ギリシャ★アテネより愛をこめて★ From Athens With Love

ギリシャ旅行、アテネ観光情報、 ギリシャウェディング情報 ギリシャ生活秘話、旅行に役立つ裏話、 国際結婚悲喜こもごも、子育て、日々の雑感など

プシリのレストラン

先日記事にした「夜のプシリ散歩」ですが、懸案だったレストランに行ってきました!

 

あれから季節も変わり、路上にはテーブルや椅子が出されて人出も多く、ぐっと賑やかになってきて、観光シーズンの到来を感じさせます。

 AIS3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、前回の記事に書いたとおり、この店の店頭に飾ってあったタコ、イカ、海老などのシーフードに惹かれて、「今度はここでシーフード!」と心に決めていたのですが、ちょっとしたハプニング。

何事も、思い通りには行かないギリシャです。

 

店に入ってさて注文・・・という時になって、「あれ、そういえば、今日は店頭にシーフードがなかったな。暑いから、店の中の冷蔵庫の中に入れたのかしら・・」という希望的観測は見事に裏切られました。なんと、あれは復活祭(パスハ)前の肉断ち期間(ニスティア)だけの特別メニューだったのだという店員さんの話に、大ショック!!!確かに、あの時期は、肉を食べない人が多いですから、店側もシーフードのサービスをしていたのですね。そう、ここは、実は肉料理が専門の「プシトポリオ(グリル・ハウス)」でした。

 AIS6

 

 

(二人分のケバブ、ギロなど各種肉の盛り合わせ、すごいボリューム!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、気を取り直してメニューを見ると、なんだか、見慣れない名前の料理ばかり。そう、ここは、ギリシャ・アラブ・トルコ料理がミックスした多国籍料理(?)レストランなのでした!頼んだメニューの名前をご紹介できないのが残念です。見るのも聞くのも初めてのものばかりで、忘れてしまって・・・最近、記憶力、ないんです(涙)。 AIS

 

(店のお勧めサラダ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AIS2

 

(トマト、パセリ、穀類の入ったさわやかなサラダ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AIS4

 

 

(スパイシーなひき肉がのったトルコ風ピザ、ビールが進みます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、みんなおいしくて、ワインも進みました!特に、ピタパンの上に、ケバブとヨーグルトがのったものが気に入りました。

AIS5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、こんなに頼んで満腹になって、一人当たり11ユーロというリーズナブルさ!最近のギリシャの物価高にあって、この環境、料理と値段は貴重です。

 

ギリシャ料理にあきたら、こんなアラブ・トルコ料理もいいですね。今回は食べませんでしたが、甘そうなデザートの種類も結構あったみたいです。所在地の道路の名前が、そのまま店の名前になっています。

 

プシトポリオン オドス エスヒルΨΗΤΟΠΩΛΕΙΟΝ ΟΔΟΣ ΑΙΣΧΥΛΟΥ

ΑΙΣΧΥΛΟΥ 14−16、ΠΛΑΤΕΙΑ ΨΥΡΡΗ (ΗΡΩΩΝ)

(ESHILOU 14-16,  PSIRI (IROON) SQUARE)

 

TEL:210−3244117〜8

 

英語メニューあり

 

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

明日は、アテネでチャンピオンズ・リーグ決勝!

明日23日、ギリシャ時間21:45から、サッカーのチャンピオンズ・リーグの決勝がアテネのオリンピックスタジアムで行われます。ミラン対リバプールの対決です!

といっても、私は、サッカーのことは全然分からないんですが・・ギリシャでは、サッカーは一番人気のあるスポーツです。ちなみに、うちの旦那も、サッカーを見ている時に話しかけると怒ります(苦笑)。日本でも放映されるようですね。

市内もテレビも盛り上がりを見せていますが、在ギリシャ日本大使館からも注意勧告が出ていますので、気をつけてくださいね!エキサイトすると、大変な騒ぎになりますから、巻き込まれないように・・・

最近、雨が降ったりしてお天気がイマイチです。当日は晴れるといいですね。

くだらない独り言・・・ミランに「カカ」という選手がいますが、この言葉、ギリシャ語では何を意味するかご存知ですかー?

実は「ウ○チ」のことです。なんだか、つい笑ってしまうんですよね・・・

<チャンピオンズ・リーグ>

欧州最強のクラブチームを決める大会。前身は1955−56シーズン前に発足した欧州チャンピオンズカップだったが、1992−93シーズン以降、大会の方式と名称が現在のとおりに変更された。欧州各国リーグの優勝チームと、それに次ぐ成績を収めたチームに出場権が与えられる。各国に割り当てられる出場枠や、大会のどの段階から出場するかは、欧州サッカー連盟(UEFA)が加盟国クラブチーム同士の過去5年分の成績をポイント化して出すUEFAランキングにより決定される。
 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

もうすぐアテネ・フェスティバル

今年も、アテネ・フェスティバルの季節がやってきました。

 

アテネ・フェスティバルはギリシャを代表する夏の芸術祭で、今年は5月末から8月まで開催されます。アクロポリスの麓にあるヘロド・アティクス音楽堂をはじめ、アテネコンサートホール(メガロ・ムシキス)や様々なホールで、世界中から招聘するオーケストラやポピュラーミュージックのコンサート、演劇、ダンスなどを鑑賞することができます。

 

herodes3

 

(左下がヘロド・アティクス音楽堂の外壁)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、私のお勧めは、ヘロド・アティクス音楽堂でのプログラムです。ヘロド・アティクス音楽堂は、遺跡をそのまま利用した半円形の野外劇場で、夕暮れから夜のとばりがおりるマジカル・アワーの中で、遺跡に包まれながら一流のパフォーマンスを楽しめるというのは、本当にギリシャならでは、ですよね。

herodo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年は、中国の京劇とクラシックのコンサートに行ってきましたが、今年はどれに行こうかなと迷っているところです。

 herodes2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のプログラムは、下記のサイト(ギリシャ語・英語)で見られます。

http://www.greekfestival.gr/athens_fest/

 

チケットは、インターネット、電話、チケットオフィスにて、上演日の3週間前から購入できます。

 

電話:     30(国番号) 210 - 32 72 000       9.00-21.00

 

インターネット:

http://ecomm.tickethour.com/spl-grfestival/searchResults.jsp?activeLanguage=EN&keyword=

 

チケットオフィス:
39 Panepistimiou Street,  Pesmazoglou Arcade
 の中 (地下鉄パネピスティミウ駅前) 月―金: 08:30-16:00,  土: 9:00-14:00

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

国立庭園散歩

アテネは、もう30度以上の日が続く真夏を思わせる日差しです。日も長くなって、8時過ぎまで明るいので、一日が有効に使えますね。(体力があれば!)今日は、私も子供も大好きなアテネのオアシス、国立庭園のご紹介です。 garden2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国立庭園は、シンタグマの国会議事堂のすぐ横にある広い公園です。

昔、この国会議事堂は王宮で、国立庭園はその王族の庭だったところです。この庭園は、1839年に、ギリシャの初代女王であるアマリアの希望で、世界中、ギリシャ中から様々な木や植物を取り寄せて作られましたが、一般公開されるようになったのは1923年からです。

 

garden1

植物の豊富さには眼を見張るものがあり、約520種類の植物、7000本の木があると言われています。議事堂すぐ横の入り口(アマリアス通り)にあるカリフォルニア椰子の木を見ると、「え、ここはどこ?」って感じで、度肝を抜かれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中に入ると、アテネの交通渋滞や雑踏、喧騒からは想像もつかない静かな緑したたるオアシス。何度行っても迷ってしまうのですが、中には、日時計、小さい動物園、亀のたくさんいる池、藤棚やツルバラの美しいガーデン、バラの回廊、花壇、子供用の図書館、太鼓橋のようなものがかかった池、遊具の充実した児童公園、鯉のたくさんいる池、アマリア女王が庭の景観を楽しんだという玉座、カフェなどもあります。

garden5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

亀がその辺をのそのそ歩いていたり、遺跡のかけらが無造作に風景に溶け込んでいたり、なかなか散策に良い場所ですよ。

 

garden4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、動物がいるところが子供にも人気で、くじゃく、あひる、ヤギ、にわとり、オウム、ろば、などが見られて楽しいです。

 garden3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アテネ観光に疲れたら、緑の中でホッと一息ついてくださいね。

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

 

クールダウン

最近、パソコンの調子が悪くて困っています(涙)。

たちあげるまでに15分くらいかかったり、途中でエラーになったり、インターネットのつながりが悪かったり・・・

使っていても反応が遅くてイライラするし、パソコンが触れないほど加熱したりして、ちょっと危ない状態。特に、N社のウィルスセキュリティーソフトをインストールしてからは、特に、反応が遅くて遅くて、旦那にも文句を言われる始末。

考えてみれば、朝起きてから夜寝るまで、16時間くらいはつけっぱなしで、パソコンも悲鳴をあげているんですね。ここ数日は、つけるのは朝と夜だけにして、子供がいてほとんどパソコンもできない昼間は電源を切ることにしました。それから、熱を逃がすために、子供の積み木を拝借して底あげしたら、机に密着しないので、過熱もいくらか減るみたい。これだけでも、全然、反応が違って、調子よくなるんです。

今は、だましだまし使って、いつ壊れても泣きをみないように、せっせと保存したファイルのバックアップを取る生活。このパソコンは買って2年ほどだけど、もう5年位、使用したのと同じくらいかもれない。ファイルが一杯でびっくり!!酷使しすぎて、疲れたのでしょう・・・

今度、日本に帰るまで、生きながらえてねーーー!

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

植木市ーやっと出会えたポーチュラカ

今年もアテネ市主催の植木市をやっているので、行ってきました。

去年はシンタグマ広場でしたが、今年は、市役所(ディマルヒオ)前のコジア広場です。

ueki1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとガーデニングは好きなのですが、最近は人間の面倒だけで精一杯で、花の面倒も見られずに荒れ果てたバルコニーに、ちょっとまた花の彩りを・・・

ueki2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の鉢が枯れてしまってから、ずっと探していたポーチュラカにやっと出会えました。数十件ある店の中で、この花を置いていたのはたったの2件。そんなに珍しい花なのかな。この花は、夏の朝に赤、オレンジ、黄色、ピンクの透明感ある可憐な花を何十と咲かせてくれるので大好きなのですが、アテネ市内の花屋には売っていません。薄い花びらに朝の光が透けて見えるのが本当に素敵なんですよ。花が咲いていなかったので(昼になるとしぼんでしまうのです。)花はこちらをどうぞ。

http://www.yasashi.info/ha_00021.htm

 

あと、長女が種に興味を持っているようなので、クレソンの種と白いマーガレットの種も買ってきました。ちゃんと芽が出るかな??

 ueki3

この植木市、5月13日までやっています。

 

普段は花屋で見られない花や、大型観葉植物などもあるので、花好きの方はどうぞ。

 

種や植木鉢、肥料、土、本なども売ってます。

 

1日1クリックお願いします!→

人気blogランキングへ 

ギリシャの遊園地

ギリシャは、日本と比べると、圧倒的に子供の遊び場が少ないと思います。公園、遊園地、動物園、水族館、テーマパーク、児童館、図書館、教育施設、スケート場、公共のプール、運動施設など、日本では豊富な選択肢が用意されていますが、こちらでは、本当に限られています。美しい海や山の自然は目を見張るものがありますけれど、日常的に接するものではないですからね。色んな本物体験をさせたいと思っても、なかなか難しいものがあります。 andnakia1

 

(観覧車からの眺め)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パスハの休みの時に、初めて遊園地に3歳の長女を連れて行きました。アテネはギリシャの首都ですが、ディズニーランドに匹敵するような大規模な遊園地はありません。今回行ったのは、「アンドナキア」というマルーシ市にある遊園地で、本当に5分でぐるっと回れる位の狭い場所に、乗り物がひしめいているところでした。まあでも、3歳児にとっては調度良い大きさで、大のお気に入りの場所となりました。

 

私も、久しぶりに遊園地に行って楽しかったです。これで、絵本などで遊園地が出てきても、体験として記憶にあるので話がはずみます!特に、芋虫の形のジェットコースター、トランポリン、ボールプールが気に入って、また行こう行こうとせがまれています。また、友人の娘さんたちと一緒に行ったので、それも楽しい思い出になっているようで、内弁慶ですぐにはお友達と打ち解けられない長女も、家では「○○ちゃんと、又、行きたいなー!」と良く言っています。

 andnakia3

 

(トランポリンに興じる長女)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、この遊園地、入場料はないのですが、一つ一つの乗り物が2−4ユーロ位するので、二人で乗ったりするとすぐに結構な出費になってしまいます。それに、現金のものと、コインのようなものを買ってから乗るものがあって、結構面倒なシステム。日本のように混んでもいないので、次々と「あれ乗りたい、これもやりたい」とせがまれて、20ユーロなんて、すぐに使ってしまい危険です(苦笑)。どうせなら、入場料を一律にして、乗り放題にしてくれればいいのに。でも、それだと、来る人がいないのかな。知らずのうちに、大金を使ってしまうシステムの方が、ギリシャには適しているのかもしれませんね。

 andnakia2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アンドナキア」レオフォロス・キフィシアス 89、マルーシ

(電話会社OTE本社ビルのすぐそば)

Tel:210−6198274

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

スピーチコンテスト報告

日本語スピーチコンテストに行ってきました。

 

いつも通り、焦って時間ギリギリに到着したら、なんと会場変更が!変更通知に書いてある「イポクラトス通り15番地」って、この近くなのは分かっているんだけど、どこだっけ??と勘を頼りにグルグルしてたどりついたのは、なーんだ、ここだったのか!

6年前、アテネ大学のギリシャ語講座に通っていた時に来たこともある建物でした。懐かしい!

 

遅れて到着したら、なんと在ギリシャ日本大使とエレベーターが同じになってしまって、またドギマギ。こういう状況は、日本で会社勤めの時もたまにあったなあ・・フレックスタイム勤務で、9時半とか10時に「重役出勤」すると、本当に重役や上司と同じエレベーターになったりして。

 

大教室にはギリシャ人観客が圧倒的に多くてびっくり。多分、今回の出場者が14名もいるからという理由もあるでしょう。「私の友達」「私の趣味」というテーマで、年齢は20-30代くらい、男性の出場者がちょっと多い。

 

日本でアニメの勉強をしたい人、映画好きの人、旅行が趣味で日本出張にも行った人、武道や忍者に興味がある人、美空ひばりのファンで60代の日本人男性のペンフレンドがいる人、友達に裏切られた経験を持ちながらも、今は良き友人に恵まれている人、ギリシャの伝統的ダンスが趣味で、その公演で日本に遠征するのが夢の人、武士のフィギュア作りが趣味で日本の歴史に興味がある人、日本の映画ファンの人、各国の歴史の本を読むのが趣味の人、戦争ゲームにはまっていて彼女になじられた人、絵や色を使った工作が趣味の人、など、3分間のスピーチでしたが、その中にそれぞれの性格が現れていておもしろかったです。ギリシャ人にとって、日本語の発音やイントネーションは、聞きやすくしゃべるのはやっぱり相当難しいのでしょうね。皆さん、苦労されていました。私的には、やはり、原稿を下を向いて読むのではなく、観客の方を見て表情豊かに話す人に好感が持てました。(写真の優勝された男性もそうでした!)

 speech

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあとに日本留学生の体験談が男女2名。日本で印象的だったことの数々:布団、新年会、忘年会、大掃除、役所手続きで外人向けなのに英語の説明書がないこと、GW、コンビニ、日曜営業、野菜や果物が重量売りでなく個数売りや半分でも売っていること、物価が高い、安全、交通網が便利、大学の設備が良い、ストがない、温泉、花見、スキー・・

日本人には当たり前のことが、外国人にはおもしろいんだなあ、と別の視点で見ることができて興味深い内容でした。私も、ギリシャに来てすぐの時はカルチャーショックがあり過ぎましたけれど、最近では慣れてしまったのであまり驚くこともなくなってしまいました。あらためて、初心に返って新鮮な目でギリシャを見直してみたいと思った次第です。

 

楽しみにしていた日本の写真鑑賞は、機械のトラブルで(教室が急に変わったせいなのでしょうか?)中止になったのが残念でした。

 

ミニレセプションでは、日本語教師の方が用意して下さった、和菓子やおにぎり、軽食などをつまみながら談笑。いつもながら、ご馳走様でした!

楽しいひと時を、どうもありがとうございました!

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

日本語スピーチコンテスト

今年も、日本語スピーチコンテストの季節がやってきました。

今回は、前回と場所も異なり、下記にて行われます。

 

毎回、ギリシャ人の日本に対する熱い思いを聞くのが楽しみです。そして、こういう若者たちが、将来のギリシャと日本の距離を縮めてくれるのだろうなあ、と大いなる期待をしてしまうのです!

 pane

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第27回日本語スピーチコンテスト

 

テーマ:「私の趣味」または「私の友達」

ンテストの他、元国費留学生による講演や日本の風景を

テーマにした写真のDVD上映もあり。入場無料です。

 

日 時 : 4月28 日(土) 18:00〜21:00

会 場 : アテネ大学本部<イオア二ス・ドラコプロス>教室

    30, Panepistimiou Str ., Athens (地下鉄Panepistimio ”)

主 催 : 日本文化研究会 ( 日本語教育部 )

共 催 : 日本国大使館

後 援 : 国際交流基金、日本ギリシャ友好協会

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

夜のプシリ散歩

プシリというのは、アテネ中心部のモナスティラキ駅、ティシオ駅あたりの北側に広がる一帯の地域です。

 

昔は労働者階級のあまり環境の良くない地区だったようですが、最近は、ナイトライフのメッカとして、バーやクラブ、タベルナが集まり、若者に人気のようです。ニューヨークのソーホー地区のイメージがあるとも言われます。昼間に行くと、眠ったような場末な印象を受けるところですが、夜になると、ライトが輝く生き生きした街に生まれ変わります。 psiri1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、友人を誘ってそのプシリ地区にある寿司バー「ゴジラ」に行ってみました。前から行きたかったのですが、こういう場所がら、行きそびれていたのです。最近、寿司ブームとは言っても、オープンしてもすぐ消えていく店も多い中、ここは、数年前からあるのは知っていたのですが、まだ生き延びているということは、まあまあなのかなと思い、ネタが良いという情報もあったので、一度行ってみたかったのです。

godzilla3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モナスティラキから、迷路のような道をクネクネと迷いながら行くと、ありました、ありました、赤提灯が!と思ったら、赤い丸の看板でした(笑)。落書きも多い狭い路地で、知らなければちょっと入りにくい感じ。あまり広くない薄暗―い店内は、8時過ぎにはまだお客さんもなく、貸し切り状態。壁には、日本車、日本人男性、日本語の大きなスクリーン。奥の方にはカウンターバーとアジア人コックさんひとり。テーブル上のマットは日の丸模様。 

 

興味津々のメニューは、オリジナル寿司が多く、色んな日本の地名をつけた変わり巻き寿司、にぎり、刺身、一品料理なども。すごーーく迷った末に、無難なおつまみ盛り合わせセットと、寿司セットを注文。

godzilla1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おつまみ盛り合わせは、揚げ餃子、春巻き、揚げシュウマイ、天ぷらなどの盛り合わせで、結構なボリューム。ついていたソース2種があまり好きではなかったので、卓上の醤油をかけたら、どれもおいしかったー。醤油は偉大だ!!

godzilla2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肝心の御寿司は・・ネタが分厚くて良かったです。特に、サーモンとエビがとってもおいしかった。ただ、ご飯がなんだか甘くて、お酢の味がちっともしないのが残念でした。巻き寿司の中にはパイナップルが入っていてびっくり!でも、店のおねえさんも感じ良く、デザートに、和菓子(羊羹とお饅頭!)もサービスしてくれて感動!!!!

 

本当は、2件目にちょっと寄りたい場所があったのですが、あまりにも満腹になったので、それは今度までお預け。

psiri2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寄りたかったのはこの店です。道に迷った時に偶然見つけました。クリスマスかと思うようなキラキラにライトアップされた店頭に、立派なタコ、イカ、エビなどが展示してあり、中をのぞくとファーストフードであるギロなんかもあり、看板を見れば、パイダキ(スペアリブ)の店とも書いてあり・・・「なんだろう、ファーストフード、シーフード、肉料理、なんでもあるのかしらん」と友人と共に興味が惹かれるものがあったのでした。「あの小エビの揚げたのをつまみに、ビールなんていいよね!」とはしごをしようと企んでいたのですが、ちょっと無理でした。

psiri3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行きはモナスティラキ駅側から入り、帰りはティシオ駅側に抜けたのですが、帰る途中に、おいしそうなアイスクリーム屋さんも発見!てんこ盛りになった色んな種類のアイスクリームに目移り状態です。ここも、夏になったら来てみよう!もともと探検好きなので、たまには、こういう夜遊び散歩、アテネ新発見も楽しいです。

 

何よりも、子守をして、文句も言わず送り出してくれる旦那に感謝・・・・そして、夜遊びにつきあわせてしまい、友達の旦那さんに心配をかけてしまったことを反省。(私の信用も失墜だな・・・)

 

でも、こういう息抜きの後に見る子供は、何倍もかわいく思えるのが不思議です。やっぱり、心の余裕がもどるからなんですね。

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

 

 

アテネトイレ事情

先日、ちょっとした事件がありました。

 

長女と二人で数時間の外出をした時のこと。

でがけに、「おむつにする?」と聞くと、「普通のパンツで大丈夫」というので、危ないなーと思いながらもそのまま出かけたら、悪い予感的中!

 

帰りの電車を降りた時に急に「ウンチー、ウンチー!!」と騒ぎ出し、青くなって駅員に聞いたけれど、案の定、駅にトイレはなし。そうこうしているうちにも、長女は泣き叫び、我慢できずに遂にパンツにおもらし。それも、さっき食べたソフトクリームがいけなかったのか、ほとんど下痢状の液体ウンチ・・・(涙)。

 

タイツの色が、下の方向にだんだん褐色に変化していくのが見える・・・立ち尽くす二人・・・

 

ああ!と後悔しても後の祭り。周囲を見回しても、すべての店はシャッターがおり、カフェらしきものも見当たらない。キオスクのおばさんに「この辺にカフェはないか」と聞いたら、指差した方向に、小さいウゼリ(軽いおつまみを出すバーのようなところ)が見えたので、飛び込んだ。おじさんに訳を説明し、トイレを貸してもらった。でも、そこが、すごく床がびしょびしょの汚いトイレで・・・・長女も「ここ入るのやダー!」とまたぐずる。仕方なく、水道の前でドロドロになった下着とタイツを脱がせ、ビニール袋に押し込み、汚物で汚れた足もトイレットペーパーで素早くふき取り・・・といっても、拭くだけじゃ完全にきれいにはならないけれど、一刻も早くこの状況から抜け出したくて、必死に頑張った。でも、私の手もブラウスの袖も床も汚れてしまうし、もうこっちが泣きたい気分。バッグをかけておくハンガーもないし。

 

でも、不幸中の幸いだったのは、なんだか悪い予感がして、ちゃんと着替えを持って外出したこと。これがなかったら・・・おもらしした状態ではタクシーも乗れないし、長女もかわいそうだし、泣き止まないし、臭いし・・・で考えただけでもぞっとした!でも、これで彼女も私も失敗から学んだ・・・長い外出の時は、まだおむつにした方が無難だなあ、トイレ事情が悪いギリシャでは。「もっと早く言って!」と言っても、今回のようにお腹をこわしてしまった時は我慢もできないし、急に来るしなあ・・・と反省。でも、すっきりした後、長女は機嫌も良くなり、無事に家に帰り着くことができたのでしたー!

 

それにしても、あの店のおじさん、チップを渡そうとしたら「いいよ、いいよ、よくあることだよ」と絶対受け取ってくれなかった。トイレは汚かったけれど、快く貸してくれて本当に助かったのでした。でも、長女のタイツと下着は、洗う気も失せて、ビニール袋に入れたままゴミ箱へ直行!あーあ、お気に入りのプーさんのタイツだったのに・・・

 

実際、アテネのトイレ事情は・・・ひどいです。下水道設備が古いせいか、なんと!使用済みのトイレットペーパーをトイレに流せずに、横にあるゴミ箱に捨てて下さいと注意書きがしてあるところがまだ多いのが現状です。そういう我が家も古いため、紙が詰まるのを恐れて、紙は流せません!考えてみれば、不衛生ですよね・・でも、トイレが詰まって使えなくなるよりはずっとましです。

 

それに、公共のトイレも極端に少ない、あるいは、極端に汚い、そして、だいたい鍵がないか、壊れている!!日本では、駅に公共トイレがあるのは当たり前ですが、こちらでは、駅にトイレがないんです。公園などには簡易トイレがあったりするけれど、一度、覗いてみたら、ひえーーって感じで、息を止めて、素早くドアを閉じました!最近は、それでも随分改善されてきたようには思いますが・・・ギリシャでは、自分のお腹の調整と管理が必要です。

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

お気に入り 新スタバ2店

雨後の筍のごとく、スタバがアテネの街のあちこちでできています。

 

最近街に出ると、あれ、こんなところにも!と思うことがしばしば。私は、日本にいた頃からのスタバファン。

 

禁煙、心地よいソファ、ゆっくり本が読める、コーヒーの量・種類が豊富、グッズがかわいい」と色々ポイントが高く、つい、ギリシャでも入ってしまいます。

 staba1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、最近できた2店のご紹介をしましょう。PATISSION通りの123番地(国立考古学博物館前の通りをPATISSIA方面に少し行ったところ左側)のスタバは、ネオクラシックの建物を改装したばかりの綺麗な外観と内装、とっても広くて席の間隔もあり、ソファもGOOD!特に2階が天井も高く、誰かの家みたいで、つい長居してしまいます。

 staba2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラカのタベルナが密集している広場の一角、前にタベルナがあったところにも出現。

ここは、外のテラスが緑に囲まれていて気持ちいいですね。KIDATHINEON 通りの途中、FILOMS ETERIAS 広場の一角にあります。 staba3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他に、シンタグマのミトロポレオス教会の前、アカデミアの前のKORAI広場にもあります。

 staba4

そうそう、スタバグッズも、気づいたらこんなに集まっていました!季節ごとに商品が変わるので、つい、買ってしまうんです。

 

 

それにしても・・ギリシャでは一般的にスタバの故郷の国は不人気ですが、良いものはちゃっかり受け入れてしまうのがいいですよね(笑)。

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

パスハ(復活祭)も終わりまた日常に

pasxa6

フロニャ・ポラ!

 

(パスハ後の挨拶でよく使われますが、誕生日やネームデイのお祝いでも良く使う「おめでとう」の表現です。)

 

 

パスハの休暇が終わり、淋しいような、ホッとしたような・・・旦那はきのうから会社に、長女は今日から保育園に行きだし、またいつもの日常です。

 

考えてみれば・・・主婦&母親&フリーランスの私としては、このような休暇は、かえって忙しくて疲れるものだと実感しました。きのうは声も出なくなってダウンです。家事・育児・仕事から解放される休暇が欲しいー!なんて思ってしまいます。子供を色んなところに遊びに連れて行ったり、義父母や義姉や旦那の友人とのつきあい、家の飾り付け、掃除や整理など・・・家族サービスっていうんですかね、こういうの。料理は、ほとんど何にもしなかったですけど、パスハなんておかまいなしに、なんだか色んな仕事が飛び込んできて追われていました。

pasxa4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(教会での復活祭風景、去年の写真より)

 

今年のパスハは去年とほとんど同じ感じ。同じ教会に7日土曜日の夜中12時にアナスタシ(復活のお祝い)に行き、エルサレムから空輸された「聖なる火」をもらってきて、8日の復活祭当日は去年と同じレストランでお決まりのパスハの肉料理です。詳しくは下記の去年の記事をどうぞ。

 

関連記事:

復活祭 カリ・アナスタシ!」 

パスハの羊肉料理

 

 

アテネ郊外に、肉を焼くレストラン(プシスタリア)ばかり集まっている場所があって、そこへ行けば羊の丸焼き風景も見られるし、義父母がそこへ行くというので私も行きたいとごねたのですけど、旦那は渋滞と人ごみ大嫌い!!日本で言うと、混み方はGWやお盆みたいな感じですからね。「わざわざ疲れに行くようなものだから、行きたいなら君は行ってもいいけど自分は行かない!」と言うので、長女だけ連れて本当に行こうかと思ったら、義父に断られました(苦笑)。あちゃー!旦那を放って行くのは、許されないんですね、やっぱり(当たり前か)。でも、私もアテネからたまには出たいんですよーーーー!

 

去年とちょっと違うのは・・・長女が成長して、「フリストス・アネスティ!」に行きたいというので、旦那にキリスト様のこと、パスハのことを絵本で説明してもらい、夜中だけれど一緒連れて教会に行ったこと。(旦那と次女はお留守番・・・)「フリストス・アネスティ!」というのは、復活祭の12時になった時に教会で「キリストは復活せり!」と皆が叫ぶ言葉です。皆で、この言葉を繰り返すお経のような歌を、延々と合唱するんですよ。

 

長女は、ちゃんと、来た目的であるその言葉を叫んで満足そうでした。恒例の耳をつんざくような爆竹にはやっぱり驚いていましたが、(これで鼓膜が破れた人もいます!)「あれは復活をお祝いする花火だよ」となだめたら、納得していました。まだわけは分からなくても、きっと、この蝋燭の火の美しさと、喜びの空気は脳裏に焼きついたでしょうね。

pasxa7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(聖なる火とチョコレート、赤い卵など)

 

でも、甘いもの好きな長女にとってパスハが一番嬉しいのは、卵型のチョコレートがたくさん食べられるから、なんですよね。私に見つかると怒られるので、チョコレートを入れたうさぎや鶏の形の容器から、いつもこっそりとチョコレートを取り出して、食べていました(笑)。でも、ママにはちゃんと分かっていたんだぞーーー!パスハが終わったら、このチョコレートも早速撤去。分からないところに隠しました。そしたら長女に、泣きそうな顔で「パスハ、どこーーー?」って突っ込まれました(笑)。

 

 長女の頭の中の図式:パスハ=チョコレート

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

キリスト様の葬儀ーエピタフィオスの行列

今週のギリシャは復活祭一色の1週間です。

 

メガリ・パラスケヴィと呼ばれる聖金曜日は、キリストが十字架から降ろされ、埋葬された重要な日とされます。

pasxa1

 

私は、近くの教会にエピタフィオスの儀式を見にいきました。エピタフィオスというのは、生花で美しく飾られたキリストのお棺を模したもので、各教会で用意されます。聖金曜日の夜になると、それが旗、十字架などを先頭に葬儀の行列として教会の周辺を練り歩き、人々も弔いのろうそくを灯しながら、後を続くのです。去年はシンタグマにあるミトロポレオス教会に行きましたが、そこはテレビでも毎年映され、大規模な楽隊もつき、盛大なものです。

 関連記事:http://kiyomulan.livedoor.biz/archives/2006-04.html#20060422

 

 

 

今年は、近くの教会に行ったあと、行列の進路になっているところに家がある義父母宅に行って、上から高みの見物ができました。

 

pasxa3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明かりを灯されたエピタフィオを見守るように人々が集い、ろうそくの火がオレンジの流れる川のようになって、狭い道路を埋め尽くしました。

 

pasxa2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厳かな悲しみ中に、その小さい火の一つ一つが、翌々日の復活という約束された希望を宿しているように見えました・・

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

イタリア人カメラマンの話

ちょっと、今日は辛口でいってみたいと思います(笑)。

 

先日、あるイタリア人のカメラマンからコンタクトがあり、「今アテネに来ているので、仕事のことで相談があるから、是非会ってほしい。」とのこと。それも、できるだけ早く・・・と。この人、私は全く知らない人なのですが、仕事上でお世話になった人の知人ということで、私に紹介されたので、断ることもできずに、忙しいスケジュールを調整して会ってみました。

 

そうしたら・・・・・・・

 

、自己紹介もろくにせずに、いきなり、「アテネで仕事がしたいから、誰かパートナーになれるようなカメラマンを紹介してほしい。」と言うのです。私がウェディングの仕事をしているから、当然、コネがあると思ったのでしょうが、そんなに世の中は甘くありません。こちらから色々質問してみると、彼は今イタリアに住んでいるが、彼女がギリシャ人で、今遊びにきているところ。将来アテネで仕事をしたいと思っているが、今のところは、イタリアとギリシャを行ったり来たりしながら仕事がしたい。英語もギリシャ語もカタコトで勉強中ではあるが、彼女とはイタリア語で会話しているとのこと。イタリアの人たちは仕事が遅くて信用できないので、一緒に仕事はしたくない・・・云々。

 

それで・・・・何か私に見せるようなもの(履歴書とか、彼の写真のサンプルとか)は持ってきたのですかと聞くと・・・・手ぶら。名刺さえなくて、この時点で、私はかなりイライラしていたので、爆発して言ってしまいました。「それで、どうやってあなたを信じろというのですか??私は、あなたの素性も性格も仕事能力も経歴も住所も電話も何も知らないんです。紹介することはできますけれど、これでは、相手にしてもらえませんよ。だいたい、ギリシャは失業率も高くて、才能のあるギリシャ人だって、仕事を探すのは大変なんです。それに、ギリシャでの仕事環境が、イタリアよりいいかどうかなんて、保証はないですよ。本当に真剣に考えているなら、相手が納得できるような準備をちゃんとして来て下さい。私がここへ来るのにも、主人と子供の食事の支度を全部して、色々調整してからやっと出てきているんですから。」

 

ちょっと言い過ぎたかなー、と後悔しましたが、こういう人に自分の時間をむしりとられるのは我慢がならなかったのです。そうしたら、彼はびっくりした顔で「あなたが欲しいなら、用意します。」というので、また火に油を注ぐ形に・・・「あなたが欲しいなら・・・って、私は別にどっちだっていいんです!(分かってないなあ、あなたのために言ってるのよ!)あなた自身が本気でそうしたいなら、自分のベストと思えるものを用意して、この住所に送って下さい。私ができることは、それを友人のカメラマンに送って、あとの判断は彼にゆだねるだけです。」と私の住所を渡すと、「色々自分の撮ったカタログはあるんだけれど、重くて送れない。」と。じゃあ、自分の売り込み資料くらい、自分で抜粋して作ってよ!と言いたかったけれど、そこはぐっと我慢して、今度、彼が持参することになった次第で・・

 

最初から、約束通りに連絡をくれなかったりして印象が良くなかったけれど、案の定・・・でした。私も虫の居所が悪かったんですね・・・

でも、ギリシャで良い仕事を探すのは大変なんです。

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

ペディコムシオ(子供博物館)に行く

長女Eも3歳半になり、色んなことに興味を持つのはいいのですが、飽きさせずに遊ばせるのが大変になってきました。先日は、プラカにあるペディコムシオ(子供博物館)に初めて行ってみました。

pediko2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

博物館・・・というほどのものではありませんが、まあ、児童館みたいなところ。入場無料で、中に展示物やおもちゃ、本などがあり、有料(5ユーロ)ですが、色んなプログラムもやっています。クッキーを焼いたり、影絵をしたり、絵の具でお絵かき、工作、季節物の工作(復活祭のキャンドル作成、卵の染色など)もあります。

 

今回は、影絵のプログラムに参加してみました。色んな材料(セロファン、紙、布、ボタン、スパンコール、木片、チャックなど)を使って好きなものを作り、後で、プロジェクターの上にのせて大きなスクリーンに影絵を写してみるという遊びです。ほとんど、同伴の保護者が考えて作ることになるのですが・・まあ、ボタンを貼りつけたり、材料を選んだり、材料を切ったり・・長女もそれなりに参加して楽しんでいました。

pediko1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、長女はなぜか、水遊び(水をかけて水車がくるくる回る玩具)が気にいって、そのことばかり後で言ってましたけどね(苦笑)。

こういうところに行くと、子供がどんなことで喜ぶのか、興味の対象が良くわかって、私の方もおもしろいです。

 pediko3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペディコ・ムシオ(Children’s museum

KIDATHINEON 14, PLAKA, 10558, ATHENS

TEL: 210-3312995

HP: http://www.hcm.gr/

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

仮装好きの家族

アポクリエスの仮装もそうですが、うちの家族(義父母も含め)って、なんだか仮装好きみたいです。

 

先日の3/25の独立記念日は、ギリシャ人にとって大事な祝日なので、旦那が、この日のために子どもの衣装を借りてきました。

 

長女には、初代ギリシャ女王のアマリアス(ルーマニア人だったらしい)の衣装、次女には、チョリアス(ギリシャの伝統的な衣装を身に着けた兵隊さん)の衣装です。次女はひょうきんな感じなので、男の子の衣装の方がなんだか似合うような気がします。本人もご機嫌でしたし!

 

costume1

アマリアスはシンタグマ近くの大通りの名前にもなっていますね。また、チョリアス(兵隊さん)は、シンタグマの国会議事堂前に、雨の日も風の日も嵐の日も、じーーーーっと微動だにせず彫刻のように立っており、毎時、衛兵交代の様子が見学できます。よく絵葉書にもなっている光景です。このチョリアスの制服や靴は、本物は刺繍などの細工もとても凝っていて、すべてハンドメイドで作られ、重さの合計はなんと3.5キロもあるそうです。着るにもとても時間がかかるそうですよ。スカートと、靴のボンボンが可愛いのです!ロンドンの衛兵交代とは規模が比べ物にならないほど小さいですが、アテネのも、これはこれで、なかなか面白いものです。

 costume2

この日はこれを子供に着せて義父母の家に見せにいき、街を散歩してきました。

 

仮装好きの義父母・・・これまでのリクエストとしては、着物、柔道着(わざわざ日本の母に買ってもらった!)、セーラー服(捜索中)、など。これらを着せて写真を撮り、家に飾るのが趣味のようです。前にも書きましたが、義母の注文が細かいため、じっとしていない子の写真撮影が結構大変なわけですが・・・・まあ親孝行と思って頑張っています(笑)。

既に来年のリクエストも頂戴し・・・今度は、地方の民族衣装みたいなのが良いそうです・・。

 

 

下の写真のように、レンタルの衣装、色々ありますよー。(大人用もね!)costume3

 

 

 

 

 

 

 

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

サマータイムと晴天の独立記念日

きのうからサマータイムに変わりました。この週末は晴天で、とっても気持ち良いお天気でした!これからどんどん日が長くなってくるので、なんだかウキウキしますね。日本との時差は6時間になります。

 

この時期、子どもが手首に赤と白の糸をよじったブレスレットをつけているのを目にするかもしれません。長女も保育園でつけてもらってきたのですが、これは、3月になってこれから夏に向かい日差しも強くなるので、「日焼けで真っ黒にならないように」というおまじないみたいなものだそうです。これからの季節、晴れの日が多いのは良いのですが、毎日気になるのは日焼け・・・私もつけようかな?

daidai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街を歩けば、オレンジに似た「だいだい」(ネラジア)の白い花が、とてもかぐわしい香りを放って、爽やかな気分になります。実のオレンジ色と花の白のコントラストがとても綺麗です。

(関連記事はこちら:

http://kiyomulan.livedoor.biz/archives/50928464.html

 

きのう3月25日はギリシャの重要な祝日、独立記念日でした。

(関連記事はこちら:

http://kiyomulan.livedoor.biz/archives/2006-03.html#20060325

http://kiyomulan.livedoor.biz/archives/2006-03.html#20060326

 

といっても日曜日で、祝日といっても休日を1日損した感じ。ギリシャでは、振り替え休日はありません! 日本がうらやましいです。今年は、パレードは見に行かず、テレビで鑑賞してました。でも、うちはセンターからそれほど遠くないので、モデル飛行の戦闘機の爆音は聞こえて、臨場感はありましたよー!

parade5

 

 

 

 

 

 

 

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

夢のテレビ電話と日本のテレビ視聴・・のはずが!?

海外生活者にとって、世界中どこでも無料で電話ができるインターネット通信ソフト、Skype (スカイプ)は、もうなくてはならないものになっているのではないでしょうか?

 

私も、去年ADSLにしてすぐにSkypeをインストールし、日本に一時帰国した際に母にパソコンとメール、Skypeの使い方を教えて以来、感謝、感謝の快適な国際電話生活を営んでいました。それまでは母の方の国際電話代もバカにならないものでしたから、電話代を気にして、いつも早々に切り上げていましたからね。うちの方からはほとんどかけませんでしたが(苦笑)。本当に、ありがたい世の中になったものです!

 

そして、今度はちょっと欲を出して、「どこでもTV for Skype」(1万円くらいのチューナー)というのを購入し、日本のテレビ番組をリアルタイムで見ようと企んだのですが・・・これが難航中です(涙)。兄に助けてもらい、テレビの画面の方は、若干コマ送り状態のようになりますが、見られて感激!でも、色々な設定を変えて試してみたのですが、音声が良く聞こえない・・・それに加え、肝心のSkypeの方も雑音がひどくなって声も途切れ、とても使用に耐えない状態に!!

 

(注:これを使うには、日本側でSkypeをインストールされたメインPCにチューナーを設置する。メインPC側もADSLのパソコン接続環境が必要。普通にSkypeでメインPCに電話をし、メインPC側で、テレビに切り替える。チャンネル操作は、自分のチャット画面でできる。)

 

孫の顔も見られるというので、母の方ではウェブカメラも取り付け、それも据え付けたので、母の顔や懐かしい実家の様子がこちらから見られて楽しいです。母の様子も手に取るように分かりますしね。テレビ電話なんて、未来の話かと思っていたけれど・・・私の方もウェブカメラを買って、これからつける予定ですが・・・まずはこの雑音と声の途切れをどうにかしないと。それにしても、チューナーも1万円程度、ウェブカメラも、数千円で、とっても安いですよね。

 

どなたか、雑音の解決法をご存知でしたら教えてくださいねー!

 

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

緑に囲まれた素敵なレストラン

メガロ・ムシキスという地下鉄の駅のすぐそばに、素敵なレストラン(カフェ・バー)があります。友人に教えてもらって食事に行きましたが、とっても気に入ってしまいました!お値段は高いですが、ちょっと特別な日の食事などにお勧めです。

 toparko1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

殺伐としたアテネの中心部のこんなところに、こんな静かなレストランがあるの?と思うような、隠れ家的で、緑に囲まれた和める空間。今回は夕食に行きましたが、昼間なら、木々や花に囲まれたテラスのカフェも気持ちよさそうだし、もっと夜遅くなら、隣のバーも大人の雰囲気で素敵です。

toparko2

 

緑豊かなテラス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

toparko3

 

落ち着ける店内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニューはギリシャ料理っぽいのもありますが、色々な洋食で、メインは肉料理が多く、日替わりの料理もあります。今回頼んだのは、シーザーズサラダ、牛フィレステーキ、サーモンのパスタ。

toparko5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダは絶品、お肉も柔らかく、パスタは具沢山でシコシコのアルデンテ(ギリシャでは珍しい)、どれも大満足でした。夕食の時間には早かったので、行った時にはお客さんは誰もいなくて、店のおじさんがパスタを食べていましたが、それがおいしそうだったので、特注してしまいました(笑)。だから、これはメニューには載っていません! toparko4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、この地下鉄の駅名にもなっている「メガロ・ムシキス」というのは、アテネコンサートホールのことです。ここでは、クラシックを中心としたコンサートを随時やっており、おととし増設されたオペラハウスも、とても豪華で綺麗です。最近、シンタグマのエルムー通り入ってすぐ左側にチケット売り場ができたので便利になりました。

 

To Parko Eleftherias」(ト・パルコ・エレフセリアス)

地下鉄「Megaro Moussikis(メガロ・ムシキス)」駅の真上にあるEleftherias ParkVassilissis Sofias 通り沿い) のすぐ左側の坂道を上った左側。英語メニューあり。

Tel210-7223784

HP: http://www.toparko.gr

1日1クリックお願いします!→人気blogランキングへ 

ギリシャ挙式・フォト手配
憧れのサントリーニ島・ミコノス島で結婚式、フォトツアーはいかが?

前撮り、緊急手配、普段着、オフシーズン、家族記念写真でもOK。

お問い合わせは、こちらまで。
GREEK MEMORY


サントリーニ島

otani

gem8

gem7


DSC_2370

DSC_2119

ミコノス島

NAN_0871

NAN_0979

NAN_0722

お問い合わせは、こちらまで。
GREEK MEMORY


メールはこちら
ご質問、ご要望、ご感想などはこちらへ
メールフォーム
Profile

きよむーらん

ギリシャ関連本・ガイド
ギリシャ語を学ぶ本
Blog Ranking
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

トリップアドバイザー 推薦
旅行口コミ情報サイト
トリップアドバイザーのお勧めブログとして認定されました。ギリシャ 

ギリシャホテル検索
Booking.com
最新記事
漫画で楽しむギリシャ神話
  • ライブドアブログ