ギリシャ★アテネより愛をこめて★ From Athens With Love

ギリシャ旅行、アテネ観光情報、 ギリシャウェディング情報 ギリシャ生活秘話、旅行に役立つ裏話、 国際結婚悲喜こもごも、子育て、日々の雑感など

雨、そして秋

今、外ですごい雨が降ってます。

家の中で聞く雨音は大好きですが、ああ、秋が来たんだなあ、と実感する音です。ギリシャでは初夏から夏の間、ほとんど雨が降らず、カラカラです。そして、ある日、激しい雨や雷雨が来たかと思うと、急に涼しくなって秋になってしまうのです。

このアパートに住んでから、ベランダのテントが雨や風で3度も壊れているので、これからちょっと注意が必要です・・・

朝晩はちょっと肌寒く感じたりするので、布団をけちらしてしまう子供達にも、そろそろ、寝る時には長袖を着せはじめています。

夏はあまり好きではないのに、行ってしまうとなると、ちょっと、淋しいですね。

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

オマケのTシャツで思ったこと

ギリシャの新聞や雑誌は、オマケが多いので有名です。それを目当てに買う人も結構いるようで・・・映画のDVDや音楽CD、本、洋服、かばん、雑貨・・・などなど、本当に、オマケの方が価値がある場合も多いので、ついつい買ってしまうのですね。

 

先日、旦那が買ったミッキーマウスの漫画本に、ミッキーマウス柄のTシャツがオマケでついていました。私にくれたので、着てみるとピッタリ!でも、何度か着ているうちに気がついて愕然としたのは・・・そのタグに書かれていた表示。

 

12−13歳用・・・って!

 

ギリシャの子供は発育がいいけれど、これって、小学生か中学生ってことですよね。私の体型って、そんなもんなのね・・・と再確認した次第です。

 

実は、私は170センチ以上もある長身で、日本では、大きいことが嫌で嫌で、すごく気にして猫背になったりしていたけれど、こちらに来て良かったのは、皆、ほめてくれるということ。

自分でも、背の高さが全く気にならないので、暮らしやすいのです。洋服や靴のサイズに悩むこともなく、心無いおじさんや子供に足元を見られ(高い靴をはいているのではないかと思うらしい)「デケー!」と言われることもなく、「バレーかバスケの選手ですか」と聞かれることもなく、トイレの鏡に顔が映らないとか、そういうこともないわけです。

 

ギリシャ人は、北欧などと比べてそんなに背が高い民族ではないけれど、結構皆、がっちりしていて恰幅が良いし、他にも、いろんな人種、体型の人たちがいるので、気にならないのでしょうね。

 

うちの義母は、娘が私に似てくれればいいと言ってくれるので、なんだか嬉しいのです。特に、私の昔からの2大コンプレックスであった、このひょろっとした長身と、細い切れ長の目が似て欲しいのだと・・・美しいギリシャ人のグラマー体型と、バサバサと風の来そうな長いまつげ、くっきり二重の大きい目に憧れる私としては、え、なんで!?って感じです。ほんとに、人の考えって、違うもんですね。そして、自分は12歳用のTシャツがぴったりで、なんだか、うれしい(小柄に憧れていたので)ような、悲しい(貧相ってこと?)ような。

 

旦那(横も縦も大きい)も日本が大好きですが、日本に行くと、自分がガリバーのように感じるそうです。

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

アテネの街、ヒヤッとした事件

先日、ヒヤッとした事件がありました。

 

アテネの街、他のヨーロッパの首都と比較してみると、かなり治安は良い方だと思います。女性の夜の一人歩きも、一部の地区を除き、それほど危なくないように感じます。現に、私も何度もしていますし・・・

 

その代わり、日常的に、小さな危険はたくさんあるんですよー

 

道がデコボコなので、つまづいて転んだり、道に穴が開いていたり(道路工事がずさん)、車が歩道にまで突然乗り上げてきたり(駐車スペースがないため、平気で歩道に駐車する)、青信号なのに突進してくる車がいたり(ルールは破るためにある!?)、ベランダから鉢植えの水が落ちてきたり、ゴミが落ちてきたり(私的スペースはピカピカ、公的スペースはあまり気にしない)・・・

 

この間は、ベランダでたまねぎの皮をむいていたおばさんが、ベランダの外に、エイっとあの茶色い皮を投げ捨ててましたよー!やめてー!タバコの吸殻も飛んでくるし。要するに、歩いていても、上下前後左右、すべての方向に注意を払っていないといけないのです!最近は、無意識にうまく歩けるようになりましたが、最初は、神経を使って結構疲れました。

 

そういうプチ危険なアテネ生活に慣れた私ですが、この間、次女をのせて乳母車を押して散歩していた時、青ざめた事件がありました。

 

信号待ちで車道を見ながら、歩道で待っていた時、左側にいたおじさんが、「あ、危ない!!」と私に叫んだのと同時に、私の後方の歩道に違法駐車していた車がバックしてきて、私のお尻にぶつかったのです!!!

 

幸い、調度、肉が厚かったせいか(?)特に怪我もしませんでしたが、本当に、あの時、隣のおじさんが叫ばなかったら、ドライバーも気づかずにそのままバックして、私と次女はひかれていたかもしれないんですよね。その左側にいたおじさんが怒鳴ってくれたし、私は呆然としていたので何も言えませんでしたが、後で考えたら、ドライバーにちょっと文句の一つも言ってやれば良かったと悔やみました。だって、命の危険があったわけですから!

 

そういえば、この間、アパートのベランダからペットボトルが落ちてきた時も、危うく命中しそうになったけれど、目の前にボトンと落ちてギリギリセーフ。その時も、近くにいたおじさんがまた、私の代わりに、上を向いて怒鳴ってくれていました。

 

私も、まだまだ修行が足りません。

皆さんも、アテネの街を歩く時は気をつけてくださいね!

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

アテネ郊外のリゾート地、ブリヤグメニの休日

 ギリシャ人の一つの夢はサマーハウス(別荘)を持つこと。まあ、日本人でもそうかもしれませんが・・・「海辺で夏のバカンスを過ごす、風光明媚な自分の別荘を確保する」ということに対する思い入れは、特別に強いものがあると感じます。astir3

 

 

 

 

 

 

 

私は・・・と言えば、持たざる者の負け惜しみみたいですが、別荘よりも断然ホテル派です!だって、家事から開放されるためのバカンスなのに、結局、主婦(私)が掃除や料理をしないといけないなんて、くつろげないじゃないですか!それに、毎年同じ場所に行くよりも、違う場所、違うホテル、違う食べ物、違う文化、違う人々・・・に出会う方が楽しいと思う性分なのです。 

さて、私の今年のバカンスは日本滞在で終わりか・・・と思っていたら、旦那がとっても粋な提案をしてくれました。子供達にギリシャの海水浴をさせてあげたい(または自分がしたい?)、ということで、ギリシャの夏を惜しみ、1泊ですが、アテネ近郊で海もきれいなブリヤグメニという場所に行ってきました。

 

泊まったのは、「Astir Palace Hotel」という本当に素敵なホテル。アテネ中心部から25キロ、車で1時間もかからないアポロコーストと呼ばれる海岸線にあり、夕日で有名なスニオン岬に行く途中にあります。このホテルは、海外の要人なども良く利用する、知る人ぞ知る豪華ホテルです。そのサービス、施設の良さで色々な賞も取っています。

 astir1

 

プライベートビーチと後ろに見えるのは一戸建てのバンガロー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行ってまずびっくり!なのは、その広大な敷地(75エーカー、約9万2千坪)です。一つの半島のような形の場所がすべてこのホテルの施設で、入り口に厳しいセキュリティーがあり、宿泊者あるいは、会議や結婚式などの目的がはっきりした人しか入れないようになっているのです。要するに、ここは怪しい人は入れない安全な楽園なのです。

 

砂漠化が進む周囲とはうってかわって、ここの敷地内は森のように鬱蒼とした美しい木立があり、静かでまるで外とは別世界です。その中に、3つの5つ星ホテルと何十もの一戸建てのバンガローがあり、3つのプライベートビーチ、7つのレストランと7つのバー、テニスコート、マリンスポーツ、3つのプール、フィットネスセンター、バスケットコート、子供用の公園、会議場など色々ありますが、なんとヘリポートまであるんですよ!自家用ヘリをお持ちの方、是非どうぞ(笑)。敷地内の他施設へは、ホテルのシャトルカーでいつでも送迎してくれます。

 astir5

 

部屋からの眺め

 

サロニコス湾の夕日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、アフロディテ ホテルに泊まりました。今のままでも十分綺麗なのですが、ここは、近々、改装して2008年に名前も新たに、新装オープンするそうです。今年の7月に外資の大手、Starwood Hotel & Resort社に経営が変り、色々サービス内容なども変ってきているようです。

 astir4

 

朝食はプールと海を眺めながらゆっくりと・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

透明度の高い綺麗なプライベートビーチでの海水浴、手入れの行き届いた緑の敷地内の散歩、部屋から眺めるサロニコス湾の夕日、サービスの行き届いたレストラン、プールサイドでとる朝食・・・などなど、大満足の休日でした!子供達も広大な敷地内を大喜びで走り周り、歓声をあげていました。海も、最初は怖がっていましたが、慣れたら笑顔でプカプカ浮いていました!もちろん浮き輪つきですが。

 astir2

 

プライベートビーチにあるタベルナでランチ

 

「エリニキ・ピキリア」はギリシャのおつまみの盛り合わせ。

これ一つで二人分?というほどの量です。

 

 

 

 

 

気になるお値段ですが、海の見えるダブルの部屋、シングルベッドを追加して、朝食付きで260ユーロ(4万円弱)でした。これで家族4人ですから、案外、リーズナブルですよね。でも、部屋の内容によって、シングルの200ユーロ位から、上はインペリアルスイートの6000ユーロ!まで、お財布に合わせて色々あります。それにしても、世界の富豪や要人が泊まる6000ユーロの部屋、せめて見学でもしてみたいですね。

 

アテネの雑踏に疲れたら、1時間以内にこんな別世界のリゾートに行けるなんて、本当に恵まれています。ちなみに、ブリヤグメニ近辺には、有料の公共ビーチもいくつかあります。このホテルのすぐ隣にもAstir Beachというかなり大きい砂浜のビーチがあります。

 

ASTIR PALACE VOULIAGMENI
Apollonos 40 Str.16671
Vouliagmeni
Athens
, Greece

TEL.+30.210.8902000
FAX:+30.210.8962582


Email: sales@astir.gr / reservation@astir.gr /
URL: http://www.astir-palace.com

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

プラカのシーフードレストラン「Psaras」

観光シーズンが終わってしまわないうちに、観光情報をひとつ。

psaras

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギリシャは、海に囲まれているのだから、さぞかし魚介類が豊富で安いのだろう・・と思ったら大間違い!シーフードは肉料理に比べて高く、シーフードレストランは、普通のタベルナ(食堂)と比べても割高です。また、魚もキロ単位で値段が書いてあったりするのでご注意を。また、キッチンまで魚を見に行ってから選ぶこともできる店もよくあります。

 

本当なら、どこかの島の港にある海を臨むレストランで夕日を眺め、ウゾ(ギリシャの強いお酒)をチビチビ飲みながらタコやイカを食べるのが最高なのですが、アテネでも素敵なところがあります。

 

このレストラン「Psaras」は、古く(1898年)からある有名な老舗です。色んな有名人が訪れたことでも知られています。私が紹介するのは、なんとなく、老舗が多いですね・・・あんまり新しい店を知らないこともあるのですが、昔から続いているということは、それなりの理由があるのだと思います。

 

ここは、夜の雰囲気がいいです。プラカの迷路のような素敵な階段を上りきったあたりにあり、道路にところ狭しと並べられたテーブルと椅子に、夜になると、たくさんの観光客が訪れます。白い小道にブーゲンビリアの花が揺れるギリシャらしいたたずまいの中で味わうシーフード、最高です。味、サービス、値段、雰囲気、とバランスがとれていると思います。そういえば、アテネの海外挙式をされたお客様で、ここでご家族の会食なさった方もいらっしゃいましたよ。

 

Psara’s(プサラス)」(昼12:00〜夜中1:00)

16 EREHTHEOS & EROTOKRITOU STREET, 10556, PLAKA, ATHENS

TEL: 210-3218733, 210-3218734

 

ちなみに、この店の名前、プサラスというのはギリシャ語で漁師という意味です。

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

長女が3歳に!

日本は、紀子様の男児ご出産の話題で盛り上がっているのでしょうね。久々の明るい話題で、本当にうれしいです。雅子様のご出産の時は、自分のことのように嬉しくて、在ギリシャ大使公邸までお祝いの記帳に行きましたよ!それにしても、皇室にお世継ぎができたということで、雅子様はホッとしていらっしゃるのでしょうか。それとも、悔しいような、複雑な思いなのでしょうか・・・

 

今更、書くのもなんですが・・・我が家の長女はこの8月で3歳になりました。おめでとう!!日本で誕生会をやったのですが、書きそびれてしまいました。おだてたり、すかしたりして、やっとのことで、プレゼントに買った蝶柄水色の浴衣を着せて黄色い帯を結び、注文した大好きなチョコレートのバースデーケーキとともに写真に収めました。

はああ、思い出作りも一苦労です。

 

最近では思い通りにならない子育てが結構辛くて、キレルことが多い私ですが、いつも後で反省しています。初心に戻れ!と。

 

遅い結婚だったので、子供ができるかどうか心配で、病院にも行ったりして、やっと授かった大切な宝物。五体満足で、健康優良児(3年間、大病も怪我もせず)、それだけでも幸せなことなのに、幸せって、慣れてしまうと当たり前になって、忘れてしまうものなんですよね。すぐに次女も授かって、これも本当にラッキーなことでしたが、そんな感慨に浸る暇もないほど、日常の混乱は精神を疲弊させてしまいます。

 

もともと、私は子供が苦手で、仕事や社交が好きだったので、余計に子育てが辛いのかもしれません。自分がやりたいことがたくさんあり過ぎて、でも、今は、子育てに体力、気力、時間のほとんどをとられて、思ったことの10分の1もできないので、欲求不満になるんですね。それで、鏡を見れば、髪を振り乱し、ヨレヨレになった自分がいて、落ち込んだりして。

 

でも、考えてみれば、子供を望んだのは自分だし、子供はやっぱり可愛いし、今の時期は子供にとって本当に大切な時なのだし、子供はすぐに大きくなって離れていってしまうのだし・・・などと思い直し、やっぱり、他を諦める、あるいは後回しにしないと、あとで後悔するのかな・・と。

 

ほら、下の子の、丸々した肩やももの感じや形状、プニプニした、つきたてのお餅のような皮膚の感触・・・・!!赤ちゃんから幼児へと移り変わってしまった長女には、もうそういう愛らしさは失われている!また、別の愛らしさはあるのだけれど、もう取り返せない時間です。

 

この間も、急ぎの翻訳の仕事が来て受けてしまったがために、まとわりついてぐずる子供達が鬱陶しく感じてイライラしたことがあって、あとで反省、そして決心しました!

 

子供にしわ寄せが行くことは、しなくても良いことなら、なるべくしないことにしようと。自分がイライラする原因になることは避けるようにしようと。だって、私が不機嫌だと、子供が(旦那も)かわいそう。母は、いつも家庭の太陽でいたいじゃないですか。

 

ということで、ブログも、ちょっとペースを落としてみようかと思っています。ブログは楽しいし、大好きなので、毎日、書きたいことは山ほどあるのですが・・・やはり、時間は取られます。その時間を、もう少し、子供に向けていきたいなと思っています。もっと食事のメニューを増やしたり、本を読んであげたり・・・

 

ゆっくりペースになっても、また、遊びに来てくださいね!

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

プラカの観光電車

train

 

 

 

 

 

 

 

 

子供が乗り物好きのため、ちょっと前になりますが、プラカ周辺を走るの観光路面電車に乗ってみました。ちょっと恥ずかしい?という人もいるかもしれませんが、まあ、遊園地の乗り物みたいなものです。

飲み物とカメラを持ち込んで、ゆったりアテネ見物するのも楽しいですよ。それに、この道程、夏のアテネで歩くとなったら大変です。ざっと有名な場所も見られるし、アテネ中心部の土地勘、距離感を体得するのにも良いかもしれませんね。

kazenotou

 

 

 

車窓から・・・といっても窓はありません!

風の塔とアクロポリスとギリシャのおじさんを臨む・・

 

 

Silver Ring Tour (予約不要)

 

スタート地点

 

Platia AgorasAgora Square

Eolou(エオル) Street & Adrianou (アドリアヌ)68、Plaka

イドリア(Ydpia)というカフェの前から出発(風の塔のすぐ近く)

 

コース

 

PlakaFilellinon Street(ロシア教会、セント・ポール教会)→Amalias

 Street(バイロン像、ハドリアヌスの門、ゼウス神殿)→Lysikratous Street(ビザンチン様式の聖カテリナ教会)→Dionyssiou Areopagitou Street(アクロポリス麓の遊歩道、ヘロデス・アティクス音楽堂)→Apostlou Pavlou Street(アレオス・パゴス)→古代アゴラ、ティシオ、アタロスの柱廊、モナスティラキ、モスク、ローマン・アゴラ、風の塔→出発点に戻る (40分程度)

 

料金

 

大人5ユーロ、子供(10歳以下)3ユーロ

出発の5−10分前に行き、その場でチケットを購入

 

スケジュール: 

 

乗り場のところに次の出発時刻の時計表示が出ています。

夏期(5/1〜9/31)

月〜金:11:30〜14:30、17:00〜24:00 の毎時

土日:11:00〜24:00 の毎時

 

上記以外の季節は、土日、祝日のみの毎時運行、11:00から日没ごろまで

  

サイト: http://www.sunshine-express.gr

 

その他

 

前のイドリアというカフェは、待ち時間をつぶすのに便利ですが、とっても高いです!電車の料金より、飲み物代の方が高いなんて!

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

 

ギリシャの夏、昼寝と夜更かし

気がつけば9月ももう数日過ぎ、しのぎやすくなってきた今日この頃。公園を散歩すると、枯葉がカラカラと風に舞い、もうなんとなく秋の気配を感じます。

 

といっても、日中はまだまだ暑く、炎天下に行動するのはやはり避けた方が賢明でしょう。

 

日本と違って、ギリシャでは昼寝の時間帯があります。(私企業などは、普通の9時―5時の就業形態です。)といっても、グーグー寝る人は少ないのかもしれませんが、いまだに2時頃から5時頃までは人の家を訪問したり、電話をかけたりするのは控える習慣があります。また、テレビやラジオ、ステレオの音を大きくかけたり、掃除機をかけるなんて、もってのほかです。外国人の友達が、それを知らないで2時過ぎに掃除機をかけたら、階下の人がすぐ文句を言いにきたそうです。店だって、デパートやスーパーなどを除き、閉まってしまうんですよ。(火、木、金は、夜、また開きます。)

 

私がギリシャに引っ越してきたのも9月。もうすぐ6年になるんですね。あの時は、あまりの暑さに眩暈がして、日中、10分も外にいると、暑さで歩けなくなってしまうほど軟弱でした。旦那と、家具や電化製品などの買い物に出ても、すぐ私がバテテしまって、あまりはかどりませんでした。すぐにのどが乾いて、休みたくなってしまうんですもの。全く、これじゃー干物になりそうだと先が思いやられたものです。

 

真夏は温度も40度近くなることがありますから、この昼寝の習慣は、きっと理にかなったものなんですね。そんな時には外に出ず、体力を温存しろという・・・新婚時代の当時、旦那が良く「今日は昼寝をしたか?」と聞くので、「日本ではそんな習慣、あんまりないから、しないよ。」というと、どうしてもした方がいい言う・・・逆に、「今日は昼寝をした。」というと「ブラボー!」と褒められるので、皮肉か、おちょくられている気がしたものです。まあ、ありがたいことですね。

 

そして、昼間、体力を温存した人々は、夕暮れ時から第二の人生・・いや、1日の第2部・・という感じで外に繰り出し、過ごしやすくなった夏の夜を楽しむわけです。夜の広場(プラティア)などは、もうわんさと人が集まり、子供達も夜9時10時まで平気で遊んでいたりします。ブランコなんか、順番待ちで、なかなか回ってきませんよ。

 

そういう感じですから、夕食の時間も遅く、7時頃はまだタベルナ(食堂)もガラガラです。我が家は、旦那も私も夕食は7時頃にしたいので、会食の時など、まわりとスケジュールが合わなくて結構困るんですよね・・・前に招待されたパーティーは、夜11時が始まりで、深夜にフルコースメニューでしたよ。そんなの、やだ!

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

残念!でも世界バスケ、ギリシャ銀メダル!

ああーーーー、本当に残念ですが、バスケの世界選手権、ギリシャはスペインに大差で負けてしまいました。

 

最初からリードされて、その差がどんどん広がって、ミスやアンラッキーも続き、だんだん士気も集中力も落ちてきて・・・・応援する私の気分も落ちこんできて・・・そのままずるずると点差は開き、70−47で負けてしまいました。

 

試合の流れというか、波というのは恐ろしいですね。スペインチームとは、何度も対戦しているはずだし、力では劣ることはないと思うのですが・・・スペイン優勢の流れが始まると、もうどうにも止めることができませんでした。あのスター選手が怪我で、スペインもそれなりに不利な点もあったわけですが。それにしても、ギリシャチームのシュートやフリースローが全然決まらない・・・歯がゆかったです。旦那も地団駄を踏んで悔しがっていました。「何かがおかしい!すべて裏目にでる。」と。

 

そして、今回は神風は吹きませんでした。

 

でも、あのアメリカから100点以上も奪って勝利し、銀メダル獲得したというだけでも大したものではありませんか!ギリシャのバスケ史上に残る快挙です。ただ、もうすこし接戦になって、ギリシャチームの持ち味、良さをもっと出し切った試合だったら良かったのになあ・・・と思い、それだけが残念です。とにかく、選手、コーチ陣、応援団の皆様、お疲れ様でした。

 

あ、もうひとつ悔しかったコト・・・・それは、プロポというくじ屋さんで、サッカーくじならぬ「バスケくじ」を買っていて、少額でしたが・・・負けて紙切れになってしまいました!あーあ。

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

ギリシャがバスケット世界選手権決勝進出!

おめでとう!!!

 

バスケット、ギリシャ代表チーム 世界選手権決勝進出!!!

 

日本でやっているので、日本の皆さんの方が情報が早いかもしれませんが・・・もちろんギリシャでも生放送でやっていたので、思わず全部見てしまいました。ギリシャチームは欧州の王者ですが、まさか、この小国の代表が、あの層の厚いバスケット王国、アメリカチームに勝つとは思っていませんでした(ごめんなさい!)。すごい快挙じゃないですか?

 

一言、感激です!

 

ドキドキハラハラ・・・14点差までリードした時はちょっと安心したけれど、それからどんどん追い上げられて、4点差になった時はどうしようかと思いました。テレビの前で、歓声をあげたり、拍手している私を、不思議そうに子供が見てましたよ。ふだん、めったにテレビもスポーツも見ないもので。特に、若干21歳のソフォクリス選手の活躍に目をみはりました。彼は、NBAからスカウトも来ているようですね。

 

決勝は、スペイン・アルゼンチン戦の勝者と、9/3(日)19:30(ギリシャ時間では13:30)から行われます。楽しみですねー!

 

それにしても、ニュースの記事、「ギリシャ」がアメリカに勝つではなく、「アメリカ」がギリシャに敗れる・・・という趣旨の、アメリカが主語になっているのが多いんですよね(苦笑)。

 

*************************

世界バスケ準決勝、優勝候補・米がギリシャに敗れる

 バスケットボールの男子世界選手権決勝ラウンド(読売新聞社など協賛)は1日、準決勝で4強が激突、欧州王者のギリシャが優勝候補の米国を10195で破り、3日に行われる決勝に進出した。ギリシャは世界選手権初のメダル獲得が確定。

 米国は3大会連続で決勝進出を逃し、2日の3位決定戦に回る。

 ギリシャは第2クオーターに31点を挙げる猛攻で逆転に成功すると、後半もこの日計22得点を挙げたスパヌリスらが確実にシュートを決め、米国の猛追を振り切った。初のメダルを狙うスペインは、アテネ五輪王者で前回大会2位のアルゼンチンに挑戦。

(読売新聞) - 911854分更新

 

*************************

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

追記:在ギリシャ日本国大使館より、注意喚起がありました。

この決勝進出を祝って、市内シンタグマ広場、オモニア広場他繁華街には、発煙筒などを使って騒ぐ若者たちが集まり、思わぬ事故に巻き込まれる可能性があるので、注意が必要とのことです。この騒ぎは決勝の3日がピークになると思われます。在住の方、旅行者の方とも、気をつけてくださいね!

喧嘩をしたら褒められた!?

夫婦喧嘩は犬もくわないと言いますが・・・

先日の喧嘩の続きをちょっと。

 

義父がうちに来て、聞くんですよ。「最近、○○○(旦那の名前)の元気がないようだが、何かあったのか?あれは、無口で何にも言わないもんだから、心配で・・・」

 

まあ、別に隠すようなことでもないのでバラしちゃいました。

「私がいない間に、ネットでCDをすごーくたくさん買い込んでいたので、ちょっと喧嘩しただけです。子供にもこれからお金がかかるし、私がこんなに倹約しているのに・・・」と。

 

そしたら、義父の顔がパッと明るくなって、「良くぞ言った!気まずくなっても気にすることないぞ。どんどん言ってやらないとダメだ。昔からそうなんだ。なんでも集めるのが好きで、履きもしない靴が何十足も、着られもしない服が山ほどうちにまだあって・・・云々・・・」

 

そして次の日。また義父が来て「母さんに理由を言ったら、安心してたよ。そういうことなら、どんどん喧嘩しなさいと。君が全面的に正しい!私たちはいつも君の味方だ。応援しているからな。」と。

 

あの・・・別にそんなに喜んで、喧嘩を応援してくれなくても・・・

喧嘩してほめられたのは初めてです

 

ちなみに、旦那の名誉のために追記しますが、彼は基本的に、とても心根の優しい良い人です。誤解をなさらぬよう・・・

 

ただ、金銭感覚、消費癖の違いというものは、なかなか差をうめきれないと実感する今日この頃です。

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

アテネの空港のセキュリティー強化

最近、アテネの空港(エレフセリオス・ベニゼロス空港)のセキュリティーのガイドラインが厳しくなったようです。

 

具体的には、大きい手荷物の機内持ち込みができなくなったらしいのですが、どの程度を大きいというのかは定かではありません。ギリシャなので、チェックインカウンターの人の裁量(気分?)次第ということも十分あり得ますね。機内持ち込み可というスーツケースに必要品を荷造りし、いざ、カウンターで機内持ち込み不可と言われたら泣きを見ますので、いざという時の詰め替え用携帯バッグなどをしのばせていた方が安心かもしれません。

 

また、ペットボトルなどの液体類の持ち込みが不可になったので、セキュリティーでの検査、没収などは覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

私は、日本からの帰りに、ベビーカーの機内持ち込みを断られて閉口しました。だって、他の人は持ち込んでいたのをあとで発見したんですから!小さくて軽いものなので、黙って、持ち込んでしまえば良かったんでしょうか??

 

まあ、旅というのは、色々あります。何か問題や不服なことがあった時、交渉・・・というより、ダメもとで、今は色々言ってみるようにしています。そうすると、半分位は思い通りになったりするものです。

 

これも、口達者なギリシャ人の中にいる影響でしょうか??

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

ギリシャの夏は果物三昧

ギリシャに帰ってきて実感したこと。

 

それは、果物がおいしくて安い!!

 ichijiku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に夏は、豊富な種類の果物が食べ放題です。スイカ、桃、ぶどう、いちじく、メロンなど、ライキ(青空マーケット)で本当に山ほど買ってきて、毎日フルーツ三昧です。

 

我が家では、毎朝オレンジとグレープフルーツを絞り、生ジュースにして飲む習慣があり、子供たちもそれに慣れている為、日本に行った時にオレンジの高さにびっくりし、たまにしか飲ませてやれませんでした!そういえば、私の最初のギリシャ旅行で印象に残った食べ物(飲み物)が、この生オレンジジュースだったんです。

 

特にギリシャでおいしいと思うのは「いちじく」。今まで、日本では食べたことがなかったのですが、旦那が日本に来た時に食べてみたいというので買ってみたら、「なにこれーー?」というまずさ。もちろん種類も違うのでしょうが・・・高かったのに、ほとんど捨てました。

 

聞くところによると、古代ギリシャでは輸出禁止の宝石のように貴重な果物だったそうです。確かに、おいしくて、鉄分、ビタミンなど栄養たっぷりですから、流出を恐れて保護するのも当然です。夏には、海水浴などに行くと、現地の新鮮ないちじくが路上で売られていたりして、必ず買って帰ります。腐りやすいので、新鮮さが重要なんですよね。乾燥いちじくもおいしくて、お土産としても最適です。

 

あと、私の好きなのは黄緑色のブドウ。ずっしりと房も重く、種無しで、実はしっかりしてるのに信じられないほど甘いのです。本当に、大地の恵みを感じます。

 

あと、季節は違いますが、さくらんぼも大粒で甘くて、最高ですよ!

 

余談ですが、日本のスーパーに並んでいた野菜を見たら、なんだかミニチュアのおままごとみたいに感じましたよ。それほど、ギリシャの野菜、果物は生き生きとしてダイナミックです。

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

ドバイ空港のゆったりラウンジ

今回、日本との往復で利用したのは、エミレーツ航空です。前にも記事を書きましたが、最近はいつもここを使っています。

dubai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UAE(アラブ首長国連邦)の首都、ドバイのトランジットエリアは、素晴らしく充実していて、さながら、巨大なショッピングアーケードです。化粧品やお酒の置いてあるお決まりのDuty Free Shopはもちろん、アラブっぽいお土産(金のアクセサリー、織物など)や世界の電化製品、子供用の玩具なんかもあります。

 

今回の帰りはトランジットの待ち時間が長かったので、ちょっと休憩するスペースを探しました。エコノミーの切符ではビジネスクラスラウンジは使用できませんが、誰でも利用できる便利なラウンジがあります。子供連れや、待ち時間が長くてゆっくりしたい時など最適です。

 

ゲート23番のあたりにはquiet loungeといって、無料で利用できるリクライニングシートのコーナーがあり、仮眠を取る時などに便利です。

 

そのちょっと先にある宮殿のような店構えの「Marhaba Lounge」は大人23USドル、3歳以上の子供10ドルで、どの航空会社利用者でも、4時間まで自由に利用できます。サンドイッチ、パン、卵、ソーセージ、フルーツ、ヨーグルト、パウンドケーキ、ソフトドリンク、紅茶、コーヒー、ビールなども用意してあり、料金込みでいつでも好きなだけ食べられます。

 

シートは革張りのゆったりしたソファーで、二つくっつけると子供が寝られるくらいのベッドになります。また、インターネットも自由に使え、テレビ、トイレも中にあるので便利です。今回は、ここを使い尽くしました!そうそう、仮眠をとっていても、寝過ごす心配はありません。入る時に便名を言っておくと、係りの人が、時間になったら起こしにきてくれるんですよ。親切ですね!

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

日本のラジオでアテネ特集

8/28から9/1までの5日間、日本のラジオで、アテネの情報をオンエアするそうです!

 

このブログ経由で情報提供依頼が来ていたのですが、日本にいたために、ちょっとタイミングがずれて、ご協力できませんでした。

 

「ギリシャをもっと身近に!」が私の願いでもあるので、宣伝だけでもさせて頂きます!

 

放送日:828日(月)〜91日(金)

東京FM(放送時間各10分、全国放送)
放送局名: TOKYO FM (TFM) 80.0MHz

コーナー名:Honda Sweet Mission

 (810分から約10分間)
世界のOLの、最新情報をお伝えするコーナー

パーソナリティ:パンツェッタ・ジローラモ 、フローラン・ダバディー

http://www.tfm.co.jp/sweet/
東京FMをキー局に38局ネット(日本のFM放送では最大)

 

日本の皆さん、良かったら聞いてみてくださいね!

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

 

ただいま!久しぶりのアテネ

アテネに帰ってきました!

日本も相当暑かったですが、こちらも負けてませんね。

でも、なんだか懐かしい感じです。

 

2ヶ月以上も留守にすると、家の中がしっちゃかめっちゃかです。物の置き場所も忘れ、旦那のいいように物が移動されていたり・・

 

掃除はしたんだと旦那は言いはっていて、確かに色んな洗剤だけは増えているけれど・・どこをどう掃除したんだか分からない。

つまり、すべてが汚い!

 

「あれ、この扇風機、どうしたの?」と聞くと、「買ったんだよ。たったの20ユーロだった。」と。あのねー、値段の問題じゃないのよ、ちゃんとあるのに、きっと奥にしまってあったのを出すのが面倒だったんだと思う。あるいは、組み立てるのが嫌だったんだろう・・・ああ、こうやって、我が家は物が増え、場所とお金を失っていくのです

 

それにしても、鬼の居ぬ間に・・とは良く言ったもので、私(鬼?)が不在の間に、旦那はいつもは私に遠慮してあまり使えなかったインターネットを使い放題で、かなり羽をのばしていた様子。

 

最近、彼がはまっているのは日本を含め、海外の市場からネットでCDを買うこと。海外のアマゾンやe-bayのオークションも良く利用している。日本のアマゾンやHMVなどのショップは、うちの実家に一度発送して、それを母に送ってもらう。

 

それにしても、私がいない間に、彼が買ったCDの数と言ったら!!!!

 

帰国早々、今日はそれで喧嘩です・・・・

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

 

 

東京でも温泉が楽しめる「大江戸温泉物語」

東京見物の最後を飾るトリは・・・・じゃじゃじゃーーーん!

 

お台場にある「大江戸温泉物語」です!

 

この温泉、前から行ってみたかったのですが、今回、旦那と長女と一緒に行ってきました。かわいそうな次女はお留守番・・・

 

お台場は、日本にいた時、会社が近くだったので、良く遊びにいきました。でも、あそこに本物の温泉が出るとは思ってもみませんでした!

 

ゆりかもめの「テレコムセンター」駅前すぐで、本格的な風流な露天風呂、桶風呂、サウナ、ジャグジー、水風呂などお風呂の施設は本当に広くて充実しているのはもちろん、それだけではなく、広小路と呼ばれる江戸の町を模したエリアや、深川のイメージで、色んなお食事処が並ぶ八百八町、旅館のような畳のお休み処、男女で楽しめる足湯、砂風呂、岩盤風呂、珍しいところでは、トルコの名物で、魚が足の角質をツンツンついばむという不思議なお風呂までありましたよ!もう、露天風呂なんか、極楽、極楽です。長女も、「次はあっちのお風呂行こう!」と楽しそうでした。

 

気が利いているのは、浴衣の貸し出しがあり、館内は皆、浴衣姿。様々な種類のデザインから、好きなものを選べるんです。帯の色も!私も旦那も背が高いのですが、186センチで恰幅のいい旦那でも、サイズがちゃんとありました!私も、いつも旅館ではつんつるてんなのですが、ここでは、浮世絵を背中にしょったピンクの浴衣でバッチリ、ぴったりでした!うれしい!子供用のもあり、長女は甚平と浴衣、両方着せて、バチバチ写真も撮りました。これは、ギリシャの義父母に見せるのに大きな収穫です!

 

縁日のように、色んなイベントが繰り広げられている広小路というエリアでは、似顔絵も描いてもらったり、お蕎麦を食べたりして、良い記念になりました。ここは、お金を持ち歩かなくても、腕輪のようになったキーで、すべて食事や買い物などの支払いができるので、便利です。

 

いいですねえ、ここ。今度は半日かけて、ゆっくり遊びたいです。長女も旦那も大喜びで、大満足でした。

 

大人(中学生以上)2827円、子供(4歳から小学生)1575円ですが、18時以降に行くと、ナイター料金で安くなるのでお得です!3人で遊んで食べて、温泉でのんびりして1万円しないなんて、遠出をして疲れに行くよりずっといいですよね。(3歳児は無料)

 

とってもお勧めです!外国人の方も結構いましたよ。

 

「大江戸温泉物語」http://www.ooedoonsen.jp

 

長いようで短かった日本滞在・・・やっぱり日本は、やること、おもしろい場所、物、情報が多すぎて、いくら時間と体力とお金があっても足りません。

今度の更新は、また、アテネより愛をこめて!

 

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ

築地でお寿司!

築地市場の魚河岸に行ってきました!

 

本当に、東京に住んでいた時は全然興味がなかったんですが、また、旦那が行きたいというもので、付き合いで行ったのです。外国人旅行者にとっては、「世界で一番活気のある魚市場」として、有名な観光名所だそうですね。といっても、れっきとした市場で観光地じゃないんですが。だから、うろうろしてると、何度も働いてる人やトラックにはじき飛ばされそうになりましたよ!

 

でも、ちょっとした誤解があって、二人でがっくり。

 

旦那は寿司好きで、「築地市場の寿司は安くて新鮮でおいしいに違いない!」と良く言っていたので、てっきり食べるのが主目的だと思い、お昼で混む前の11時頃に行ったのです。

 

しかし・・・なんとなく旦那の元気がないので「どうしたの?」と聞くと別に食べるのが目的じゃなくて、あのセリとか、魚と市場関係者であふれる活気のある雰囲気が見たかったのだと。まして、前の日に「かに道楽」で食べ過ぎたので、朝から全然食欲もないらしく、寿司はいらないと。

せっかくつれてきたのに、えーーー?って感じでしたよ。

 

到着した11時頃は、ちょうど市場が終わる頃で、巨大な場内はがらーーんとして、魚はほとんど見当たらず、商いを終えたトラックが、容赦なく水はねをあげながら、ビュンビュンと走り抜けていくだけ。関係者から、「水まくから、そこどいてー!」と追い払われたりもして。

 

私の方は、どちらかというと寿司の方に興味があったので、友達に聞いたり前の晩にネットで調べたりして場内と場外の人気のすし屋をチェックしたりしていたのです。とにかく、蜃気楼がたつくらい湿気が多く暑くて、あんまり生ものを食べる気もしなかったのですが、せっかく来たので、気を取り直して、場内の「魚がし横丁」に行ってみると・・・案の定人気店は長蛇の列。

 

「寿司大」「大和(だいわ)寿司」6号館にあって、平日の11時半頃で2−30人はもう並んでいました。海鮮丼で有名な「仲屋」やその隣もすごい人だかりで・・・そこはあきらめ、一応ネットにはのっていたけれど、列のない寿司屋に入ったら・・・

 

色々、怒られちゃいましたよ。

「ドアは早く閉めてくださいね、暑い空気が入ってくるから。」

「(カウンターの)イスは動かさないで下さい。」

お箸は?と聞くと「しゃりの握り方をゆるくしてあるので、手で食べて下さい。」と。

 

なんとなく「食べさせて頂く」という感じでした(苦笑)。それにしても、お任せセットは2100円と3200円位でまあまあリーズナブルですが、大トロなんか、一貫1000円もするんですね。でも、本当に下の上でとろーーーーっと溶けていくようで、感激的においしかったです

でも、市場の横だから安いのでは・・・というのは間違いでした。

 

今回は下見という感じで、場外の方も偵察に行って土地勘もつかめたので、次回は、もう少し計画的に楽しめるのでは・・・と思います!

有名店に行くなら、早起きを!

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ

旦那の変な発見

あー、おかしかった!きのう、旦那と一緒にでかけたところ、エスカレーターの前に乗っていたおじさんの頭に異様なものがはりついていた・・・・

 

旦那が発見して、私に「あれはなんだ?何かの糞か?」と聞くので、よく見ると、な、なんと「ナメクジ」でしたー!這った後のテラテラした足跡まで髪の毛についていました。

 

まじめそうなおじさんだったので、余計におかしくておかしくて・・・・もちろん、本人に教えてあげましたよ。あわててはらい落としてましたけど。

 

それにしても、何十年も生きてて、頭にナメクジをはわせてる人見たのは、生まれて初めて。うちの旦那って、変なところ良く見てるんですよね。

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ

「こどもの城」と「東京児童会館」

実家から交通の便が良い渋谷界隈は、昔から通学、通勤経路で私のテリトリーでもありましたが・・・最近ではもう私の年の半分以下(?)の若者達でごった返し、お店も様変わりしてしまいました。ちょっと場違いな感じがします。

 

今回は、母親の目で見た、渋谷の秀逸な子供の遊び場をご紹介します。

どちらも、子供は大はしゃぎで、気に入ってくれました!

対象年齢は・・・幼児から小学校低学年まで位でしょうか。

 

1)こどもの城 http://www.kodomono-shiro.or.jp/

青山学院大学のまん前で、前から存在は知っていましたが、入ってみたのは今回が初めてです。いいですねえ、ここは。広くて、子供が喜ぶ施設、プログラムが盛り沢山。

工作室(造形スタジオ)、プール、音楽室、映像室、アスレチック、三輪車、パソコン室、乳幼児室、屋上の野外遊び場、などなど一日遊べます。宿泊施設もあります。

大人500円、子供400円です。

 

2)東京都児童会館 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jidou/

上記の「こどもの城」のすぐ近くなんですが、こちらは無料です!!

だいたい、内容は「こどもの城」と似ていて、木工作、卓球、ちびっ子カー、乳幼児コーナー、アスレチック、科学工作、音楽、絵本、映像、お絵かき、フラフープコーナー、屋上運動広場などもあり、お弁当持込でゆっくり遊べます。

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ

ギリシャ挙式・フォト手配
憧れのサントリーニ島・ミコノス島で結婚式、フォトツアーはいかが?

前撮り、緊急手配、普段着、オフシーズン、家族記念写真でもOK。

お問い合わせは、こちらまで。
GREEK MEMORY


サントリーニ島

otani

gem8

gem7


DSC_2370

DSC_2119

ミコノス島

NAN_0871

NAN_0979

NAN_0722

お問い合わせは、こちらまで。
GREEK MEMORY


メールはこちら
ご質問、ご要望、ご感想などはこちらへ
メールフォーム
Profile

きよむーらん

ギリシャ関連本・ガイド
ギリシャ語を学ぶ本
Blog Ranking
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

トリップアドバイザー 推薦
旅行口コミ情報サイト
トリップアドバイザーのお勧めブログとして認定されました。ギリシャ 

ギリシャホテル検索
Booking.com
最新記事
漫画で楽しむギリシャ神話
  • ライブドアブログ