3月25日はギリシャにとって大変重要な祝日、

独立記念日である。

ギリシャ人は、ビザンチン帝国がトルコに滅ぼされてから400年近くも、異民族の占領下で辛酸をなめてきた。

その間、自由を愛するギリシャ人は何度も独立のために蜂起したが、そのたびに弾圧を受けた。

しかし、遂に、1821年の3月25日、

「自由(勝利)か、さもなければ死を!」

というスローガンのもと、パトラ近郊のアギア・ラブラ修道院にて、パトラ主教のゲルマノスがトルコに対して独立戦争の宣言をしたのである。そして、1830年に待望の独立を成し遂げた。

このような歴史背景があり、今日は、ギリシャの誇りと愛国心を、国民全体が感じる日である。

この日、ギリシャの主要都市では記念式典が行われ、大規模なパレードも見られる。この式典の練習のためか、ただの移動のためか、数日前には、戦闘機が何機も、ものすごい爆音とともに街中を飛んでいく。ギリシャに来て初めての年は、このすさまじい爆音に、戦争が始まったのかと思い、本当に驚いて、旦那の携帯に電話したら笑われた。

 

また、3月25日は、聖母マリアが神の子を身ごもったことを知らされた日「エヴァンゲリスモス(受胎告知)」の祝日でもある。

 

どちらにしても、ギリシャでは、今日はとっても大切な日で、街中にギリシャの国旗が誇らしくはためいている。

 

この日は、お店や博物館なども閉まるのでご注意を!

 

1日1クリックお願いします!→ 人気blogランキングへ 

旧バス(トローリー)チケットの有効期限は5月まで

bus

先日、公共交通機関の値上げの記事を書いたが、今日は続きをちょっと。

 

バス・トローリーは45セントが50セントに上がったが、前に買ってあった45セントの古いチケットは、そのまま使えると聞いていたので安心していた。ところが、それが3月一杯でもう使えなくなるという噂が・・・・!

 

私は結構買いだめしてあったので、あと1週間くらいでは使い切れない!!まあ、大した額ではないのだが、やっぱり悔しいではないか!先日も、せっせとためたルフトハンザのマイレージが期限切れで使えなくなっていて、大ショックを受けたばかりである。

 

そこで、トローリーの運転手などに聞き込み調査をしたところ・・・

運転手A:3月末まで使えるよ

運転手B:さあ、いつまで有効か知らないね

運転手C:5月末まで大丈夫だよ

乗客D:5月末までだ

チケットを売ってるキオスクのおじさん:3月中だけで、あとはペタマ(廃棄)だ!

 

結局、多数決でも引き分けで、分からずじまい。本業の人が正しい知識がないことは、ギリシャでは良くあるし、人によって言うことが違うのも、もう慣れた。OASAという公共交通機関のサイトを見てものっていないので、仕方なく電話したら、「5月末までです。」という回答が。あー、良かった、これで安心した。あと2ヶ月もあれば、使いきれるだろう。

 

このOASA(アテネ都市交通機関団体)のサイトは、バス、地下鉄、電車、トラムなどの料金やルートマップなども載っていて、結構便利だ。英語版もある。(でも、今日はなぜかマップが開けなかった!)

 

OASA  (アテネ都市交通機関団体)http://www.oasa.gr/uk/index_gr.asp

インフォメーションtel:185

 

1日1クリックお願いします!→ 人気blogランキングへ 

「物乞い」に対して思うこと1

アテネでは、物乞いを良くみかける。

私の分析では、物乞いは次のように分類される。

 

1)            アート系: ギターやアコーディオンを弾きながら歌を歌う

2)            身体障害者系: 自分の体の一部を見せ(腕がない、足がない、やけどの跡など)同情を誘う

3)            幼児同伴系: 乳飲み子を抱えた母親が、ミルク代をせがむ

4)            ジプシーの子供系: 単にお金をせがむか、ティッシュ、花などを売りにくる

5)            家族が病気系(演劇系):「家族が重病で手術をしないと助からないがお金がない」と切々と涙ながらに訴える

6)            無気力系: 何もせず、何も言わず、ただ道に座っている

 

churchいつも彼らにお金をせがまれる時に、「どうするのが一番良いのか」と自問してしまう。特に、子供が来た場合、最近は小銭をあげてしまうことが多い。やはり、自分に子供ができて、あれが自分の子供だったらと思うと、身につまされるからだ。

 

お金をあげるのに反対意見は、「学校へ行ったり、働く気がなくなり自立の機会を奪うから良くない」とか、「お金は裏組織のマフィアの手に渡ってしまうだけだ」とか、「怠け者にあげるお金はない」とか、「根本的な解決にならないから」とか色々あるだろう。どの意見も一理あると思う。

 

でも、例えば、物乞いをしている子供が、稼ぎが少ないせいでマフィアの親分(あるいは実の親)に体罰されたりしないですむなら、または、そのお金でパンなど買って、空腹でひもじい思いをしなくてすむのなら、数ユーロ位あげたっていいじゃないかと思ったりもするのである。私の中でもいつも心は揺れ動いている

 

あるカフェで、4〜5歳の子供が、テーブルごとにお金をせがんで回っていた。その時、私はあげなかったのだが、遠くに座っていた黒衣に身を包んだギリシャ正教の聖職者(パパス)のところに子供が行った時、彼の行動をつぶさに見ていて感動した。

 

まず、子供の頭の上に何度も十字を切って祈り、それから優しく語りかけ、最後に何かを手渡した。それが、コインだったか食べ物だったかは分からなかったが、少なくとも、子供の顔に笑顔が見えた気がした。何よりも痛ましいのは、そういう子供たちの目はよどんで光がなく、笑顔も忘れているということだ。辛い人生の中で、たまにはいいこともあるんだ、と思ってくれるのなら、少しくらい、祈りや言葉やお金を与えてもいいのではないか?センチメンタルな甘い考えだろうか?自己満足だろうか?

 

私はキリスト教ではないけれど、あの聖職者の行動が印象に残り、影響を与えている。

 

あなたはどう思いますか?

 

(写真はギリシャ正教会)

 

 

1日1クリックお願いします!→ 人気blogランキングへ 

お洒落なお義父さん5

mask

うちの義父母は、元美男美女である。

おっと失礼、今でも美男美女だが、昔はもっとすごかった。20代結婚当時の写真を見ると、銀幕のスターという感じである。なんかこう、昔のロマンス映画のポスターみたいなのである。

 

そして、義父は、70を越える今でも、お洒落である。今はお腹が出て、二重あごになってしまったが、昔はスリムで甘いマスクのハンサムガイだったのだ。もてただろうなーと推測する。今でも、「いい靴を安く見つけたから買ってきた」と私に嬉しそうに見せたりする。

 

ある日、うちに寄ってくれた時、帰りに表通りの店で買ってほしいものがあったのでお願いしたら、断られた。カジュアルウェアの時は、表通りは歩かないのだそうだ。ちゃんとした格好でないと恥ずかしいのだろうか。(私から見れば、充分ちゃんとしていると思うが)

 

子供の洋服にも敏感で、新しいものを着せた日は、必ずコメントが来る。「今日はいいの着てるなー!」とか「上下がセットになってるんだね。」とか。ちょっと大きめのを着せていると、「ジプシーみたいだから、袖をあげてやって。」とチェックが厳しい。

 

上の子を散歩に連れ出してくれる時も、ちょっと染みがついたトレーナー(洗濯してもとれない)を着せていたら、取り替えるように言われてしまった・・・はは。

 

でも、本当に子供好きで優しいお爺ちゃんだ。「こんなにかわいい孫を生んでくれて、えらかった!」と私を褒めてくれるので、いつも私は泣きそうになってしまう。

 

私はそんな義父が大好きである。いつも面倒見てくれてどうもありがとう!

 


1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

切手代込み お得な「料金一律封筒」5

envelope

ギリシャの郵便局は、サービスはイマイチだが、昔よりは随分改善されている。

 

今は、機械から整理番号を取り、電光掲示板の数字を見ながら座って順番を待っていられるから楽だが、昔(といっても数年前まで)はこれがなかったため、どんなに混んでいても、長蛇の列に立ったまま並んでいなければならなかった。銀行は、まだ旧来の方式で、立ったまま待たされるのでいつも辟易とする。そして、郵便局員も、銀行員も、食べたり飲んだりしながら、のんびりと仕事をしている。

 

でも、ギリシャの郵便局で気に入っている商品がある。それは、切手代込みの封筒である。これは、大・小二つの大きさ、海外用とギリシャ国内用があり、その封筒には切手代が既に含まれていて、封筒にもちょっとかわいい絵が書いてある。そして、その封筒は、入れられるだけ、いくら入れても、同一料金なのである!海外でも、どの国に送る場合でも同じ料金だ。中身がたくさんある場合は、とてもお得だと思う。

 

私は、この海外用封筒の小さい方を、日本の母に写真を送る時にいつも使用している。写真は結構重いので重量もはるが、はち切れそうになるまで詰め込み、料金はたったの85セント(120円)である。この間も、クリスマスからアポクリエス(カーニバル)までの写真を、何十枚も送った。私達の家族写真は、母への最高のプレゼントなのである。

 

この封筒の良いところは、シンタグマやオモニアの郵便局などでは自動販売機で売っており、また、重さを測るため、切手を買うために窓口に並ぶ必要もないということだ。封をするシールつきなので、糊もいらない。ただ、問題は、この封筒は売り切れていることが多く、自販機も壊れている場合が多いということだ(涙)。ということで、時間とお金の節約のために、私は気がついた時に、多めに買いだめしているのである。

 

「プリペイド封筒」

Φακελοι με Προπληρωμενο Τελοσ

(ファケリ メ プロプリロメノ テロス または ファケリ プリペイド)

 

 

ギリシャ国内(エソテリコ)用・小  5枚入りセット 3ユーロ

海外(エクソテリコ)用・小  シンタグマの郵便局ではバラ売りあり 1枚85セント  (5枚入りセットは割安になるはず)

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

韓国・中華料理ビュッフェ5

seoul1

先日、「Seoul House Restaurant」という韓国・中華料理レストランのビュッフェに行ってきた。アテネセンターからはちょっと遠いが、タクシーなら15分くらいだ。

私は日本にいた時、仕事で4回も韓国に行った。それ以来、韓国料理の大ファンになって、今でも韓国焼肉が肉料理の中で一番おいしいと信じている。もちろん中華料理も大好きで、アテネにも中華街ができればいいのにと思う。中国人は増えているのに、あまりおいしい中華料理店はない。

 

seoul2ビュッフェのメニューは、卵とコーンのスープ、チャーハン、白いご飯、プルゴギ(韓国風すき焼き)、ちぢみ(韓国風お好み焼き)、ナムル(ほうれん草などのごま油あえ)、キムチ、スペアリブ、鶏肉と野菜の炒め物、豚肉と野菜の炒め物、しらたきと野菜の炒め物、餃子、春巻き、韓国風海苔巻きなど。くせのない味つけで、どれもおいしかった。今度は、カルビなどの焼肉を是非食べに行きたい。

 

seoul3

ここのオーナーと思われる韓国人のおじさんは、とても親切だった。帰りにタクシーがつかまらず、店に戻って無線タクシーを呼んでもらおうとしたが、それも見つからず、結局、そのオーナーが寒い中、外に出てつかまえてくれた。チップを渡そうとしたが、それも受け取らず、笑顔で見送ってくれた。感動! こういうホスピタリティーに飢えているので、子供連れでも大丈夫のようだし、また来ようと誓った単純な私であった。

 

集ったメンバーは、アテネに住む同年代の日本人女性達。皆、子育てや日頃の仕事で忙しい年代で、なかなか、こういう機会はないのでとても楽しいひと時だった。他愛のないおしゃべりとおいしい食事は、最高の気分転換。

 

私も二人の娘を旦那におしつけ、ゆっくりと食事を楽しむことができた。ちょっとだけでも子育てから解放されると、家に帰った時に、いつも手を焼いている悪ガキ・・・いや子供がより愛おしく見えるから不思議だ。心に余裕が戻るせいだろう。理解のある旦那を持って良かったとも思う瞬間である。(のろけ??)

 

SEOUL HOUSE RESTAURANT(韓国、中国料理)

34−36 Eleftherias Avenue, Kalamaki (Amfitheas)

Tel: 210-9889206, 210-9889404

月〜土曜日: 18:00 〜00:30

ビュッフェは金、土曜日の19:30〜24:00 のみ 

15ユーロ/(飲み物は別料金)

 

1日1クリックお願いします!→ 人気blogランキングへ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビザ(滞在許可証)申請あれこれ

visa

去年の秋に申請していたビザ(滞在許可証)がやっと取れた!!

 

ギリシャ語では、アディア・パラモニスと呼ばれる。所要時間は4ヶ月であったが、噂から半年以上は覚悟していたため、これは思ったよりは早かった。こういう場合は、期待していなかったプレゼントをもらったようなものである。

 

ギリシャは、近年、本当に移民が増えた。うちの近所にも、ロシア人、アルバニア人、黒人、アジア人など、色んな人を見かける。でも、増え続ける移民のビザ発行処理は一向に進まず、申請する役所の前は、いつも長蛇の列である。(写真は役所前の人だかり)

 

私もそういう外国人の一人であり、旦那がギリシャ人とはいえ、ビザを取るのはなかなか大変なのである。やはり、ビザを取るために偽造結婚のようなことをする人もいるのだろう、初めてビザを取った時は、旦那の不在時に突然警察の立ち入り調査が家にあり、旦那の洋服を見せろだの、どこでどうやって知り合ったか、などと質問(尋問?)され、その当時私はギリシャ語もろくに分からなかったし、警察官もコワモテだったし、とても怖い思いをした。

 

ビザの有効期限は5年で、以前のビザはパスポートとは別の、小さいカードの様なものであった。外国人はいつでも携帯を義務付けられているが、そんな大切なものを携帯していたくないので、ひきだしの奥にしまってあった。そして、日本に一時帰国するときに持っていくのを忘れ、空港で警察にとっつかまり別室に連行され、あやうく10万円位の罰金を取られそうになり、飛行機も乗り遅れそうになったことがある。今度の新しいビザは、パスポートの中の1ページに貼り付けてあるため忘れる心配もないし、それが就業ビザも兼ねることになったので、大きな進歩である。

 

1)申請時に必要な書類:

弁護士や警察などによって有効と証明された家族証明書・結婚証明書・配偶者のIDコピー、古いビザ、パスポート、配偶者の宣誓書(結婚が今も有効に続いているという宣誓書)

 

2)申請場所:ギリシャ・アッティキ地区役場、外国人・移住者管轄課

もちろん、居住地区によって役所は異なるので確認のこと。

 

ΕΛΛΗΝΙΚΗ  ΔΗΜΟΚΡΑΤΙΑ

ΠΕΡΙΦΕΡΕΙΑ ΑΤΤΙΚΗΣ

ΓΕΝΙΚΗ  ΔΙΕΥΘΥΝΣΗ ΠΕΡΙΦΕΡΕΙΑΖ

Δ/ΝΣΗ ΑΛΛΟΔΑΠΩΝ &  ΜΕΤΑΝΑΣΤΕΥΣΗΣ

ΑΘΗΝΩΝ

住所:Σαλαμινιαs 2, 11855, ΑΘΗΝΑ (地下鉄メタクスルギオ駅から徒歩5分)

TEL:210-3403300 FAX:210-3403390

 

注)申請書類については、法律も変わったりするので、行く前に確認要。また、担当官によって要求する書類も異なったりする場合がある。(いやがらせなどもあり得るので、あまり喧嘩はお勧めしない。)私は、前回、弁護士経由で確認した書類でも足りずに、アパートの契約書のコピーなども後で要求され、何度も足を運んだ。今回は、申請後に私のパスポートが更新されたこともあり、再度、新パスポートと共に出向いた。その際、一度提出済みの結婚証明書をもう一度要求された。面接は結局なく、2度目に行った日から1ヶ月後位に、電話で確認するようにと言われ、結局、その日から2ヶ月弱で発行された。通知は電話も手紙も来なかった。

 

正式ビザが発行されるまでは、ベベオシーと呼ばれる申請証明書がビザの代わりとなる。この「ベベオシー」は正式ビザではないので、ギリシャ出入国の際問題が生じる可能性もあるため、旅行などでギリシャ国外に出る場合は、EU加盟国の航空会社(エールフランス、アリタリア、ルフトハンザなど)を使った方が安心。(出入国審査がないため)

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

遂にADSL生活に!5

acropolis

やったー!随分待たされたが、やっと、やっとつながった。夢のADSLに!!

 

日本の皆さんから見たら、遅れてるーと笑われそう・・・でも、ここはギリシャ。インターネット人口も、環境も、日本に比べたら相当遅れているのだ。それに、給与水準(日本の半分位??)から見ても、まだまだADSLは割高で贅沢品だと思う。

 

でも、あれっ??こんなもん?想像してたより遅いかも(苦笑)。384kbpsっていう、一番遅いやつだから仕方ないか・・・もっとサクサクいくかと思ってた。

 

しかし、一番良いのは、時間を気にせずにパソコンに向かっていられることだ。今までは、今日は○時間、やってしまった・・・とか自責の念があったりして、十分楽しめなかったが、今度はつなぎっぱなしでもOKなので、とっても気が楽だ。今までは、インターネット中に子供が泣き出したり、おむつを取り替えないといけなかったりすると、いちいち切るのも面倒だった。

 

そして、今までは義父母が電話してきた時に、長時間インターネットで通話中だと後で何かと言われていた。いつも早く切らなくちゃと思いながらやっていて、ストレスがあったのだ。(責められるわけではないが、なんとなく、必要な時に私がつかまらないと義父母は機嫌が悪かった。)インターネットと電話回線が両方使えるってことは、本当に快適、快適!!

 

さて、次はインターネット電話に挑戦するか。ヘッドセットはもう買ってあるし。

(写真は、世界遺産でもあるアクロポリスのパルテノン神殿の角っこ!)

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

ブラームスの夕べ5

BRAHMS私は小さい頃からピアノを習っていたので、クラシック音楽は大好きである。なぜか、ホッと落ち着くのである。

でも、ギリシャでは、クラシックよりロックやブズキ(ギリシャの伝統的な大衆音楽、ちょっとセンチメンタルで演歌っぽい)の方がやっぱりメジャーなんだなあ。でも、たまには趣向を変えて、クラシックコンサートに行って、しっとりと大人っぽく過ごす一夜があっても良いのでは?

 

明日の土曜日にピアニストである知人がコンサートを開くので、ご案内。私も行きたかったのだが、先約があって行けないので残念・・・せめて宣伝を。彼女(日本人)は日本とドイツでピアノを学び、現在は、チェリストであるギリシャ人の旦那さん他、バイオリンやビオラのメンバーと共にコンサートを開いたり、ピアノを教えたりしている。今回は、「ブラームスのゆうべ」と題して、ブラームスの室内楽を演奏するらしい。

 

コンサート「ブラームスのゆうべ」:入場無料

日時:3月18日(土) 20:00から

場所:ΩΔΕΙΟ ΑΘHΝΩΝ(オディオ・アシノンのコンサートルーム)

住所:ΒΑΣ. ΓΕΟΡΓΙΟΥ  Β’ 17-19  ΡΗΓΙΛΛΗΣ 

 (地下鉄、エヴァンゲリスモス駅から徒歩数分)

 

Johannes Brahms (ヨハネス・ブラームス)のご紹介

作曲家ピアニスト1833ドイツ・ハンブルク生。1897ヴィーン没。

ベートーヴェンの作風を継承ロマン派の潮流の中核に位置するが、同時に中世以来の古典音楽スラブ系のリズム感に富んだ民族音楽研究し、重厚な作風をもって知られる。シューマンとの交友関係も有名。代表曲:交響曲第一番〜第三番、子守歌、ハンガリー舞曲など  

 

個人的には、交響曲第三番の三楽章が大好き。あの深刻な感じがいいんですよねー。

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

フリーインターネット

sunset先日ADSL接続の遅れを記事にしたが、今は、前の会社との契約期間も切れてしまったので、ADSLを申し込んだ最大手の電話会社(OTE)のダイヤルアップを仕方なく使っている。回線がすぐ切れることを除けば、安いという点では良い。朝8時から夜10時までは1時間34セント(50円弱)、夜10時から朝8時まではその半額である。

 

でも、困っている時は、自然とその問題に関連することに敏感になるものである。アンテナが、そっちの方に向いている証拠だと思う。

近所のNEOSETという家具屋に置いてあった「ATHENS Voice」というフリーペーパーをパラパラと見ていたら、フリーインターネットという字が目に飛び込んできた。その新聞が提供しているサービスで、パソコンのコントロールパネルから「新しい接続」を選んで下記の情報を入力すれば、すぐインターネットに接続できる。

 

ISP name: ATHENSVOICE

Dial-up number: 8012006666

Username: online

Password: free

サポートセンター: 801ー2008482  URL: www.athensvoice.gr

 

でも、フリーというのは怪しいと思い、電話してみると、一分当たり、0.026セントプラス税金(市内通話料)が、後で電話会社(OTE)の請求書と一緒に請求されるが、他には費用はかからないとのこと。1時間当たりに換算すると2ユーロ弱という値段。インターネットカフェに行ったと思えば、許せる範囲である。インターネットカフェでは、自由に日本語を読み書きできないことも多いし、往復の時間も無駄だ。夜なんかは出たくもないし、緊急事態の時にちょっと使うのにはいいかもしれない。

 

プロバイダーと契約する必要もなし、長期間の契約をする必要も、前払いをする必要もない。いつでもどこでも、パソコンとモデムと電話線があればつながるのだから、結構重宝かも。ちょっと使ってみたが、回線も切れないし(!)、速度も、他のダイヤルアップと遜色なかった。

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

裏窓の風景ー螺旋階段

kaidan

うちの近所のアパートは築3−40年もたつ古いものが多い。私の住んでいるアパートもあちこちガタが来て大変だ。

 

先日義母と一緒に外を歩いていたら、崩れそうなアパートの外についている螺旋階段(非常階段)を指差して言った。「昔は、お手伝いさんはあの階段を上り下りしていたのよ。お手伝いさんは、表階段やエレベーターを使うのは許されていなかったの。屋上に洗濯物を干しに行ったり、下に買い物に行ったりするのに、あの螺旋階段を使っていたの。でも、もう、はるか昔の話・・・・」

(注:写真のアパートは別の家。新しく見えるが、化粧直しをしたばかりの元は古い家である。)

 

古いアパートには「イピレシア」と呼ばれるお手伝いさん用の小さな部屋がついていることが多い。昔は、住み込みのお手伝いさんが、そこで、寝泊りしていたのだ。住み込みこそなくなったかもしれないが、今でも、掃除などにお手伝いさんを呼ぶことは多い。主に、アルバニア人やフィリピン人のメイドさんだが、時給6−7ユーロ位でやってくれるので助かる。

うちも、引越しの際、一度頼んだ。

 

ギリシャの主婦は大変きれい好きなので、家の中はだいたいピカピカで整然としている。特に、義母は潔癖症なので、家の中はいつも一糸乱れぬ状態のモデルルームみたいである。磨き抜かれた大理石の床には、顔が映りそうな位である。気に入らない物はすぐ捨てるし、買う物もとても吟味して買う。もう、結構な年で、掃除も大変だと思うが、「きれいでないと気がすまない」のだと言う。もう少し休めばいいと思うのに、朝から晩まで家事をしている。

 

だから、私は、そういうスーパー完璧主婦である義母がうちに来る時は、いつも緊張してしまうのである。まあ、手抜き家事はもうバレバレなので、いまさら取り繕っても仕方ないか・・・でも、そんなに干渉されるわけではないので助かっている。

 

でも、内心、思ってるだろうなあ、「まあまあ、息子はなんて嫁をもらったのかしら・・・・」って。でも、人には向き不向きってものがあって、私は主婦には向かないんだから・・・

1日1クリックお願いします!→ 人気blogランキングへ 

ADSLはまだ遠く・・・1

adsl

ギリシャに住み始めてから、私の持ち物の中で一番大事な物はパソコンであり、インターネットは外の世界とつながるための、そして世界を広げるための、私の生命線のようなものになった。

 

でも、ブログを始めてからインターネットの重要性がもっと増し、やはりダイヤルアップ接続では耐えられなくなってきた。

 

記事はワードで書いて貼り付けるだけなので問題ないが、写真のアップが遅い、画面の転換が遅い、壁紙が重い・・・でかなりストレスがたまっていた。第一、待っている時間がもったいない。いつも傍らに待ち時間に読むための本を用意しているほどだ。

 

そして、2月21日に、遅ればせながら、やっとADSLに変えるべく、近くのPLAISIOという電化製品・コンピューター屋さんに出かけて行った。そこで、ケーブル・モデム・フィルター・ソフトウェアがセットになったOTENETという会社(最大手OTEの子会社)のキットを80ユーロ程で買い、すぐに接続を申請した。

 

ADSLといっても、日本のブロードバンドとは価格も速度もレベルが違うらしく、私のは一番速度も低い384Kbpsであるが、今と比べれば雲泥の差だ。価格は、1年契約にすると半額になるというのでそうしたが、通常は月40ユーロ位するらしい。随分高い!もっと安い会社もあるが、安心を買ったつもりだった。これで、インターネット電話も使えるようになるし、まあ、価値あるお金の使い方だったと自分に言い聞かせ・・・

 

しかし・・・ギリシャでは何事もスムーズには進まない。お店の人は、すぐ使えるようになると言っていたのに、それから待つこと2週間。いまだにつながっていない(涙)。サービスセンターに聞いてみると、なんでも、回線のアナネオシ(更新)が必要なのだそうで、局内工事に時間がかかっているという・・・でも、始めに電話した時は、稼働日で5日位、遅くとも12日以内には必ずつながると約束してくれたのに!

 

きのうは、ついにダイヤルアップの方の契約が切れてしまい、いつもの丑三つ時にブログ更新ができなくなってしまった。今日は、仕方なく、OTEの方のダイヤルアップに仮接続してなんとかやったが、途中で何度も接続が切れてしまい、イライラ度は増すばかり。

 

インターネット環境の春はまだ遠い・・・

1日1クリックお願いします!→ 人気blogランキングへ 

大阪にホワイトドア新店舗

 

whitedoorアテネの挙式のお客様は、今までなぜか関西の方が多いのです。そして、関東出身の私から見て、明らかにノリが違う・・・・ご夫婦や親子の会話を聞いていても、ボケと突っ込みがちゃんとあって、なんだか漫才を聞いているようで楽しいのです。そして、何よりも嬉しいのは、皆さん、ギリシャ旅行や海外挙式を楽しんでいらっしゃるようで、「楽しみ上手」だという印象があります。

 

そして、なんだか、ギリシャと関西の気風に共通するものがあるような気がするのは私だけでしょうか???

 

今日は、私がコーディネートしているアテネ海外挙式の主催会社、そして、素敵なドレスショップである、「ホワイトドア」の新店舗のご紹介です。

3月より、大阪にもう一つの新店舗ができました。輸入のドレス、ウェディング小物が一杯!お近くの方は是非お立ち寄りください!

 

ホワイトドア天保山店

 

552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-15
ホテルシーガルてんぽーざん大阪内

TEL.06-6576-7880
 FAX.06-6576-7870
地下鉄中央線大阪港駅 徒歩5

営業時間 平日11:00〜19:00 土日10:00〜19:00

 

他にも、青山、銀座、名古屋、大阪、淡路、姫路、福岡店などがあります。

詳しくはGREEK MEMORYをご覧下さい。

1日1クリックお願いします!→ 人気blogランキングへ 

ギリシャの離乳食

ronyushoku

ギリシャにいると、日本の離乳食の種類と、至れり尽くせり度は、本当に度をこしているとさえ感じる。

 

実家の近くの西友にいけば、離乳食品用の棚には、たくさんのメーカーのグルメな離乳食レトルトが目白押し。ひじきとサトイモとにんじんの煮付けとか、中華風弁当セットとか、メニューも凝ったものばかり。添加物もなく、味も薄味で安心、ちょっとあたためればその容器のまま食べられるという便利さも売りだ。

その一方で、離乳食専用の本や雑誌などが沢山売られており、すりつぶしたり、うらごししたり、手間をかけるのが愛情だといわんばかりのものもある。両極端だ。

 

一方、ギリシャの離乳食は・・・いたってシンプルである。赤ちゃんが5−6ヶ月くらいになると、小児科の先生の支持により、クレマ(粉ミルクをクリーム状にしたようなもの、写真左)という、お湯を入れてかき混ぜるだけ!の離乳食を始める。味は、バニラ味、3種フルーツ入り、穀類入り、などいくつかある。これを持って日本の実家に帰った時、母は、「魚釣りの練り餌みたいねえ」と言ってかわいそがっていた。でも、赤ちゃん本人は喜んで食べていた。また、フルーツや野菜などのペーストも売っている(写真右)。でも、一回味見してみたが、まずくて食べられたものではない。

 

もちろん、このクレマだけではない。ホルトスパという、ジャガイモやにんじん入りの野菜スープから始め、徐々に魚、肉なども入ったスープに移行し、回数も増やしていく。バリエーションとして、クリサラキという米型パスタやフィデスという極細のパスタ、米を入れたり、味を塩味からトマト味にしたりもするが、要するに「ごった煮」的なものなので、あまり手のかかるメニューではない。問題は、スープなのでつい作り過ぎてしまい、何回も同じメニューになってしまったり、結局私が食べるはめになることである。

 

あとは、各家庭の事情によるわけで、私も日本の離乳食の本を持っていたが、ほとんど活用せずに終わった。私がズボラなだけだったのだが・・・上の子の時は、それでも結構頑張ったが、下の子の時は実にいい加減で、離乳食後期は、ほとんど大人の食事の取り分けですませた気がする。(もちろん、味付け前に取り分けて薄味にし、柔らかくする、細かくするなどの手間を加えたが)

歯がなくても、ちゃんと消化されるんだなあ、などと赤ちゃんのう○ちをチェックするたびに感心したりしたものである。

 

離乳食にも象徴されるように、あまり「こうでなければ」というような強迫観念がなく大らかな感じなので、全般的に言って、ギリシャの方が子育ては楽だと思う。怠け者の母親である私には、幸いなことである。

 

 1日1クリックお願いします!→ 人気blogランキングへ 

ユーバラキャのレシピ5

yubarakya

久々に義母のギリシャ料理のご紹介。

 

今は本当は肉断ちの期間なのだが、私はギリシャ正教ではないので、ご容赦を。

 

冬に向く料理だと思うので、もっと早く紹介すべきだったが・・・最近ギリシャも寒が戻り寒いので急に思い立った。

 

エッグレモンソースを使った、ギリシャのとってもポピュラーなお米入りミートボール料理。

 

<ユーバラキャ> (3−4人分)

 

材料:

 

牛ひき肉500g、イタリアンパセリ 10本くらい

米 50 cc、レモン 1個、小麦粉 大さじ2杯、塩 大さじ1杯

コショウ 適量、オリーブ油 少々、

卵 4個 (ミートボール用2個、スープ用2個)

ビーフのスープストック (クノールで可) 2個

バター 適量(義母はネア・フィティニというメーカーの物を多量に使う)

 

1.パセリの葉をむしり、微塵切りにする。

2.ひき肉、米、小麦粉、パセリ、塩、コショウ、卵2個、オリーブ油少々をボールに入れて良くかき混ぜ、手に水をつけてからくるみ大のミートボールを作る。

3.鍋一杯のお湯を良く沸かし、スープストックを入れる。

4.その鍋にミートボールを入れて中火で30分位煮る。

5.バターを入れてさらに10分位煮る。味を見ながら塩を加える。(バター、塩の量は、水の量とも関係するので、味を見ながら調整する)

6.鍋からスープを少量(おたま3杯位)とり、さましておく。

7.卵2個をとき、レモン半分の絞り汁を加える。

8.6の冷ましたスープを、7に少しずつ加えながらかき混ぜ、エッグレモンソースを作る。

9.8を鍋の上から全体に回しかける。

10.卵が固まらないように時々鍋を回しながら、とろ火であたためる。(余熱で十分の場合もあるので、卵が固まらないうちに火からおろす。)

11.食卓でお好みでレモンをかけて頂く。

 

以上が義母のレシピだが、人によっては、ミートボールの中にたまねぎのすりおろしや、ディルの微塵切りを入れたりする。ディルは香りが強いので、私は苦手だから入れない方が好きだが、お好みで・・・・

 

また、義母はスープにバターを多用するのが特徴で、普通はバターのかわりにオリーブ油を入れる。ギリシャ料理にバターやクノールなんて邪道だ!と言われても、おいしいんだから仕方ありません(笑)。

 

また、エッグレモンソースは本当は卵黄を泡立ててからレモン汁を加え、それからスープを静かに回し入れて作るのだが、義母のはかなり簡易法である。義母のレシピは随分彼女流にアレンジされているが、どこで食べたユーバラキャよりも一番おいしい。スープもたくさん作って、寒い時にフーフーいいながら、熱々のを頂くのが幸せである。

 

1日1クリックお願いします!→ 人気blogランキングへ 

 

 

シンタグマのアクセサリー屋さん5

alissos4

 

今日は、日本食材店「素屋」さんと同じオーナーが経営する、シンタグマの可愛いアクセサリー屋さんのご紹介。

 

先日、待望の納豆、餃子の皮、おせんべいを購入した後、帰りに寄ってみた。

(帰って餃子48個作りました!)

 

 

 

alissos1Alissos」はフランスから直輸入の可愛いジュエリー、ビーズアクセサリーやバッグ、小物のお店。ギリシャのアクセサリーはちょっとごっつい物が多いので、ここのデザインや色合いは日本人好みだとう思う。Diorやアンブロシアの商品も取り扱っており、オーナーのデザインしたギリシャ風オリジナルアクセサリーや、ブランドショップ風のオリジナルバッグなどもある。シルバーアクセサリーの品揃えも多い。

alissos2

alissos3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

alissos5「るるぶ」にも紹介されているが、特筆すべきは、値段の手頃さ。20ユーロ位から、気軽に買えるものがたくさん!品質がいいので、見かけはもっと高く見える。私も、ついネックレスとペンダントヘッドを購入してしまった!

 

特にギリシャ産にこだわらないならば、女性向けのお土産にもなる。

 

 

alissos6

ギリシャ人のお客さんも多く、ギリシャ人の好みは案外、コンサバなのだそうだ。ちょっと新発見。

 

 

 

Alissos」 

住所:16 Agias Filotheis Str. Athens 10556

(シンタグマから徒歩5分、Ermou通りと平行するApolonos通りをまっすぐ行き、 Agias Filotheis Str.を左折、右側)

Tel: 210-3310385

 1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ

アテネ交通機関お得なチケット4

bus

3月9日(木)

友達に言われて気がついたが、3/1から交通機関が軒並み値上げになっていた。

 

トローリーとバスは45セントだったのが50セント(70円位)に。(以前に買った45セントのチケットがあれば、それは差額なしに使用可能。)

空港往復のエクスプレスバスが 2.9ユーロから3.2ユーロ(450円位)(左の写真)

 

train地下鉄(Metro)は70セントから80セントに。

 

ISAP電車(LINE1)の最低料金は60セントから70セント(100円位)に。(左の写真)

 

タクシーの初乗り料金は1ユーロ(140円位)に。(アテネ市内の最低料金は2.5ユーロ)

 

まあ、それでも日本に比べたら交通機関はまだまだ安いですね。

 

 

アテネでの公共交通機関乗り継ぎには、便利で安い方法がある。地下鉄、ISAP電車(LINE 1)、トローリー、バス、トラムなどを乗り継ぎしてどこかに行く場合、90分以内ならば1ユーロでどの線にでも自由に乗れるintegrated ticket (ギリシャ語ではエニエオ・イシティリオ)というのがある。トローリー、バス、トラムだけなら0.7ユーロ。また、1日乗り放題チケット(one day ticket)は3ユーロ。1週間乗り放題チケットは10ユーロである。ただし例外があり、空港往復のエクスプレスバスとSaonida linesは使用不可。

tram

チケットは、バス・トローリーなら乗ったらすぐに、電車なら入り口の機械で必ず刻印をするように!抜き打ちの検札があり、それで刻印していないのが見つかると高額の罰金を取られる。

(左写真は、オリンピック時にできたトラム)

 

 

1日1クリックお願いします!→ 人気blogランキングへ 

 

 

 

 

 

 

パルテノン神殿と花1

3月8日(水)

きのうの外出で、完全に花粉にやられた。今日は、頭痛、鼻水、目のかゆみで不快指数100。人間として正常に機能していない。

 

parthenon1parthenon2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギリシャの植物の種類は日本とは違うため(松は多い)、最初のうちはまだ抗体ができていなかったのか、花粉症も日本にいた時ほど出なかった。でも、アレルギーというのは、アレルゲンに対し体がもう耐えられる限界を超えた時に急に出るものらしいので、この5年で、私の小さい受け皿が満杯になって、あふれ出したということだろう。あああ・・・

 

今日は、世界遺産でもあるアクロポリスのパルテノン神殿をバックに、ギリシャの春をどうぞ。

(白い花はアーモンドの花で、黄色の花は、名前はわかりません・・・)

1日1クリックお願いします!→ 人気blogランキングへ 

ギリシャ挙式・フォト手配
憧れのサントリーニ島・ミコノス島で結婚式、フォトツアーはいかが?

前撮り、緊急手配、普段着、オフシーズン、家族記念写真でもOK。

お問い合わせは、こちらまで。
GREEK MEMORY


サントリーニ島

otani

gem8

gem7


DSC_2370

DSC_2119

ミコノス島

NAN_0871

NAN_0979

NAN_0722

お問い合わせは、こちらまで。
GREEK MEMORY


メールはこちら
ご質問、ご要望、ご感想などはこちらへ
メールフォーム
Profile
ギリシャ関連本・ガイド
ギリシャ語を学ぶ本
Blog Ranking
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

トリップアドバイザー 推薦
旅行口コミ情報サイト
トリップアドバイザーのお勧めブログとして認定されました。ギリシャ 

ギリシャホテル検索
Booking.com
ビットコイン購入はこちら
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
最新記事
漫画で楽しむギリシャ神話
  • ライブドアブログ